ダイソーメスティンはシーズニングやバリ取りは必要か?口コミを紹介

100均

ダイソーのメスティンはシーズニングやバリ取りは必要か?どうかですが、結論を述べると必要です。

何故ならメスティンはアルミを加工して作られた飯盒のことでアルミは実は生成時において研磨という作業を得てから、日常使用できる物へと姿を変えています。

何故?と思われるでしょうが、アルミは鋳造において高熱で型に流した際にどうしても構造上どうでもよい不純物が付着し、これをバリと呼んで居り、これを取り除かないと怪我をする原因になります。

その為、ジュースのアルミ缶も実は研磨機にて表面を研磨することで怪我を防いでおり、研磨しているが故安全であるため、一応研磨をして余分な不純物を取り去るのが良いでしょう。

ただ、バリがあっても突起が剥がれ落ちるか、突起にふれて怪我をしない限り取り去る必要性が無いのもバリで、要は面倒であると感じた場合わざわざ、紙やすりで研磨する必要性は無いのです。

ダイソーメスティンのシーズニングやバリ取りって何?


スポンサーリンク
バリ取りとは、簡単に言えば、金型から外した際の不純物で触った際に痛いと感じる突起物です。

これは固体さがあり、まったくメスティンの表面に現れていない突起物だったりものすごく突起物だらけだったりと製造時においてばらつきがあります。

よって、うまく金型から取り外した、メスティンは、実はバリの存在はないです。

逆に少しでも金型から外した際に不純物を含んだり、金型からうまくアルミ加工したものが外れなかった場合、残念ながらバリを形成してしまい、突起となるため、これは固体さがまずあります。

次にシーズニングですが、これは、メスティンの表面から酸素を奪ってメスティン自体が早くに劣化しないようにするための行為です。

油で表面をコーティングする代わりに米のとぎ汁で表面をコーティングしてメスティン自体が参加しないようにするだけの行為です。

この行為を行えば、金属は劣化が鈍くなり錆月という問題が送れるのです。

よく、鉄のフライパンに油をたっぷり引いてから焼きしているあの現象ですが、あれがまさに、シーズニングで、鉄のフライパンは錆びる原因に参加があり、これは空気と鉄が触れ合うが故錆びるのであって、これをメスティンに置き換えると、アルミが錆びるが故、油でコーティングせず、米のとぎ汁でコーティングをするのです。

無論オリーブオイルでコーティングしても問題はありませんのでオリーブオイルでコーティングするのも一つの手段です。

なお、アルミだから錆びないと思っている方、あれは間違いで実はアルミもお手入れをしないといずれ錆びるので、メスティンは、使わなくなった場合、油で表面をコーティングしてから収納し、何年かに一度は、油を塗り、空焼きをして表面をコーティングしてあげるといつまでも使用することが可能ですが、問題は、ダイソーのメスティン自体に、何か不純物が入っていた場合、お手入れをしても寿命が長い状態を維持できないこともあります。

ダイソー メスティンにシーズニングは不要?必要?口コミも紹介

ダイソー メスティンにシーズニングの必要であると言えます。

ですが、こう考えた場合必要ではないです。

ダイソーのメスティンの価格は、500円で大手のメスティンと比較した場合、3000円以上もの差額があり、お手入れをさぼって使うことができなくなっても新しいものを購入すればそれでよしと考えた場合、お手入れをする必要性は無いです。

実際、口コミにおいてもどうせ500円だからどうでもよいのではという声もあり、使い捨てで使用する場合、お手入れなんて不要だという声があるので、お手入れをするかどうかは、実のところ、個人の自由です。

スポンサーリンク

しかしお手入れをしてあげれば、高い耐久性があるのも確かで、何年もの間500円のメスティンを使用してキャンプを楽しむことができるので、こればかりは、人の考え方がどうあるかです

一つの物を大切に使用してお手入れをして長期に至りその商品を使用し続けるか、あえて、使いきりの道具のように使用して使い捨て感覚でお手入れすることなく商品を手放すかは個人の自由でダイソーさん自体がメスティンの販売を中止しない限りは、使い捨てで、メスティンを使用してお手入れをしないという考えも一つの考えです。

ただ、お手入れ法を覚えておくことも実は利点があり、特に他者のメスティンを扱うようになった場合、お手入れ法を知っているだけで、キャンプなどでは知識人として感謝されますのでお手入れ方法を学ぶためにあえて500円のメスティンでお手入れの練習をして本番は高いメスティンを使用してキャンプに望むという考え方を取ってもよいでしょう。

口コミはたいていが2択で、不要と必要という人がおり、不要と答える人は道具を使い捨てにする方で、あえて必要と述べた人は、道具を大事にしており、かつ練習をしている方で、ダイソーのメスティンでお手入れ方法を学習して、別のメスティンのお手入れ法として役立たせようという考えを口コミで述べている方もいるので、これについては個人の考え方ですが、お手入れ法を知っていること自体は悪いことではないので、お手入れをするのは良いことです。

ダイソーメスティンにバリ取りは不要?必要?口コミも紹介

メスティンにバリ取りは不要であるかですが、これは、商品の質によって異なるという口コミが多いです。

というのもダイソーの商品は必ずと言ってよいほど個体差があり、固体さによってはバリだらけで突起だらけの商品もあり、これについては商品の中身を空けて確認するしかないのですが、残念ながらそうしたことはできず、買ってみてからのお楽しみでバリがあるか無いかを確認するしかありません。

なお、バリがあっても手や指を傷つけないのであれば別にばりの存在はあっても大丈夫ですが、問題はアルミのバリは、体内に入った場合、中毒になる点が問題で、中毒になりたくないのであれば、バリ取りをしっかりしたほうが良いでしょう。

ただ、中毒と言っても一度に大量にアルミの粉や金属が体内に入らないと中毒になりませんし、バリは粉末ではないので体内に入っても一応便として排出されますので中毒になる前に便になり排出されると思いますので、バリ取りについては、気にならない人は取らなくてよいでしょう。

口コミについても嫌なら取り去り、気にならないのなら放置という考えがあり、交換してもらうのは悪手でありもっとひどいバリだらけの物と交換になる可能性もあるという口コミがあったので交換はして貰わず、自分でバリ取りをするか、放置という考えでよいでしょう。

ただ、バリ取りは練習しておけば、もっと良いメスティンを購入した際にバリがあった際、取り去ることができますので、練習としてダイソーのメスティンで練習し綺麗にバリを処理できるようにしておくのが良いでしょう。

ちなみに、バリ取りをお勧めしていた口コミは、やはり練習という意味を兼ねてバリ取りをするのが良いと述べており、金属は成形時においてバリという不純物が付着するのは仕方がないことなので、これをいちいち返品していたのではらちが明かないということも兼ねて自分でこうした不純物を取る練習をするのは意義があるという声もあり練習がてらにバリ取りをしてみるのが良いでしょう。

まとめ

バリ取りは、面倒な作業ですが、やってみる価値はあり、その理由はお手入れ法としてバリ取りという作業が実は存在しているため、出来れば自分でバリを取ることができた方が良いです。

そして、シーズニングも同様にメンテナンスになりますので、これもできた方が良いです。

確かに500円で買えるメスティンですから、使い捨てにすればよいと考えれば、お手入れは必要ないです。

しかし、物を大切にする気持ちがあるのであれば、お手入れ法を学んでお手入れするのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました