日立ラクかるスティックとパワかるスティックを比較!口コミ・価格・最新式の性能を徹底検証

家電・ガジェット

お掃除の味方である、日立ラクかるスティックとパワかるスティック、どう違うの?という疑問について解説をしていきます。

そのうえで、両者には最新モデルというものが存在していて、旧式のラクかるスティックとパワかるスティックとどう違うの?という疑問についてもお答えします。

両者はどういった方向性で強みがあるのかを解説していきますので、ラクかるスティックとパワかるスティックのどちらを買おうか迷われている方の参考になればよいと考えます。

なお、最新モデルにおいて紙パック式のかるパックスティックという商品についても最新モデルという方向性にあるため解説をさせていただき、ラクかるスティックやパワかるスティックの候補になるという方向性で解説を致します。

日立ラクかるスティックとパワかるスティックの口コミは?


スポンサーリンク
日立ラクかるスティックの口コミにおいて、軽量さを売りにしており、付属品についても軽量さを売りにして軽々とすき間の掃除をすることを可能とする方式なので延長パイプが存在しておらず、取り回しにおいてとても扱いやすく掃除機を持ったままでも楽々掃除ができ、ノズルが邪魔になるという問題が無いという口コミがあります。

一方で、パワかるスティックを所持している人からするとラクかるスティックは軽量さを売りにし過ぎているせいでバッテリーの使用時間が短いという意見、吸い込みノズルのノズルヘッドが小さいため、大きいごみを吸い込むことが難しいという意見があります。

その問題に対してヘッドを大きくすることで対応していて、かつノズルを付属させたため長時間手にもって掃除をするとなると疲れるという問題が生じています。

そして、パワかる側は旧製品と新製品のバッテリーが共有なので性能差が無いという問題もあります。

新型と旧型の差というのが放棄ブラシが付属しますという程度でパワかるスティック側は、改良においてはそれほど改良されていないんです。

逆に、ラクかる側は問題点と言える部分を改良していて、後期型になると実はヘッドが大きくなっていて、パワかると同じようなヘッドが付属するなど改良が見られます。

その軽量モデルの発展型が長期間ゴミ捨てをする必要が無くなった紙パック式のかるパックスティックという商品で、こちらが軽量モデルのかるパックの最新型で、ゴミを長期間捨てる必要性がない、紙パックを使用して掃除をできるモデルになります。

なお、かるパックは、使用する紙パックは日立の純正の掃除機用の紙パックを使用しますので普通に電気屋さんで購入できる日立の市販の物を使用します。

そのうえで、性能は、最新のかるパックと同じで、パワかるスティックとも同レベルですが、唯一違う点は、ノズルヘッドが軽量の小さい旧来のラクかるスティック用のヘッドです。

日立ラクかるスティックとパワかるスティックの価格は?

日立ラクかるスティックとパワかるスティックの価格について解説していきます。

ラクかるスティックの価格

ラクかるスティックは安くなっており、2万4千円ほどで購入可能です。

そのうえで興味深い点としては、旧式と新型のラクかるスティックの両者の値段の差が無いという点が興味深く、旧式だろうと新型だろうと値段に差がありません。

この点については、恐らくですが、商品の在庫において両者とも性能差が大きいのですが流通量が関係していると思われます。

つまりバッテリーの持ちも同じですし、唯一違う点としては、ライトノズルを使用していないモデルはお値段に若干ながら差があるんですが、それほど差が開いているわけではなく、似たような価格です。

この商品はオープン価格ですから、性能差がものすごく大きくならない限り差が開かないとみてよいでしょう。

スポンサーリンク

パワかるスティックの価格

パワかるスティックは価格において差があり、旧型モデルであるシリーズは3万7千円で購入できますが、新モデルは、5万円以上です。

なぜ、ここまで差があるかですが、一つは付属品が増えている点、もう一つはバッテリーの充電時間が実は早くなっていて、2時間で充電を追える点が値段を跳ね上げている要因でしょう。

旧式は、充電完了まで3時間半かかりますが新型は2時間です。

しかもバッテリーの持ちについては同じであるという方向性を考えるとバッテリーの充電器側に違いがあるか、バッテリーも急速充電に耐えることが可能な新型のリチウム電池を搭載している可能性大です。

だから新型のほうが高いということです。

以上から、日立のラクかるスティックとパワかるスティックの価格差については、ラクかるスティックは、それほど差がなく、2万円当たりで購入できますが、パワかるステック側は値段にものすごく差があり、1万円以上の差がありその理由はバッテリーの充電速度が向上している点付属品が増えている点が挙げられています。

ただ、この点は、ラクかる側も同じように改良をされているんですが、どうやら、ラクかる側のほうが市場に出回っていてラクかる側がどうやら主力商品の様人気商品だから、改良されたモデルも安価なようです。

日立ラクかるスティックとパワかるスティックの最新式の性能は?

日立ラクかるスティックとパワかるスティックの最新式の性能について解説していきます。

ラクかるスティック

ラクかるスティックは、ノズルヘッドをライトヘッドからパワーヘッドという大きいブラシに変更しています。

そして充電池の充電時間を短縮していて、旧式は、充電時間が3時間半ですが、新型は2時間です。

ちなみにバッテリーの持ち時間に変更はありません。

なので、バッテリー自体が急速充電に耐えることができるようになって掃除機のノズルが大きくなったという点が違いです。

パワかるスティック

パワかるは、付属品においてハケブラシを装備するなどの違いがあり、かつ充電池の充電時間を早くなるようにしていて、3時間半の充電時間を2時間で終えるようにしています。

そのため、パワかる側は、性能差はないです。

以上から、性能に差があると見えるのは、ラクかるスティックで大きい吸い込みノズルを搭載した新型が性能においては吸い込み量が多くなったという方向に進化しています。

そして、ラクかるスティック側は旧式はノズルという付属品が無かったんですが、ノズルを装備したのが新型になりますので、ノズルが付与されている点についてはもはや、パワかるスティックと最新型のラクかるスティックは全く性能が同じで軽量さにおいてはラクかるのほうが上で掃除機内部の清掃をするために使用するハケブラシが付属するという方向においてはパワかるの最新型のほうが上でしょう。

そのうえで、さらに上位モデルであるかるパックについては、市販されている紙パックが使用できる方向性でごみ捨てが月に数回でよいというほど、ゴミを捨てる回数が少ないという方向性で優れていて、かるパックがおそらく軽量でありながらごみを捨てる回数が少ないという方向性においてとても優秀で性能差においても性能による差はなく、パワかると同じ性能でかつ軽量であるラクかると同性能です。

まとめ

日立ラクかるスティックとパワかるスティックについては、ラクかる側は、かなり性能においては違いがあります。

ですが、お値段という方向性においては、実はそれほど大きい違いが無かったりします。

恐らくですが、流通している台数がラクかるのほうが多いため、それほど値段に差が無いのだと思われます。

ラクかるはどちらかと言うと、パワかるに似せていくという方向で付属品を強化したりバッテリーの充電速度をアップさせるなどで改良をしているため、ラクかる側の掃除機が上位機種として発売されていて、かるパックなる商品が登場しているところを見ると、ラクかるがおすすめな商品ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました