法審査基準に必要な知識と、法人カードの選出方法とは

法人カードの審査に通らないあなたは、ミスをしているかも知れない

受かるための基準がある法人カード

経営における負担の軽減、コストの削減など、法人カードを持つメリットはたくさんあります。
1枚所持したい法人カードですが、審査の基準が厳しく、落ちてしまう経営者も少なくありません。

もし法人カードの審査の基準に届かず落ちると、審査で集めた書類・要した時間は全て無駄となるので一発で通りたいところです。

実は、法人カードにおける審査の基準には、何度申請しても落ちる経営者と、簡単に通る経営者との間に決定的な違いがあることが口コミから分かりました!
審査に通る経営者の方々は、あることを実践しているので法人カードを持てていたのです。

そこで、法人カードの審査から落ちにくくなる幾つかの基準と方法を解説します。
あなたがこれから話すことを実践すれば、法人カードの審査の基準に近づくことができるでしょう。





審査の最低基準

基準のボーダーラインがある審査

法人カードの審査は基本的に難しいといわれているので、審査を通るために、自社を合格基準まで高める必要があります。
まずは審査が通りやすくなる3つの方法を紹介します。

  1. 正攻法で申請する
  2. 審査による基準がゆるい法人カードへ申請する
  3. 自社の信頼度を高める


正攻法で申請する

審査の基準

法人カードの審査には、この基準を超えていれば審査が通りやすくなるというボーダーラインがあります。
それが企業を設立してから3年が経過しているという業歴です。
そして、その内2年連続で黒字という実績があると更に望ましいといわれております。

この数字は、法人カード発行会社による「あなたの会社が法人カードを発行するに値するか」の指標となっており、達成できている場合、高評価を得ることができます。
ゆえに審査の合格率は高く、お望みの法人カードを持てる確率も高いといえます。

◆注意点
最低で3年の歳月を有するため、時間がかかります。
そのため、設立からまだ日が浅い会社では正攻法は向いていないといえます。


基準でみる法人カード

法人カードを選ぶ判断基準

会社設立からの日数がまだ浅い会社の場合、正攻法では法人カードの審査が通りにくいといえます。
そんな会社におすすめなのが、審査による判断が甘いと言われる法人カードを選出すること。

審査基準が他の法人カードよりも甘いので、正攻法であるボーダーラインを達成する必要はありません。
また、審査による合格率が高いと口コミのある法人カードを調べると、ボーダーラインを達成できていない会社への発行実績が多数ある発行会社も存在します。
そのため、甘いと言われる審査基準の法人カードを調べることは、選択する際には非常に重要といえます。

◆注意点
審査のボーダーラインが低い法人カードから選ぶため、法人カードの選択肢は狭まります。
ただし最近の口コミから、甘い審査であるもののハイスペックな法人カードがいくつか存在しているので、スペックについて悩む必要は無いかも知れません。


会社の信頼度を高める

審査の基準に近づくための信頼度

上述した2つ以外でやれること。
それが会社の信頼度を上げる方法です。

これは先に上げたボーダーラインとは別に、発行会社からの信頼を得る方法になります。
  1. 申請書類の空欄を全て埋める
  2. 会社のホームページを作成する
  3. 会社用に固定電話を置く

法人カードの審査の際は、申請書類を提出するのが一般的。
そこで申請書類の記入欄を全て埋めるように心がけることが大切です。
記入欄は法人カード会社側が教えて欲しいと思う情報なので、空欄がない状態で提出できるよう事前準備を心掛けましょう。

さて、法人カードの申請書類において、空欄にしてしまいがちな箇所が口コミから明らかになりました。
それがホームページ固定電話の箇所です。

この2つを設置するのは非常に面倒ですが、実は意外にも信頼度高めるには重要な要素となっています。

ホームページを設置することであなたの会社情報に嘘はないか、また、より深い情報を法人カード発行会社は知ることができるので信頼に繋がります。
そして固定電話を引くことで、緊急での連絡対応ができる社員が常駐していることをアピールできます。

会社のホームページを作成する、固定電話を置いてみると、法人カード会社が考える合格基準に近づき、審査に受かりやすいでしょう。





まとめ

審査基準のまとめ

では、法人カードの審査が通りやすくなるための基準に近づく方法を確認します。
  1. 正攻法で申請する
  2. 審査基準の甘い法人カードへ申請する
  3. 会社の信頼度を高める

そして、審査が通る基準に近づくには3番を実践することが大切であり、その実践内容は下記の条件になりました。
  1. 申請書類の空欄を全て埋める
  2. 会社のホームページを作成する
  3. 会社用に固定電話を置く

以上のことを実践すれば、あなたが理想とする法人カードの審査に通る確率が飛躍的に伸びます。
審査基準に悩む経営者の方は、ぜひお試しください!

審査について


ホーム RSS購読 サイトマップ