ドリンクサーバーはニトリに売ってる?保冷可能なメーカーはどこ?3COINSとダイソーで比較

グルメ

ドリンクサーバーはニトリにて販売されているかどうかについて解説をいたします。

そのうえで保冷機能があるメーカーという存在についても触れていきますが、基本的に100円ショップで販売しているドリンクサーバーには保冷機能は存在しないという過程でお話をしていきます。

そのうえでなぜアルコールの保存が不可能であるかという点についても触れていきます。

特にアルコールに関しては揮発性が高いという点、安全上の問題から100円ショップのドリンクサーバーでは対応していないため、100円ショップで販売しているドリンクサーバーについてはダイソーを除いてアルコールは入れてはならないという過程でお話ししますのでご了承のほどお願いいたします。

ドリンクサーバー【3coins】比較


スポンサーリンク
3coinsのドリンクサーバーはガラス製のドリンクサーバーで耐熱ガラスではないガラス製のドリンクサーバーです。

ガラス製のポット内にドリンクを入れて三脚台に固定してドリンクを抽出する蛇口からドリンクを放出するという仕組みになり、厚いものを入れると割れてしまうというドリンクサーバーです。

なお、ガラス製であるため、ある程度冷たいものを持続して保存可能ですが、密封力というものはあまりないため、アルコールの保存は不可となっています。

よって、アルコールを保存した場合、気化してしまい安全上問題になるため、使用時においてはアルコールを保存してはならないと決められています。

この問題については、ニトリ製のドリンクサーバーも同じでアルコールの保存はできないため、アルコールを入れた場合気化が起こり、アルコールが蒸発しますのでアルコールの保存はできません。

ニトリの商品と3coinsの商品を比較した場合、同じガラス製でコールドドリンクのみを保存可能としています。

お値段についてもニトリ側が少し高いという程度です。

3coinsとニトリの商品については両者とも同じで、完全に密封することができないガラス製の保存容器の中にドリンクを保存しますので性能については同程度であるといえます。

比較すべく点としては、固定方法を対象にしています。

ニトリ製は、固定法が四角系の固定具なので固定において固定面積が多いので安定しやすいのですが、3coinsは三脚になるため、固定する際、固定具の設置面積が少ないので安定性においては欠けるといえます。

ドリンクサーバー【ダイソー】比較

ダイソーのドリンクサーバーは、ガラス製でニトリや3coinsと同じ方法のガラス瓶の中に飲料を入れて蛇口から飲料を取り出すという方法です。

そのうえで、ダイソーは固定具というものが存在せず、瓶をそのまま設置してドリンクサーバーにするという方法であるため、地面とドリンクサーバーの距離が超至近距離にあります。

なので、熱を発する地面に設置した場合、ガラスに披裂が入るという危険性があります。

スポンサーリンク

つまり、三脚のようにドリンクサーバーの瓶を宙に浮かせるという方法を取っていないため、瓶が温まると熱で瓶に圧力が生まれ割れてしまうというわけです。

しかもダイソー製の瓶は、気密性を上げるために固定具を設けており、熱が逃げないよう工夫をしているため、冷たい状態にある物が外側の熱で温められると、その熱を放出できないため、割れやすいのです。

ダイソーのドリンクサーバーの利点は、冷気を逃がさないような工夫をしていますが、完全に冷気を逃がさないという造りではない上、ガラスが温められると温められた空気が逃げることができないという特性から、ガスを発生させる飲料、炭酸の飲料などの保存も不可能です。

ただし、アルコールの場合、気化しても逃げ道がないためアルコールの保存についてはダイソーのドリンクサーバーは向いているんですが、ガラスに披裂がある場合、割れてしまうため、アルコールの保存については、スチール製の金属でない限り安全に保存できないといえます。

ドリンクサーバーで保冷可能なメーカーは?

ドリンクサーバーで保冷可能なメーカーは象印が有名です。

こちらは、象印が作り出した魔法瓶という技術を利用することで長時間の保冷機能を持たせたドリンクサーバーです。

しかも象印のドリンクサーバーは、冷たい飲料だけではなく、暖かい飲料も保存が可能という特性があります。

通常、安価なドリンクサーバーはガラス製なので冷たい物の保存は得意なんですが、暖かいものは不得意です。

一方象印は、真空保存という手法で保存をするため、安宅買い物でも安全に保存が可能で、耐久性がある内部構造なので割れてしまうという問題がありません。

他にも保冷可能なメーカーとしては、タイガー魔法瓶社製のドリンククーラーというドリンクサーバーが有名です。

こちらも象印と同じ仕組みで魔法瓶製にて保冷と保温を可能とした商品になります。

象印や、タイガー魔法瓶社は、魔法瓶の技術を応用しているため、電源を使用せずに保冷を可能としたドリンクサーバーを作り上げています。

一方で、メーカー名が分からない中国のドリンクサーバーは、電源を使用して電気の力でアルミを冷却してドリンクを冷却したり、アルミを加熱することでドリンクを温めるという方法を取っていますが、こちらの方法はあまり望ましい結果になっていません。

ドリンクサーバーというよりもドリンクホルダーという形の商品が多く、一つの容器内に大量のドリンクを入れて保存するという方法については不得意としており、ドリンクサーバーから急遽、ホルダータイプの商品に置き換わっています。

まとめ

ドリンクサーバーについては、ガラス製が最も安価でスチール合金とかアルミ合金の魔法瓶の製品のほうが高価でした。

しかし、中国の無名のブランドがアルミを電気で冷却して保存するという方法を取り入れたドリンクサーバーが登場したことでそちらのほうが高価になったのです。

しかし、技術的に不安定だったアルミを電気で冷却したり加熱する方法はドリンクサーバーのような大きな入れ物では不十分だったらしく、現在では、電気式は、缶ジュース程度の大きさの商品を冷却したり温めたりするドリンクホルダー型に置き換わってます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました