ぶんぶんチョッパーのおすすめは?種類の違いや人気商品を徹底検証

グルメ

野菜を切るときに頻繁にする切り方と言えば、みじん切り。

ハンバーグやマーボー豆腐などのメイン料理を作るほか、野菜嫌いなお子様に食べてもらうため、年配の家族に配慮するためなど、みじん切りは頻繁にする切り方ですよね。

手間がかかるうえ、細かく切るには意外と技術も必要です。

そんなときに便利なのが、ぶんぶんチョッパーと呼ばれるみじん切り器です。

さまざまなメーカーからいろいろな種類のぶんぶんチョッパーが販売され、人気ぶりがうかがえます。

元祖と言われるロングセラー商品から、人気メーカーのものまでぶんぶんチョッパーを検証していきます。

購入を考えている人も、買い替えを考えている人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ぶんぶんチョッパーの種類はどのようなものがある?

スポンサーリンク

ぶんぶんチョッパーの種類は大きく分けて3通りあります。

  1. ひもを引っ張るタイプ
  2. ハンドルタイプ
  3. プッシュタイプ

順番に紹介していきます。

ひもを引っ張るタイプ

ひもを引っ張ると中の刃が回転して、野菜などが細かく切れる仕組みです。

ひもを1回ひっぱると刃は数回も回転、スピーディーにみじん切りができるため、料理の時間を短縮したいという忙しい方に向いています。

遠心力を利用した仕組みなので、それほど力を入れなくてもスムーズに切れるのもうれしいポイントです。

ハンドルタイプ

ハンドルをぐるぐる回せば刃も回転します。

基本的に、ハンドルを回す回数と刃の回転数は連動しているので、ひもをひっぱるタイプと比べると時間がかかる印象です。

しかし、ハンドルタイプはみじん切り以外に、水切りや泡立てにも使えるなど、多機能タイプのものがあり、1台でいろいろな調理に使いたいという方向きです。

また、子供でも簡単に操作できるので、お手伝いしてもらいやすいというメリットもあります。

プッシュタイプ

上の部分を押すだけで刃が回転する仕組みで、野菜などを細かく切ることができます。

テコの原理が働きにくいこともあり、食材によっては力がいることもあります。

スタイリッシュなルックスで、縦長にすっきりとしたデザインが多いので、コンパクトに収納できるメリットがあります。

置き場所が少ないという方にはこちらがおすすめです。

大きく3タイプに分かれるぶんぶんチョッパー。

各メーカーからさまざまな機種が発売されています。

自分の調理スタイルやキッチンスペースなどを考慮して、一番合ったタイプを選ぶのが大切です。

ぶんぶんチョッパーの種類で違いはある?

先ほど紹介した3タイプのぶんぶんチョッパーですが、それぞれのメリットやデメリットを見てみましょう。

ひもをひっぱるタイプのメリットとデメリット

まずは、ひもをひっぱるタイプです。

メリットは、力要らずなうえ、短時間でみじん切りができるという点です。

忙しい方にはうってつけではないでしょうか。

ぶんぶんチョッパーの中でも、こちらのタイプは人気が高く、さまざまな商品が出ているので、好みにより近いものを探せるという点もうれしいです。

デメリットは、作業中にひもがひっかかることがあったり、ひもを収納するふたが洗えなかったりという機種もあります。

スポンサーリンク

ハンドルタイプのメリットとデメリット

次に、ハンドルタイプです。

自分のペースでハンドルを回せるので、回転速度を調節しやすいのがメリットです。

視覚的にわかりやすいので、好みの細かさにこだわる方にはぴったりです。

大容量タイプのぶんぶんチョッパーも多く、大家族の方におすすめです。

デメリットは、ハンドルが取れないタイプもあり、収納場所をとってしまうことです。

メーカーによってはハンドル着脱式もありますので、購入前にしっかりと確かめましょう。

プッシュタイプのメリットとデメリット

最後にプッシュタイプです。

メリットはコンパクトな大きさです。

邪魔になりにくい形状なので、取り出しやすい場所に置いておけば、使うたびにいちいち出さなくてもいいという利点があります。

デメリットは、一度に大量の食材を切れない点です。

しかし、にんにくやしょうが、唐辛子といったスパイスを少し使う方や、一人暮らしの方にはうってつけではないでしょうか。

どんなぶんぶんチョッパーも、メリットとデメリットはあるものです。

購入前にしっかりと機能性を把握しましょう。

ぶんぶんチョッパーの一番人気商品は?

ぶんぶんチョッパーについて詳しくなったところで、気になるのが人気商品です。

3タイプそれぞれの人気商品を紹介していきます。

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー

ひもをひっぱるタイプで一番人気なのが「K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー」です。

こちらの商品は「元祖」と言われるぶんぶんチョッパーで、ロングセラーになっています。

8秒でみじん切りできるというスピード感が自慢で、水抜き穴がある蓋は丸洗いできて衛生的です。

直径約13㎝、高さ約9㎝と程よい大きさで、1回で中くらいの大きさの玉ねぎ半分をみじん切りすることができます。

貝印 KAI みじん切り器 SELECT100 DH5703

ハンドルタイプで一番人気なのが「貝印 KAI みじん切り器 SELECT100 DH5703」です。

料理のプロたちが厳しくチェックしたうえで考え抜かれたキッチンアイテムを展開するSELECT100シリーズのチョッパーで、切れ味の良いステンレス刃が自慢です。

みじん切りだけではなく、サラダススピナーとして、野菜の水切りも簡単にでき、多機能ぶりも好評です。

直径約16㎝、高さ約20㎝と少々大き目ですが、ハンドルは取り外せるのでコンパクトに収納できます。

エムワン 押すだけでみじん切り! プレカット チョッパー H0005

プッシュタイプで一番人気なのが「エムワン 押すだけでみじん切り! プレカット チョッパー H0005」です。

シェーカーのようなすっきりとした形状で、薬味をみじん切りする方におすすめです。

直径約6㎝、高さ約17㎝と、キッチンに出しておいても圧迫感がありません。

フレッシュな薬味をすぐ作ることができ、香り高い料理を演出してくれます。

まとめ

いかがでしたか?

毎日の料理の下ごしらえをサポートしてくれるぶんぶんチョッパーは、忙しい方の味方になる便利なキッチンアイテムです。

細かく切った野菜はかさが減るので、料理にたくさん使えば、栄養面でうれしい効果が期待できます。

また、ぶんぶんチョッパーで一気に仕上げれば、キッチン周りに飛び散る野菜くずはありません。

あの、まな板のまわりに飛び散るみじん切りをいちいち片付ける手間ともサヨナラできます。

毎日の料理をスムーズにしてくれるぶんぶんチョッパーを、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました