カーペットの洗濯ができないときにする対処法!パターン別に紹介

生活

カーペットは敷きっぱなしにしているため、汚れやゴミが気になりませんか?

小さいお子さんやペットを飼っていると、どうしてもカーペットが汚れやすくなります。

掃除機やコロコロなどで掃除はしていても、洋服のように毎日洗濯はできませんよね。

また、カーペットは洗濯不可の表示がついているものも多いです。

ジュースや食べこぼし、ゴミや髪の毛などがついた場合、どうしたらいいのか困りますよね。

カーペットが不衛生だとダニの温床にもなってしまいます。

そこで今回は、洗濯できないカーペットの対処法をご紹介いたします。

カーペットが洗濯できない場合の対処法とは?


スポンサーリンク
カーペットは常に敷きっぱなしで、毎日使用している人が多いと思います。

毎日使用しているので汚れやゴミも付着しやすいのに、洗濯不可のものが多くて困ります。

そんな洗濯ができないカーペットは「重曹・部分洗い・手洗い」で対処できますよ。

カーペットは素材によって洗濯不可のものがあります。

肌触りの良い素材やシルク・コットンといった天然素材、毛足の長い素材は洗濯ができない場合が多いです。

無理に洗濯をすると生地本来の風合いを損ねます。

またカーペットの毛並みもくたってしまい、座り心地が悪くなりますよ。

また、カーペットは毎日使用するものなので、ゴミや汚れも付着しやすいです。

手入れやお掃除をしないままでいると、ダニが繁殖したり黒ずみ汚れが取れなくなったりします。

ダニはアレルギー性疾患の原因とも言われています。

ダニが大量発生した場合、死骸や糞をそのままにしているとアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患を発症または重症化するリスクがあります。

カーペットは洗濯ができないものが多いので、毎日のお手入れや、こまめな掃除が大切です。

重曹を使った対処法

まずは重曹を使った対処法をご紹介します。

カーペットの汚れは大半が皮脂とホコリが原因です。

ホコリは掃除機で吸い取れますが、皮脂汚れは難しいですね。

重曹は油分を分解できる性質があるので、カーペットのお手入れにピッタリなのですよ。

重曹を使ったお手入れ方法

  1. 掃除機でカーペットのホコリや髪の毛などのゴミを取り除く
  2. 重曹をまんべんなく振り掛ける
  3. カーペットと重曹を馴染ませる
  4. そのまま数時間放置する
  5. 掃除機で重曹をきれいに吸い取る

これでカーペットに付着した皮脂汚れなどが落ちますよ。

部分洗い(シミ取り)の対処法

次は部分洗い(シミ取り)の対処法です。

カーペットの上で食べたり飲んだりしていると、うっかりこぼしてしまうこともありますよね。

すぐに対処しないとシミになってしまいます。

シミ取りの手順

  1. カーペットに付いた汚れを乾いたタオルやティッシュで取り除く
  2. お湯で固く絞ったタオルを使い、叩くように汚れを取る
  3. ニオイが気になる場合は、中性洗剤でうすめたぬるま湯にタオルを浸して汚れを取る
  4. 最後にもう一度、きれいなお湯で固く絞ったタオルを使い汚れや洗剤を拭き取る

汚れやニオイが取れず気になる場合は、速やかにクリーニングに持って行ってください。

手洗いの対処法

洗濯はできなくても手洗いならOKの表示があるカーペットもあります。

手洗いができるなら、家の浴室でお手入れができますよ。

手洗いの手順

  1. 浴槽にぬるま湯をため、中性洗剤を入れる
  2. カーペットを折りたたむ、または洗う部分を浸して手で押し洗いする
  3. カーペットを水で洗い流して泡をすすぎ、丸めながら水を絞る
  4. カーペットを丸めたり畳んだりしながら脱水する
  5. カーペットを陰干しして乾かす

水に浸けたカーペットは重いので、運ぶ際は気を付けてくださいね。

この他にもカーペットクリーナーやクリーニング店に相談するといった方法もあります。

あなたができる方法でカーペットのお手入れを試してみてくださいね。

カーペットが洗濯できない場合は掃除機を使う

洗濯不可の表示がついているカーペットは、掃除機でお手入れができます。

カーペットは毎日使用しているので、日々汚れやホコリが蓄積されています。

特にカーペットの汚れの80%はホコリと言われていますよ。

スポンサーリンク

カーペットにはダニの死骸や糞も付いているので、定期的に取り除く必要があります。

掃除機のかけ方

  1. カーペットの毛並みに逆らうように掃除機をかける
    ・毛並みに逆らうことで、ホコリやゴミが吸い取りやすくなる
    ・空気の通りを良くすることで、ダニの発生を抑える
    ・縦、横、斜めといろいろな方向から掃除機をかける
  2. 1平方メートルあたり20秒~1分くらいを目安にゆっくり掃除機をかける
    ・ホコリやダニは毎日使用する場所に多く付く
    ・毎日座る定位置などは特に念入りに掃除機をかける
  3. 掃除機で取り除けなかったホコリやゴミはコロコロを使って取る
    ・カーペットの毛並みについた髪の毛やゴミはブラシで掻き出す
    ・やりすぎるとカーペットの繊維を傷めるので注意
  4. 柔軟剤の希釈水を噴霧する
    ・静電気はカーペットのホコリやゴミを寄せ付けるので、静電気を防止する

お掃除ロボを使っている人も多いと思いますが、カーペットと相性があまりよくありません。

特に毛足の長いカーペットは、繊維を巻き込んで故障やトラブルになる可能性が高いです。

できればカーペットでの使用は控えた方がいいですよ。

同様に、回転ブラシ付き掃除機も毛並みが抜ける恐れがあるので、使用しない方がいいでしょう。

回転ブラシにモード切り替えがあるなら、OFFにしてから使用してくださいね。

掃除機は週に1~2回かければOKです。

洗濯できないカーペットは、普段から掃除機でお手入れしていれば大丈夫ですよ。

カーペットが洗濯できないときはコインランドリーでもいい?

家の洗濯機ではカーペットが入らず洗濯できないので、コインランドリーで洗濯しようと考える人もいますね。

この場合、洗濯できるカーペットはコインランドリーで洗濯をしても大丈夫です。

しかし、洗濯できないカーペットは、コインランドリーでの洗濯もNGです。

カーペットが洗濯できない理由はいくつかあります。

  • 羊毛やシルクといった繊細な素材でできている
  • 家庭用洗濯機に入る大きさではない
  • カーペットの洗濯は特殊クリーニング扱いなので家庭では難しい

コインランドリーには大型洗濯機もありますが、基本洗濯できないものは洗ってはいけません。

カーペットの素材や繊維は重要です。

汚れたからといって、無理に洗濯をすると生地の風合いを損ねます。

触り心地や座り心地にも影響しますので、カーペットの表示をきちんと確認してから判断してくださいね。

汚れやシミが気になる場合は、クリーニング店に出した方がカーペットをダメにしなくて済みますよ。

洗濯がOKな場合

洗濯ができるカーペットの場合、コインランドリーを使用しても大丈夫です。

家の洗濯機だと容量が小さく、入らないこともあります。

  • 4~6kgサイズ:洗濯機では難しい
  • 10kg前後のサイズ:3畳以上の大型カーペットは難しい

家庭用の洗濯機に無理やり入れると、故障や事故の原因にもなります。

それに比べて、コインランドリーなら洗濯機のサイズも大きくしっかりと洗えるので、汚れやゴミも落ちやすいです。

また、コインランドリーなら乾燥機も置いてあるので便利です。

カーペットを陰干しすると半日以上かかることもあります。

でも、乾燥機なら1時間くらいで終わるので時間短縮にもなります。

乾燥機の高温乾燥を使えば、ダニの死滅効果もあるので嬉しいですね。

注意点は水洗いができても、タンブラー乾燥禁止のものもあります。

無理に乾燥機を使うと、シワや型崩れ、繊維の縮みやほつれの原因になりますよ。

また、せっかくコインランドリーで洗濯ができても、乾燥機が使用できないと持ち運びが大変です。

水を吸ったカーペットは非常に重く、サイズによっては一人で持ち運びができないこともあります。

カーペットの種類によっては洗濯も乾燥機も使用できます。

汚れもしっかり落ちるしダニの死滅効果もあるので、上手に活用してカーペットのお手入れをしましょうね。

まとめ

  • カーペットが洗濯できない場合は、重曹・部分洗い・手洗いで対処できる
  • カーペットの汚れはホコリが大半なので、掃除機がけでも汚れは取れる
  • 水洗いができるならコインランドリーを活用すると便利

カーペットは毎日使うものなので、汚れやゴミも付きやすいです。

でも、カーペットは洗濯できないものも多いので、対処法を覚えておくと便利ですよ。

最近では水洗いできるカーペットや、撥水加工・汚れが付きにくい素材のカーペットもあります。

生活環境に合わせてカーペットの素材を選んだり、コインランドリーを活用したりしましょうね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました