ブシュロンキャトルを買って後悔?愛用芸能人や中古の口コミを徹底調査

ファッション

ブシュロンキャトルを愛用している芸能人および中古価格について解説をしていきます。

ブシュロンキャトルは、指輪になりますので、中古価格についてはその時の装飾品の人気というものに左右されるということを踏まえたうえでおおよその価格について記載をしていきます。

なので、価格差がというものが発生する可能性が高いのですが、その点については愛嬌ということでご了承ください。

なお、愛用している芸能人につきましては、結婚指輪がブシュロンキャトルであるという芸能人を紹介していきます。

よくありがちなドラマなどで借り衣装という形でお借りしている衣装と異なり、実際に使用もしくは身に着けているという芸能人の方を紹介しています。

ブシュロンのキャトルは剥げる?後悔しないために知っておくことは?


スポンサーリンク
ブシュロンキャトルの指輪はコーティングが剥げるかどうかですが、残念ながら剥げます。

この指輪は、金属自体が急速に劣化しないようコーティングを施しているのが特徴で、コーティングが剥げることで印字物だったり様々なものが剥げ落ちてしまうのです。

でも、指輪の中には、セラミック加工を施したものもあるので、セラミックだけで十分耐久性を持つのでは?と思われる方もいるでしょうが、実はセラミックは、割れてしまうという難点があるので、セラミックの上からさらにコーティングして割れにくくするコーティングをするなどをする必要があり、どのような素材でもコーティングを必要とします。

このコーティングが絶対に対象となる金属とか、物質にいつまでも引っ付いているというわけではないがゆえに、剥げ落ちてしまうのです。

ではなぜ剥げ落ちるかですが、金属は、表面がつるつるしているので、コーティングを施す際、引っ付く力が弱まります。

ブシュロンキャトルは、引っ付けるものをイオン化して引っ付けますが、この方法はメッキという加工より引っ付くというだけで、結局はツルツルしている物の内部まで侵食してコーティングをするわけではないのであくまで表面に引っ付くだけなので、強い力が加わると剥げ落ちるのです。

セラミックなんかも同様に表面がつるつるしているうえ、内部に侵食することができないがゆえ、コーティング剤は、セラミック表面にとどまり、剥がれ落ちるのです。

ブシュロンキャトルの結婚指輪をしている芸能人は?

ブシュロンキャトルを結婚指輪としている芸能人の人は、小栗旬が有名で、ゴールドメッキした結婚指輪を、おおよそ金額にすると2022年の価格では、22万円当たりの指輪を小栗旬さんは身に着けています。

他にも高橋真麻さんは、クラシックのゴールドのリングを着用しており、こちらもおおよそ2022年現在であれば、24万円当たりの価値のリングを結婚指輪として身に着けています。

他ですと、鈴木Q太郎さんはブッシュリングのゴールドの指輪を身に着けており、こちらも総額22万円当たりになります。

スポンサーリンク

芸能人の方は多くは、ゴールドモデルのブシュロンキャトルの指輪を身に着けていることが多いです。

そのうえでセラミックタイプの指輪を見につけている芸能人の人は極端に少なく、金属タイプのゴールドモデルの着用が多いです。

恐らくですが、考えられる理由としては、セラミックは耐久性において問題があり、アクション俳優さんなんかであれば、指輪をぶつけると壊れてしまうことから、金属モデルのゴールドタイプの指輪を好むのだと思われます。

このタイプであれば利点においてぶつかっても壊れて割れてしまうことはなく、曲がり変形することはあっても一応形を取りとめるので修理の手間とみてくれも大きく損なわれないのでアクション系の俳優さんにおいては望ましい指輪であると推測します。

なお、ゴールドが多い理由においては、シルバーと比較した場合美しく反射する光というものが好まれると予想しました。

ブシュロンキャトルの指輪の中古の価格や口コミを解説

ブシュロンキャトルの指輪の中古の価格ですが、新品価格からおおよそ20パーセントあたり割り引いたものを売買しているケースが多いように見えます。

そのうえで、口コミについては、やはり、コーティングの弱さが指摘されていることが多く、ネット上でオークションという形で売られている商品群の中には、コーティングがダメになっていると予め説明したうえで販売している商品も多くあり、コーティングが剥がれている物に関しては、価格が半分程度だったりと買取拒否をされた商品だから半額でも売りたいという意志が表れていると予想します。

そのうえで、中古品の口コミを見てみると、ほとんどの商品に対しての口コミが無いので何とも言えません。

もっと言えば、ヤフオクなんかでは、内密に出品者と購入者との間でやり取りがあるようで、やり取り自体について極秘裏なので、どのようなやり取りがあるかが分からない上、値段について納得して購入したのかもわからないので何とも言えないというのが口コミになります。

その証拠としては、中古品はあまり売れていないのか売りたいと思っている人が少ないのかはわかりませんが、10万円を超える商品についてはかなり売れ残っているように見え、あまり購買者の意欲を掻き立てる商品ではないように見えます。

ヤフオクや楽天マーケットなんかでも10万円を超えるブシュロンキャトルはまず売れ残っていて、かつ10万円以下の物が飛ぶように売れているのであまり高すぎる物は、同じ人物が落札するなどお金持ちの人が落札しているように見えました。

まとめ

ブシュロンキャトルについては、コーティングが弱いという難点があり、中古品において、価格が下落する要素だったり買取を拒否する要素だったりするので楽天やヤフオクの中にそうしたコーティングが剥がれたものが流れているケースもあります。

そのうえで、中古品として人気があるのが、10万円以下の商品群で10万円を超える物については、恐らく同一人物が購入して身に着けているか宝石商の方が購入している可能性もあり、一般の方が購入しているかについてはわかりません。

なお、宝石商から見て、恐らく10万円を超える商品は、物が良ければ安いと見えるので、質問をしてよければ、購入というような流れに見えました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました