水垢はジフで簡単に落とせる!お風呂の鏡やステンレスの水垢を落とす方法!落ちない時はどうする?

掃除

浴室の鏡や蛇口、シンクなどは、水が掛かって乾くと水垢になってしまうので、不潔なので悩んでいる人が少なくありません。

浴室の鏡は水垢が付くとウロコ状になり、汚れが落ちにくくなりますが、クリームクレンザーのジフを使うと落とすことができます。

鏡を傷つけないために、スポンジはラップを巻いてからジフを付けると良いでしょう。

円を描くように磨いてから、しばらく放置をして濡れた雑巾、マイクロファイバークロスなどで拭き取ります。

乾拭きをすることで、水垢が落としやすいです。

キッチンのシンクや蛇口などは、ステンレス製の商品が多いので、クリームクレンザーのジフで水垢を落とすことができます。

水垢が落ちにくい場合は、酸素系漂白剤で浸け置きをすると落としやすいです。

お風呂の鏡の水垢をジフで落とす方法


スポンサーリンク

お風呂の鏡の水垢はジフを使って水垢を落とすと良いでしょう。

ジフはホームセンター、大手通販サイト、ドラッグストアなどで購入することができます。

ジフはクリームタイプのクレンザーのことですが、研磨剤が入っているので汚れを浮かして削り取る効果があるのが特徴です。

ジフは研磨剤が入っているので、鏡の表面を傷つける可能性があるため、スポンジはラップを巻いておくと傷が付きにくいです。

浴室用のジフは鏡の水垢を落とすのに適しているので、購入をしておくと良いでしょう。

柔らかい素材のスポンジ、ラップ、マイクロファイバークロスなどの布巾を用意しておくことが大事です。

鏡の水垢は汚れが強くなると落とすのに、時間が掛かるのでなるべく汚れの程度が軽いうちに、ジフでお手入れをすると良いでしょう。

スポンジに適量のジフを取り、鏡に円を描くように優しく丁寧に擦ることで、汚れが浮き上がってきて削り落とすことができます。

水垢が落ちにくい場合は、ジフを付けた状態でラップをしておき、しばらく放置をすると良いでしょう。

水でジフを洗い流してから、線維が付かない素材の布巾でよく拭き取っておくことが大事です。

水垢は鏡に水が付着して乾くと、ウロコ状になるのでジフでお手入れをした後は、しっかりと乾拭きをするようにしましょう。

定期的にお手入れをすることで、少しずつきれいになります。

ステンレスの水垢はジフで落とす方法

クリームクレンザーのジフは、研磨剤が入っていますが、傷が付きにくいのでステンレス製の蛇口やシンクなどのキッチン周辺の掃除に向いています。

ジフは安価で購入できるので、キッチン用の商品を選んで購入するのがお勧めです。

蛇口やシンクなどは毎日使用するので、水が掛かった部分が乾くと水垢が付いてしまうので、定期的にお手入れをしましょう。

蛇口は水垢が付きやすい部分ですが、定期的にジフでお手入れをすると、ぴかぴかになります。

スポンサーリンク

スポンジや雑巾などに適量のジフを取り、蛇口のサイド、手前部分などを丁寧に磨くのがポイントです。

力を入れなくても汚れが落ちるので、濡れた雑巾で拭いてから、乾いた雑巾で丁寧に乾拭きをするときれいになります。

シンクは洗い物をする時、お米を研ぐ時、野菜を洗う時などに使用しますが、水垢が付着すると不潔な印象になってしまいます。

スポンジをラップで巻いてから、ジフを付けることで傷が付きにくくなります。

シンク全体にジフを使って、優しく丁寧に磨いておくと汚れや水垢が落としやすいです。

水垢が落ちにくい場合は、しばらく放置をしてから濡れた雑巾で拭き取り、水をしっかり流しておくと良いでしょう。

シンクのお掃除のコツは、ジフで磨いた後に乾いた雑巾、マイクロファイバークロスなどでしっかりと乾拭きをすることです。

ジフは安全性に優れており、汚れを浮かして削り取る効果があるので、キッチンの蛇口、シンクなどの水垢取りに向いています。

ジフで水垢が落ちないときの対処法

水道水にはミネラル成分が含んでいるので、キッチンのシンクや蛇口、浴槽などに水垢が付着しやすくなります。

水垢は放置をしておくと頑固な汚れになってしまい、クエン酸や重曹、クリームクレンザーのジフでも落とすのが難しくなります。

ジフを使っても水垢がなかなか取れない場合は、何度か繰り返してジフを使ってお手入れをすることで、水垢が落ちやすいです。

クリームクレンザーのジフを使っても、水垢や汚れが落ちない場合は、酸素系漂白剤を使って付け置きをするのがお勧めです。

酸素系漂白剤は粉末状になっており、60度ぐらいのお湯に溶かして使用します。

シンクや浴槽などに栓をしますが、少しずつ水が抜けてしまうのでラップなどを巻いてから、栓をすると良いでしょう。

酸素系漂白剤の量はシンクと浴槽などによっても、多少は変わってくるので表示通りに計量をすることが大事です。

浴槽やシンクなどにお湯を張り、酸素系漂白剤を2時間から4時間程度付け置きをすることで、水垢や汚れなどが落ちやすくなります。

クリームクレンザーのジフは、研磨剤が入っていますが、傷が付きにくく人気が高いので、軽い程度の汚れや水垢は落としやすいです。

水垢が落ちにくい場合は、酸素系漂白剤を使って付け置きをすることで、汚れや水垢が浮き上がってきて落ちやすくなります。

汚れや水垢が大分落ちている場合は、クリームクレンザーのジフを使って磨いておくことできれいになります。

年末の大掃除で労力をあまり使いたくない人にお勧めです。

まとめ

クリームクレンザーのジフは、研磨剤が入っているので汚れや水垢を浮かして、削り取ることができます。

浴室の鏡、キッチンの蛇口、シンクなどの水垢を取るのに、適しているので常備しておくと良いでしょう。

ジフは台所用、浴室用などの商品が販売されているので、用途に応じた商品を購入しておくことが大事です。

濡れた雑巾、スポンジ、マイクロファイバークロスなどを用意しておきましょう。

ジフを使っても水垢が落ちにくい場合は、酸素系漂白剤で浸け置きをすることで落ちやすくなります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました