アルコールジェルに使用期限はある?おすすめジェル商品も紹介

生活雑貨

アルコール除菌ジェルなどは、携帯さえしていればさっと取り出して水も不要で、手にもみ込むだけで消毒ができます。

ウイルスや菌は、目に見えないですから、結局アルコールジェルを使用した効果というのはなかなか目に見えてわかりません。

しかし、外出中は色々なモノを触りますし、いざ飲食をするとなれば、気が付かない間に手は非常に汚れています。

外出先などでなかなか流水での手洗いうがいが難しい場合は、アルコール除菌だけでも効果があるとされています。

今の時代、感染症対策にも、アルコール除菌は欠かせませんね。

そこで、今回は、アルコールジェルなど(アルコールスプレーも含みます)の使用期限はあるのか。

購入する際、注目するポイントや、おススメの商品をご紹介したいと思います。

アルコールジェルの使用期限はある?


スポンサーリンク
ここからは、アルコールジェルやアルコールスプレーを総称してアルコール除菌と表記致します。

コロナ禍になり、一気に需要が拡大したアルコール除菌のグッズですが、その効果や使用期限などをみていきましょう。

個人的にアルコールジェルを購入する際のチェックポイントは、アルコールの濃度です。

先にも述べましたように、ウイルスや菌は目に見えるものではありません。

ですので、研究室などの顕微鏡などで菌やウイルスの除菌状況を覗いてみて始めてわかるわけです。

しかし、日常使用する私達一般人には、なかなかその効果は目で見てわかりません。

では、どうしたらよいか。

やはりアルコールジェルの成分をもとに、その化学物質などがどの程度ウイルスや菌を除菌する効果があるか。

そういったデータに頼らざるを得ないと思います。

そこで重要なポイントが、アルコールの濃度です。

アルコール除菌のグッズが枯渇してから、濃度の薄いものが巷に出回ったりもしていました。

しかし、これまでの検証で分かっていることは、アルコール濃度は70%以上であってはじめて、「充分に」ウイルスや菌を死滅させる効果があるのです。

60%以上で、一定の効果があるとも言われていますが、やはり確実なラインでは、70%以上ということになると思います。

したがって、医療関係の施設などでは、アルコール濃度が70%のものが広く使われているのです。

やはりこれは一番重要なポイントだと思います。

最近では、80%以上のものもたくさん販売されています。

70%以上のものを選べば、基本的には充分除菌の効果はあると思います。

80%や90%だからより効果的かというと、そういうものではないと思います。

薬でも、適量を効果的に服用することで効果を発揮するわけで、なんでもかんでも良いからという理由で、たくさん頻回に使えばいいというわけではないと思うのです。

出先でのアルコール除菌については、頻回に消毒するのに越したことはないと思いますが、濃度が濃ければ濃い方が良い、というわけでもないようです。

このアルコール濃度70%以上というのは、ウイルスや菌を死滅させるためには、死守したい濃度なわけです。

アルコール濃度については、ここまでにして、次は使用期限についてです。

たいていのアルコール除菌については、容器に使用期限が書かれています。

これは一般的に、未使用・未開封での使用期限です。

この有効期限は、除菌成分が正しく効果を発揮する期間をあらわしたもの、と言われています。

未開封であっても、時間の経過とともに、この除菌成分が揮発したり、変質する可能性があります。

開封した場合の使用期限は、表記されていないことがほとんどです。

では、一度使用を開始していたら、どのくらいで使い切った方がよいのでしょう。

使用開始した場合の、使用期限は、「できるだけ早く」ということになります。

この「できるだけ早く」という抽象的な表現で、「いったいどれくらい?」と思いますよね。

1ヶ月くらいなのか、半年くらいなのか、はたまた1年くらいなのか。

まったく想像できませんよね。

とある専門家の方が、この「できるだけ早く」とは1年くらいを目安に、と仰っています。

が、とある専門家の方は、3年まではおそらく有効であろう、というお話をされています。

一般的に、アルコールのような除菌成分は、数年間、品質は安定していると言われています。

それに加えて、アルコール除菌に使われるボトルは、アルコールが揮発しにくいつくりになっています。

したがって、保存状態にもよるかと思いますが、適切に保存すれば、1年くらいは効果を落とさずに使用できそうです。

アルコールの他に、次亜塩素酸ナトリウムも除菌効果があると言われていますが、こちらは、紫外線があたることで、成分が分解されてしまう可能性があります。

次亜塩素酸ナトリウムもアルコール除菌もいずれも、直射日光のあたらない涼しい場所での保管が望ましいでしょう。

未開封の場合のアルコールジェル使用期限


アルコール除菌の使用期限ですが、未開封の場合は、先にご案内した通り、容器に記載されている日付がそれになります。

万が一、日付が書かれていない場合や、薄れて見えなくなってしまった場合はどうしたらよいか。

アルコール除菌のアルコール成分は、そこまですぐに揮発するものでもない為、1~3年を目途に使われたらよいかと思います。

もし、使用期限が過ぎているアルコール除菌があった場合、どうしたらいいか。

とある専門家の方は、手洗いができない状況であれば有効期限の過ぎたアルコール除菌でも絶対に使った方が良いと言われています。

その理由は、先にも少し述べましたが、アルコール除菌類は、揮発しにくい容器を使っています。

そのため、成分が変質しにくいのです。

また、万が一成分が劣化してしまっていたとしても、「液体を手指に付けて擦る」という行為で、ウイルスや菌を除菌するのに、役立つということです。

スポンサーリンク

流水で手が洗える状況であれば、石鹸を付けて、20秒間しっかり洗う、そして隅々まで綺麗に洗い流す。

これが一番効果的です。

それに加えて、アルコール除菌をすることで、更に除菌効果がアップするのです。

しかし、手洗いができる状況になく、アルコール除菌も有効期限が切れたものしかない場合。

まったく何も対策をしないよりは、有効期限が切れているアルコール除菌でも使った方が良い、ということです。

製造元が有効期限を明記する狙いは、有効成分の効果を落とさず、充分効果のある状態で使っていただく為の表記です。

それを過ぎて使われる場合は、必ず自己責任のもとでお使いくださいね。

実際アルコール除菌類の中でも、食品の調味料と異なり、中蓋を開栓するということはあまりありませんよね。

有名な手ピカジェルでさえも、携帯用を含めキャップを開けたらすぐに使える仕様になっています。

しかし、手ピカジェルは、外装がナイロンで包装されていますので、その包装を外したら、「開栓・開封」ということになります。

手ピカスプレーに関しては、噴射するバーを数回捻ったら開栓して、スプレーが噴射される状態になります。

この状態が、「開封・開栓」になります。

「使える状態になっていない」「包装されたままの状態」であれば、「未開封」ということになります。

手ピカスプレーに関しては、未開封の場合、製造年月日から3年が使用期限ということです。

手ピカスプレーに限らず、その他多くのアルコール除菌の使用期限が、「3年」というものが多く、3年というのが一定の期限のようです。

やはり、1年から3年というのが一般的な目安のようですね。

未開封でも、成分が分解されて除菌効果が落ちてしまう前に、使用期限内になるべく早く使用しましょう。

アルコールジェルのおすすめ商品はどれ?


さて、ここからは、私の独断でオススメのアルコール除菌のグッズをご紹介したいと思います。

私の独断と申しましたが、その独断のポイントとなるのは何を重視してオススメするかということです。

よくよく考えていただければわかると思いますが、どうしてここまでしてアルコール除菌が推奨されているか。

感染症対策です。

今の時代一言で言えば、コロナやインフルエンザ等に感染しないようにする為のものです。

そのためには何が重要かというと、私はきちんと除菌できるかが、最重要ポイントだと思っています。

小さいお子様がいらっしゃる場合は、アルコール濃度が高いと、「かぶれないか心配。」とか、色々なお声があると思います。

そういったことは一切考えずに、ウイルスや菌を完全に除菌できる十分なアルコール濃度が必要だと個人的には考えます。

手洗い・うがいをしてからのアルコール除菌であれば、少し濃度の低いもので十分なのかもしれません。

しかし、外出先で手洗いができずに、アルコール除菌のみで済ませてしまう人も多いのが現状です。

そう考えると、汚れた手を十分に除菌するには、充分な濃度があるアルコール除菌グッズをおススメします。

先にも述べましたが、ウイルスや菌を十分に除菌できる濃度というのが、70%以上ということです。

厚生労働省のホームページには、「アルコール濃度」というのは、「70%以上95%以下のエタノール」と書かれています。

ちなみに、「アルコール」というのは、メタノール、エタノール、イソプロパノールなどの総称です。

要するに、アルコール濃度70%以上というのは、エタノール濃度70%以上、と言い換えることができるわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、これらを加味して、私がオススメするアルコール除菌は以下の通りです。

  1. 『手ピカスプレー』健栄製薬
  2. 『手ピカジェル』健栄製薬
  3. 『手ピカジェルプラス』健栄製薬

とにかく、これまで良く見かけた健栄製薬の手ピカシリーズは、アルコール濃度は約80%あります。

今となっては、たくさんのアルコール除菌の商品が販売されています。

一般的に70%以上必要とされているアルコール濃度ですが、60%以上で一定の効果はあるとされています。

最近、色々な種類のアルコール除菌グッズが販売されていますが、その多くは、濃度が70%に満たないものです。

他との差別化で、ヒアルロン酸を含んで潤いを謳っているものや、低刺激を謳っているものなど、色々な種類があります。

しかしながら、アルコール濃度が60%を切るものは、「除菌」という点においては、充分ではないと私は思っています。

したがって、充分なアルコール濃度を持つ手ピカシリーズは、ウイルスや菌を『除菌』という点では、一番オススメのシリーズです。

最近、以前の枯渇状態から少しアルコール除菌グッズも色々な商品が市場に出回るようになってきたので、是非参考にしてみてください。

充分にウイルスや菌を『除菌』するためには、『アルコール濃度70%以上』です!

まとめ

ここまで、アルコール除菌についてみてきましたが、やはり一番効果的な感染症対策の基本は、「手洗い・うがい」です。

これが、基本中の基本です。アルコール除菌だけで十分というわけではありません。

手洗い・うがいにプラスアルファで、アルコール除菌をすることで、更に効果的になるわけです。

どうしても流水で「手洗い」ができない環境下においては、アルコール除菌が非常に重要というわけです。

要するに、何もしない状態に比べるとアルコール濃度70%以上のジェルやスプレーでの除菌はきわめて有効です。

「手洗い・うがい」が可能であれば、必ずそれを怠らず、実施していただくことが感染症対策の基本だということです。

手洗いもアルコール除菌もしない手はかなり汚れています。

ウイルスや菌もたくさん付着しています。

手洗いができない環境においては、まったく何も対策しないより、アルコール除菌だけでも使用することが、有効なわけです。

あくまで基本は流水での「手洗い・うがい」ということをお忘れなく、ご自身のニーズにあったアルコール除菌を選び、楽しく感染症対策をしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました