かすみ草を使ったリースの作り方!自宅でも簡単に作れる方法を紹介

生活雑貨

かすみ草は一つだけ見ると、花が小さく可憐な印象ですが、束になるととても華やかな印象になるので、リースとしても人気があります。

かすみ草は他の花に比べると、水分量が少ないので、ドライフラワーにするのに適しています。

かすみ草というと、純白のイメージが強いですが、現在はきれいなカラーが入っている商品も人気があります。

かすみ草は家の風通しの良い場所に、天気が良く湿度の低い日を選んで、数日束にして干しておくとドライフラワーにすることが出来ます。

花瓶に少量の水を入れておき、数日経過することでドライフラワーを作る方法もあります。

100円ショップやホームセンター、手芸用品、インターネット通販などで、リースを購入することが出来ます。

ドライフラワーをリースにするのがお勧めです。

かすみ草を使ったリースの作り方や自宅でも簡単に作れる方法を紹介していきます。

かすみ草のハーフリースの作り方

スポンサーリンク

かすみ草は、小さな白い花が可憐な印象で清楚な印象なので定着した人気があります。

他の花に比べると、水分量が少ないのでドライフラワーに適しています。

かすみ草のドライフラワーを使って、ハーフリースを作ることが出来ます。

ハーフリースは、リースの下半分だけ花を付ける方法ですが、リース全体に付けるよりも、華やかさは劣りますが、洗練されたデザインに仕上げることが出来ます。

手芸用品店やホームセンター、100円ショップなどで、豊富なサイズや形状のリースが販売されていますので、好みの大きさや形状のリースを購入しておくと良いでしょう。

リースは、1日吸水させておくとことが大事です。

かすみ草のドライフラワーは、風通しの良い場所に数日吊っておく方法、少量の水を入れて、数日放置をする方法、シリカゲルを使って乾燥させる方法などがあります。

かすみ草のドライフラワーは、最初は純白ですが、数か月を経過するとアイボリーのような温かみのある色合いに変化します。

リースには2本の専用ワイヤーを通しておくことが大事です。

初心者の場合は、ワイヤーを使用するのは難しいこともありますが、慣れてくると短時間でハーフリースを作ることが出来ます。

リースの下半分に、かすみ草のドライフラワーを束ねて入れていくと良いです。

本数を入れることで、可愛らしく華やかな印象になります。

ハーフリースは、上半分はかすみ草を入れないので、自宅のリビングや寝室などに飾ると良いでしょう。

クリスマスの時期になると、ハーフリースを手作りしたい人が増えてきます。

初心者の場合は、熟練者に指導を受けたり、オンラインレッスンなどを受けてみると良いと思います。

インターネット通販の専門店では、ハーフリースキットなども販売されています。

クリスマスはもちろんですが、大切な人の誕生日や記念日などに、ハーフリースを作ってあげると喜んでもらえます。

手芸店などでワイヤーを購入することが出来ます。

かすみ草のドライフラワーでリースの作り方

かすみ草は小さな可憐な花ですが、束になると華やかな印象になり、ブライダルやパーティー、クリスマスなどにも人気があります。

かすみ草は定番の白は定着した人気がありますが、最近はイエローやピンク、ブルーなどのきれいな色の商品も販売されています。

かすみ草をベースにしたリースは、とても美しく、清楚な印象なのが特徴です。

パーティーやクリスマスなどで、華やかさを演出したい場合は、リース全体にかすみ草のドライフラワーを入れるのがお勧めです。

ハーフリースと同様に、リースを1日水に浸けておき、じっくりと吸水させます。

ハーフリースと同様に、専用のワイヤーを2本使用することで、かすみ草をしっかりとリースに固定させることが出来ます。

スポンサーリンク

全体のバランスを考えながら、リース全体にかすみ草を入れていきます。

かすみ草を密集させることで、とても可愛らしいですし、ボリュームを出すことが出来ます。

リースが円形になっているため、ドーナツ状に全体に花を入れていくのがポイントです。

かすみ草のドライフラワーは、数か月から1年ぐらいは持つので、ハーフリースはもちろん、リース全体に入れるのに適しています。

クリスマスには、リース全体に入れることで、とても華やかな印象になるのでお勧めです。

初心者の場合は、リース全体に花を入れるのが難しい場合があるので、まずはハーフリースから作るのがお勧めです。

比較的小さいサイズのリースも販売されており、低価格で購入することが出来ます。

イエローやピンク、ブルーなどのきれいな色のかすみ草を使用すると、純白の花よりも、カジュアルでポップな印象になります。

きれいな色のかすみ草は、子供部屋や寝室などに飾るのもお勧めです。

リース全体にかすみ草を入れる場合は、中央にキャンドルなどを入れるのも素敵です。

インターネット通販の専門店では、リースキットセットなども販売されていますので、初心者の場合は、専用キットを使用すると作りやすいです。

かすみ草のリースブーケの作り方

かすみ草は純白はもちろんですが、ピンクやイエロー、グリーン、ブルーなどのきれいな色が付いている商品も人気があります。

インターネット通販の専門店、手芸店などでは、ブライダル用の大きめのフラワーリースが販売されていますが、現在はナチュラルウエディングに関心を持っており、純白のウエディングドレスに、かすみ草のリースブーケを作りたい人が増えています。

かすみ草のドライフラワーは、他の花に比べると簡単にきれいに作ることが出来るので、リースを作るのに適しています。

涼しい場所に数日吊るしておいたり、シリカゲルで乾燥させることで、他の花に比べると簡単にドライフラワーを作ることが出来ます。

ブライダルのかすみ草のリースブーケは、大きな円形状になっており、かすみ草をたっぷりと使用しているので、上品で清楚な印象なのに、華やかさを演出することが出来ます。

専用のワイヤーを使って、生花のかすみ草のリースを作りたい人が増えています。

リースは1日吸水させておくと良いでしょう。

リースの幅が10センチぐらいの商品は、白一色でも華やかな印象になります。

リース全体に、ドライフラワーを入れていくことで、円形のリースブーケを作ることが出来ます。

白一色でも可愛いですが、より可愛らしくしたい場合は、白のかすみ草にきれいな色のかすみ草の配色にすることで、とても可愛らしくなります。

着用するウエディングドレスの雰囲気に合った色合いにすると素敵です。

生花の場合は、フレッシュな印象になりますが、作り立てのドライフラワーは、生花のように純白なので、ドライフラワーでリースを作るのもお勧めです。

ナチュラルなウエディングを希望している場合は、大きめのリースを使って、花嫁が腕に通すのが一般的です。

リースは豊富なサイズやデザインがあるので、じっくりと時間を掛けて選ぶことが大事です。

まとめ

かすみ草は小さな可憐な花ですが、密集すると他の花に負けないような華やかな雰囲気になります。

生花はもちろんですが、ドライフラワーにも適している花なので、フラワーブーケやハーフリースなどにお勧めです。

クリスマスやブライダル、パーティーなどに、かすみ草のフラワーブーケやハーフリース、リース全体に花を入れることで、清楚で可愛らしい印象になります。

自宅でドライフラワーを作っておくことで、専用のリースを購入しておくと、フラワーブーケやハーフリースを手作りすることが出来ます。

リースと専用ワイヤー、かすみ草があると作ることが出来ます。

初心者の場合は、リースの下半分に花を入れるハーフリースがお勧めです。

慣れてくるとブーケなども作れるようになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました