ぬいぐるみを捨てると運気は上がる?下がる?バチが当たるか解説

豆知識

あなたはぬいぐるみの処分をしていますか?

普通にゴミ収集に出していますか?

それともそんなことはできないとさらに収集していく方ですか?

私は後者です。

でも引っ越しなどをする際にはほとんどは処分しないといけないという覚悟はしています。

人形を捨てるとき、運気の上がり下がりは気になるもの。

ぬいぐるみでも同じように気になりますよね。

安心してください。

ぬいぐるみを処分しても運気は下がりません。

風水的には古いもの、使わなくなったものを持っている方が運気は下がります。

ぬいぐるみの場合は衛生面の問題もあります。

古くて使わなくなったぬいぐるみを捨てる方が運気は上がります。

運気を気にする人は、処分方法も適切な方法で行いましょう。

今回はぬいぐるみの処分についてまとめました。

ぬいぐるみを普通に捨てるとどうなる?運気は上がる?下がる?

スポンサーリンク

風水的に見ると、古いもの、長年使っていないぬいぐるみは捨てる方が運気が上がります。

逆に持ち続けている方が運気が下がると言われています。

ぬいぐるみは良い気も悪い気も吸い取ってしまうのだとか。

手入れをせずに放置しておくと悪い気がどんどん溜まっていきます。

こうなったらやはり処分を考えたほうがよいでしょう。

風水ではぬいぐるみをたくさん置いておくと運気を吸い取られてしまうと考えられています。

人からプレゼントされたものや元カレからもらったものはすぐに処分しましょう。

特に元カレからもらったものを持ち続けると運気、恋愛運が下がるそうですよ。

普通にゴミに出す場合、どうしても気になるという人はちょっと手間をかけてから処分しましょう。

感謝の気持ち

「今まで一緒にいてくれてありがとう」という感謝の気持ちを込めて最後の言葉をかけてあげましょう。

拭き取り

顔の部分をさっと布などで拭いてゴミや埃を取りましょう。

包む

白い布や和紙などの柔らかいもので包みます。

大きいサイズがなければ、顔だけでも包みましょう。

目隠しだけでもよいようです。

塩をふる

塩は昔からお清めとして使います。

同じようにぬいぐるみも清めましょう。

捨てる

地域の分別方法に従ってごみに出します。

注意点としては、他のゴミと一緒の袋に入れないことです。

ぬいぐるみだけのゴミ袋を用意しましょう。

雨の日は邪気があるとも言われているので、できれば天気の良い日に出す方がよいでしょう。

気をつけたいのは大きいぬいぐるみです。

地域によっては粗大ゴミ扱いになるところも。

捨てる前に確認してください。

ぬいぐるみを捨てると呪われる?バチが当たるか聞いてみた

呪われる根拠はありませんので、不要なものは処分しましょう。

人間は目がついているものを生き物と認識するそうです。

物には魂が宿るなどともよく言われますよね。

人形関係で聞いたことがある人もいるのではないですか。

人形やぬいぐるみを捨てると呪われるという話はこういうところから来ているのでしょう。

この考え方は日本独特のものです。

どういう状況が呪われているといえるのか、その定義もはっきりしないですよね。

指を切った、何もないところでつまずいてケガをしたとかが起きて、それが呪われたからだと思いますか?

ぬいぐるみのある無しに関係なく起こることだと思いませんか?

結局「気のせい」なのです。

人はそう思うとそう思えてくるし、そう思わないと全く思わないもの。

違いは精神的なものだけです。

なのでバチが当たることはありません。

と言われても、気になる人は気になりますよね。

スポンサーリンク

その場合は、捨て方に工夫をしてみましょう。

あなたが持っているぬいぐるみがいわくつきならば、神社やお寺に引き取ってもらってお焚き上げをしてもらいましょう。

お焚き上げは供養ですし、お祓いしてもらえます。

普通に捨てるよりはバチは当たらないでしょう。

ぬいぐるみや人形などは持ち主の「身代わり」とよく言われます。

捨てることは悪いこと、かわいそう、などというマイナスの気持ちを持っているとそのマイナスイメージはぬいぐるみにも伝わってしまいます。

今までありがとうという感謝の気持ちをぬいぐるみに伝えて、プラスのイメージで処分しましょう。

ぬいぐるみを捨てるのは怖い?

思い出がある、情がある、生き物みたいだから。

ぬいぐるみを捨てるのが怖い、と思う理由には色々あるでしょう。

その気持ちを失くすには、処分の方法を考える必要があります。

いくつかご紹介しますね。

神社やお寺で供養してもらう

怖いという気持ちがあれば、神社やお寺に引き取ってもらうのがベストでしょう。

小さいぬいぐるみであれば、神社やお寺に郵送することもできます。

供養料はぬいぐるみの数や大きさ、重さなどで変わる場合があります。

直接神社やお寺の方と相談してください。

お正月にお焚き上げをしている地域であれば、事前確認の上で持っていくこともできます。

知人・友人にあげる

もらってくれる人がいればお譲りしましょう。

洗ったり拭いたりしてきれいな状態にしてからお渡ししましょう。

リサイクルショップに売る

古くないものやきれいなものはリサイクルショップやフリマで売ることもできます。

ぬいぐるみは売れ筋商品ではないそうなので、買取価格もかなり低いです。

金額のことは考えず、お譲りする、処分してもらうと思ってお渡ししましょう。

不用品回収業者

数が多かったり大きいぬいぐるみがある場合は、業者を利用しましょう。

家まで引き取りに来てくれます。

不要になった大型の家電や家具、衣類なども一緒に回収してもらえるので、引っ越しの時や大掃除の時などに来てもらうと助かりますね。

寄付

ちょっと年季は入っているけど捨てるほどではない場合は、寄付することもできます。

近所に保育園や幼稚園、福祉施設などがあれば寄付できるかどうか確認してみましょう。

どの方法もあなたにとっては捨てることと同じかもしれません。

ゴミとして処分するより次の持ち主の手に渡ると思うと気楽に処分できますよね。

まとめ

ぬいぐるみの処分についてまとめました。

ぬいぐるみを捨てることは特別なことではないので、普通に捨てることができます。

ぬいぐるみとの関係は人間関係と似たようなところがありますよね。

小さい頃からのお付き合いであったり、特に好きだったというような感情があったり。

古いからといって簡単に手放せるものでもありません。

そういう方にご紹介したいのが「ぬいぐるみ供養ドットコム」です。

兵庫県西宮市にある善照寺にぬいぐるみを送るとオンライン供養をしていただけます。

希望者には、デジタル資産NFT登録をしてもらえます。

ぬいぐるみとの思い出が詰まった写真をデジタル資産NFTとして永遠に手元に残すことができるサービスです。

小さい頃からずっと一緒に過ごしてきた、という人にはピッタリのサービスではないでしょうか。

詳しいことは「ぬいぐるみ供養ドットコム」で検索してみてください。

ぬいぐるみに関しては処分だけでなく保存に関しても注意が必要だそうです。

ぬいぐるみの置き場所や収納場所に注意してください。

玄関やトイレ、寝室は風水的には置かない方がいいそうです。

悪い気を吸い取ってしまうからだそうですよ。

寝室にたくさん置きすぎるとぬいぐるみに運気を取られるとも言われています。

どうしてもおきたい場合は、一つか二つにしたほうがよいそうです。

どうしても捨てられないのであれば、見えないところに収納するとよいそうです。

運気の下降を防ぐことができるとのことです。

ぬいぐるみ愛好家・収集家にとって処分することはとても辛く悲しいことです。

今までいやしてくれてありがとうという気持ちでお別れしましょう。

ぬいぐるみもきっとあなたの気持ちをわかってくれることでしょう。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました