くきのうみ花火の祭典の開催場所は?着くまでの交通規制や駐車場・穴場スポットも紹介

レジャー

くきのうみ花火大会は、福岡県北九州市伊の若戸大橋周辺で仕掛け花火、洞海湾の台船上からの打ち上げ花火、音楽に合わせた躍動感のある花火などが人気です。

一定の時間帯は交通規制を行っているので、スムーズに会場に到着したい場合は、JR筑豊本線若松駅、JR鹿児島本線戸畑駅から3分から5分の便利な立地にあります。

マイカーを利用すると渋滞する可能性があるので、鉄道などの公共機関を利用しましょう。

周辺には有料駐車場、予約ができる駐車場などがあるので、マイカーを利用することは可能です。

くきのうみ花火大会の穴場スポットは、高塔山展望台、久岐の浜、イオン戸畑店、都島展望台、牧山展望公園などがあるので覚えておくとゆっくりと花火を楽しめます。

くきのうみ花火の祭典の開催場所はどこ?着くまでの交通規制はある?


スポンサーリンク
くきのうみ花火大会は、福岡県九州市の地域活性化、北九州港洞浜地区発展の目的で開催されています。

1986年から開催されており、今年で37回目を迎えています。

くきのうみ花火大会に行きたいけれど、他府県の人はどこで開催しているのか、知っておきたい人が多いです。

くきのうみ花火大会は、洞海湾の台船上から打ち上げ花火を上げたり、ジャズなどの音楽に合わせた躍動感のある花火、記念花火などが人気があります。

岩戸大橋では260メートルの迫力満点の、仕掛け花火ナイアガラなどを見ることができます。

鉄道を利用してくきのうみ花火大会に行きたい場合は、JR筑豊本線若松駅から徒歩3分、JR鹿児島温泉と戸畑駅から徒歩5分と利便性が高いです。

マイカーを利用する場合は、交通規制があるのか知っておきたい人が増えています。

くきのうみ花火大会では、会場が混雑するので一定の時間は交通規制をしているので覚えておきましょう。

  • 若松側は18時30分から、21時50分、戸畑側(若都トンネル周辺)は、18時から21時前後
  • 戸畑側の(川代5号線、199号線、38号線周辺)は、19時から21時50分まで

マイカーを利用すると渋滞することが多いので、なるべく鉄道を利用するとスムーズに到着できます。

岩戸大橋ではナイアガラ打ち上げ花火を開催していますが、岩戸大橋は全面通行禁止になっているため、事前に確認をしておきましょう。

くきのうみ花火大会は、毎年7月頃開催しています。

くきのうみ花火の祭典の駐車場はどこ?

基本的にはくきのうみ花火大会のために、駐車場は設置されていないので覚えておきましょう。

福岡県北九州市の活性化のために開催していますが、鉄道などの公共機関を利用して移動するのを推奨しています。

マイカーを利用する場合は、若松駅、戸畑駅周辺に有料駐車場がありますが、数が限られているのですぐに満車になってしまうことが多いです。

スポンサーリンク
どうしてもマイカーを利用したい場合は、くきのうみ花火大会を開催する10日前から、事前に予約ができる駐車場があるので利用すると良いでしょう。

予約ができる駐車場を利用するメリットは、一般的な駐車場に比べると料金が安い、一定の時間内であれば車の出し入れは自由などがあります。

確実に駐車場を確保したい場合は、なるべく早めに予約を入れておきましょう。

駐車場の待ち時間などがないので、スムーズに利用することができます。

くきのうみ花火大会は、一定の時間は交通規制があるので事前に確認をしておくことが大事です。

最寄りの駅を利用すると徒歩で3分から5分ぐらいなので、遅延や混雑を避けたい場合は鉄道を利用すると良いでしょう。

くきのうみ花火の祭典の穴場スポットはここ!

くきのうみ花火大会の穴場スポットを知っておくと、迫力満点の打ち上げ花火、仕掛け花火のナイアガラなどを楽しむことができます。

開催している場所からは、少し離れていますが、高塔山展望台は岩戸大橋を一望できるため、人気の穴場スポットのひとつです。

開催場所からは少し距離があるので、ゆっくりと花火を楽しみたい人にお勧めします。

久岐の浜は穴場スポットですが、洞海湾から打ち上げ花火、若戸大橋からは仕掛け花火のナイアガラがしっかりと見れるので幅広い年代にお勧めです。
花火大会の会場からは少し離れていますが、イオン戸畑店は無料駐車場が完備されており、屋上からは打ち上げ花火を楽しむことができます。

ゆっくりと花火を観賞できる人気スポットなので、覚えておくと良いでしょう。

都島展望台は夜の洞海湾、岩戸大橋が一望できるので、夜景や花火をじっくりと楽しみたい人にお勧めします。

無料駐車場が完備されているので、人気の穴場スポットになっています。

牧山展望公園は花火の開催場所から、少し離れた場所にありますが、穴場スポットなので比較的空いており、ゆっくりと時間を掛けて花火を見れるのが魅力です。

くきのうみ花火大会の開催場所からは、少し離れているので時間を掛けて楽しめるのが良い点です。

くきのうみ花火大会は地元では、人気の高い花火大会なので混雑や渋滞などを避けたい場合は、穴場スポットを覚えておくと安心できます。

他府県からくきのうみ花火大会に行きたい場合は、事前に場所を調べておくと安心です。

まとめ

くきのうみ花火大会は、福岡県北九州市の活性化を目的にしており、1986年から開催をしています。

洞海湾の台船上からの打ち上げ花火、仕掛け花火、記念花火などが人気があります。

開催している場所、駐車場の有無などを記載したので参考にして頂けると嬉しいです。

マイカーを利用する場合は、予約ができる駐車場に10日前から、予約を入れておくと待ち時間がなくスムーズに駐車ができます。

若松駅、戸畑駅周辺には有料駐車場がありますが、すぐに満車になってしまうので覚えておきましょう。

一定の時間は交通規制があるので、なるべく鉄道などの交通機関を利用するのがお勧めです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました