コートのクリーニング頻度はどれくらい?ウールとカシミヤでの必要回数を解説

掃除

コートは寒い時期の防寒対策には、欠かすことができないですが、食べこぼし、汗や皮脂、湿気などが原因でカビや黄ばみ、虫食いなどの原因になってしまいます。

汚れが付いたまま保管をすると、大切なコートの寿命が短くなるので定期的にクリーニングが必要です。

ウールやカシミヤのコートは、お気に入りのデザインが多いため、長期的に着用したい人が増えています。

ウールのコートの場合は、1年に1回程度になりますが、カシミヤの場合は汚れが気になる場合は、3ヶ月に1回程度クリーニングを依頼すると良いでしょう。

カシミヤのコートは価格が高いので、優しく滑らかな肌触り、手触りなどの風合いを落とさないためには、高級素材のクリーニングに対応をしているお店がお勧めです。

冬に使用するコートのクリーニング頻度は一般的にどれくらい?


スポンサーリンク
寒い時期は防寒対策としてはもちろんですが、アウターのお洒落を楽しむために、ウールやカシミヤ素材のコートを着用している人が多いです。

食べこぼしなどの汚れ、汗、皮脂などの汚れが付いたまま、保管をしてしまうと虫食い、カビなどの原因になるため、大切なコートの寿命が短くなる原因になります。

ウールのコートは1年に1回ぐらいの頻度で、クリーニングを依頼する人が多いですが、汚れの程度、生地の状態によっても変わるため、クリーニング店のスタッフに相談すると良いでしょう。

カシミヤは柔らかく肌触りが良いですし、優しく滑らかなのが特徴になっており、幅広い年代に人気があります。

カシミヤのコートは3ヶ月に1回ぐらいの頻度で、クリーニングを依頼する人が多いです。

食べこぼしや臭い、汚れなどが気になる場合は、1か月後にクリーニングを依頼することがあります。

カシミヤは高級な素材なので、高級素材のクリーニングに対応をしているクリーニング店を選ぶようにしましょう。

高級素材のクリーニングに慣れていないお店では、仕上がりが良くないなどの欠点があります。

長期保管サービスを行っているクリーニング店を利用すると、保管の状態が良いので安心して着用できます。

大切なコートの寿命を延ばすためには、定期的なクリーニングが必要です。

ウールコートのクリーニング頻度はどれくらい?

ウールコートは、長期的に使用したい人が多いため、衣類を長持ちさせるためには1年に1回程度クリーニングを依頼するのがお勧めです。

汗や湿気、皮脂などが付いたまま保管をしてしまうと、白カビや黒カビが発生しやすくなり、虫食いや異臭、染み、黄ばみなどの原因になってしまいます。

スポンサーリンク

2年に1回程度買い替えている場合は、クリーニングは必要ないケースもありますが、大切なウールのコートは1年に1回クリーニングをしましょう。

汚れの頻度や生地の状態によっても、洗う頻度は変わってくるので、クリーニング店のスタッフに相談するのがお勧めです。

クリーニング店を選ぶ時は、長期保管サービスを行っているお店を選んでおくと良いでしょう。

ウールのコートは大変デリケートなので、保管の状態が良くないと衣類の寿命が短くなる原因になってしまいます。

長期保管サービスを行っているクリーニング店は、衣類を清潔に保ち、虫食いやカビなどが発生しないような環境なので安心です。

数多くのクリーニング店が存在しますが、高い技術や豊富な経験を持ったスタッフが在籍をしており、白カビ、黒カビなどの対応をしている所を選びましょう。

カシミヤコートのクリーニング頻度はどれくらい?

カシミヤのコートは軽く柔らかい素材になっており、優しく滑らかな肌触りが特徴なので幅広い年代に人気があります。

カシミヤは食べこぼしなどの汚れ、臭いが気になったり、数回着用したらクリーニングをしたほうが良いでしょう。

クリーニング店によっては高級なカシミヤ素材の、クリーニングに慣れていない場合があるため、高級な素材に対応をしているクリーニング店を選ぶと良いでしょう。

クリーニング店では、カシミヤの風合い、素材などを損なわずドライクリーニングをしてくれます。

カシミヤのコートは3ヶ月に1回程度、クリーニングをするのがお勧めです。

汚れや臭いなどが気になる場合は、1ヶ月後にクリーニングをすることで清潔を保つことができます。

カシミヤのコートは、価格が高いので長期的に着用したい人がほとんどです。

マンションなどの狭い部屋に住んでいる人、自宅での保管の状態が良くない場合は長期保管サービスが利用できるクリーニング店を利用すると便利です。

カシミヤのコートは毛玉や染みなどの汚れが気になる場合は、染み抜き、毛玉取りなどに対応をしてくれるのできれいな状態を保つことができます。

カシミヤはデリケートな素材なので、口コミやレビューでも評価の高いクリーニング店を選びましょう。

まとめ

ウールやカシミヤのコートは、長期的に着用したい人が多いため、衣類を長持ちさせるためにクリーニングが必要です。

汚れの程度、生地の状態によっても多少は違いますが、ウールの場合は1年に1回程度、カシミヤは3ヶ月に1回程度の頻度でクリーニングを依頼している人が多い傾向があります。

汗や皮脂、食べこぼしなどの汚れが付いていると、カビが発生したり、虫食いなどの原因になってしまうので定期的にクリーニングを依頼しましょう。

口コミでも評価が高く、高級な素材のクリーニングに対応をしているお店がお勧めです。

生地の風合いを損ねずにきれいにしてくれます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました