ナノケアeh-na9gとeh-na0gの違いを比較!価格や口コミ・型落ち品の性能を徹底解説

美容

ナノケアシリーズは、パナソニックが生み出したへアドライアーの中で高性能なヘアードライアーで旧シリーズと新型シリーズであるeh-na9gとeh-na0gについてはそれぞれ異なる性質を持ちますので両者の違いについて解説をしていきたいと思います。

なお、eh-na9gとeh-na0gの両者のシリーズを比較するに際して、両者は旧シリーズの上位互換品であるという方向で解説をしていき両者の違いについて解説をしていきます。

なので、旧シリーズとは異なる機能が新しく付与されていますという方向で解説をしていきますので、旧シリーズにはなかった機能とはどのようなものであるかを解説していき両者の違いについて解説をしていきたいと思います。

ナノケアeh-na9gとeh-na0の価格の比較


スポンサーリンク
eh-na9gとeh-na0gについては、価格帯で比較をした場合、eh-na0gのほうが高額で、一万円ほど高く、3万円当たりが相場となります。

そして、eh-na9gは逆に、eh-na0gと比較した場合、一万円ほど安い価格で販売されていて、2万円が相場となります。

そのうえで、両者はオープン価格であるという方向から比較しますと、両者ともに同じ2021年9月1日に発売された商品です。

このことから、eh-na0g側は、旧シリーズの上位版に当たり、ehna-9gについては、旧シリーズの価格安定版という位置に当たる商品で機能強化こそされていますが特段機能が強化されていないです。

なので、お値段と高性能さにおいては、eh-na0g側が高性能であり、高性能な分1万円ほどお値段が高く設定されています。

ちなみにですが、eh-na9gは、旧シリーズの価格安定版ですが、機能強化が施されていて旧シリーズのナノイー技術をさらに改良してスカルプケアモードを搭載して安価にしたモデルがこのモデルです。

なのでeh-na9gは、廉価版の実質旧モデルなんですが、技術革新という方向性においてお値段を抑えた価版がeh-na9gに当たります。

一方eh-na0gは、旧シリーズの高性能化を図り、よりナノイーによる水分を髪の毛に蓄えさせる機能を強化して、かつ温風の発生量を安定させ、大容量の温風を発生させても気流が乱れずに大容量の温風で髪を乾かせるように内部構造を見直すなどをしています。

だから、eh-na0g側のほうがお値段が高いというのは旧シリーズのナノケアシリーズの上位版であるがゆえで旧シリーズのナノイー技術ををさらに発展させ水分を髪の毛に蓄えさせる技術が2倍に強化されたうえで温風の量が倍になっても気流が安定していて髪の毛を即座に乾かせるという技術革新によってお値段が1万円ほど高いというわけですね。

ナノケアeh-na9gとeh-na0の口コミはそれぞれどう?

ナノケアeh-na9gとna0gについては、両者旧シリーズと比較した場合、軽量で軽いという声があります。

それもそのはずで、旧シリーズにおいては、EH5441シリーズがおおよそ600グラムで新シリーズはそこから100グラム計量して500グラム当たりの重量になりますので、旧シリーズをお持ちの方からすれば両シリーズは軽量です。

両者においてはやはり、旧シリーズと比較した場合、お値段という方向性においてお得だという意見があり、eh-na9gは旧シリーズの廉価版ながら2万円無いで購入でき、スカルプモードという頭皮をケアするモードがあることから高い評価があります。

ただし、スカルプモード自体は別に必要ない機能でどちらかと言うと乾燥機能とか髪の毛の水分量の維持をする機能のほうが重要で髪の毛が縮れることがないという機能のほうが両者ともに好評です。

スポンサーリンク

その中でも、高い評価を得ているのが、旧シリーズの発展型であるna0gシリーズでこちらはターボ機能および、髪の毛が縮れることがないナノイー機能の強化という方向でかなり高いレビューを得ていて旧シリーズはターボモードがない上で0gシリーズは高速で髪の毛を乾かしても髪の毛が縮まらない上、超高速で髪の毛を乾かしても髪の毛が痛まないのはすごいという方向から高い評価を得ています。

しかも、高速ターボモードで乾燥をしようとした際、気になる点になりえる問題として動作音が気になるのではないかという不安があったらしいんですが、動作音も静かであることからna0gは一万円ほどお高い金額になりますが満足度が高く、時間をかけずにヘアーセットをするのであればこちらを購入したほうがいいですという口コミもありました。

以上から、na9gとna0gに関しては、両者ともに好評で、旧シリーズの廉価版であるna9gについてはお値段という方向性と機能面が旧式より強化されている点、na0gにおいては、旧式よりもはるかにポテンシャルがかなり高くなっている点で満足度が高いです。

ナノケアeh-na9gとeh-na0の型落ち品の性能はどう?

ナノケアeh-na9gとeh-na0の型落ち品の性能ですが、eh5441がおそらくもっとも型落ちの製品でこちらの製品の性能ですが、旧シリーズゆえ残念ながら高性能であると言えません。

まず、動作音が問題で旧シリーズは騒音だといえるくらい動作音がうるさいため、na0gと比較した場合、動作音で問題があると言われています。

そして、重量、個々が問題で100グラムの重さの違いは大きく旧シリーズはかなり重いという意見があります。

後、eh5441については持ち手が難点だという意見があり、持ち手よりもドライヤーヘッド部分が重いため、アンバランスでものすごく手が疲れるというシビアな意見があります。

逆に、na9gとna0gはその部分を解決していて持ち手が同じデザインなんですが、重量バランスが考えられていて手が疲れないという方向でna0gとna9gは持ちやすさにおいて好評でした。

ただし、旧式については利点もありまして、乾燥速度においてはターボモードがないのでna0gに及びませんがna9gと同じ乾燥力な上、髪の毛が縮れないという方向性においては同じで、お値段という方向性でお得だという意見があります。

特に旧シリーズのeh5441は、おおよそ1万と5千円程度あれば商品が購入できるという方向性からお値段という方向性においてはお得だったという意見があります。

以上から判断しますと、ナノケアeh-na9gとeh-na0の型落ち品の性能については、旧製品は重量が重い点がネックである、動作音がうるさすぎるという点がネックであるとされています。

ですが、反面にお値段という方向性で一番安価だという点が旧製品の利点ですが毎日使用するとなりますと、持ちやすさや重量の重さについてはおそらく欠点であるため、旧シリーズについてはお値段で性能について目をつぶるという方向になると予想します。

よって、旧型を購入するメリットについては、毛が縮れないドライヤーが欲しい場合とお値段という方向でお値段が安いという方向性において旧型を購入するメリットがあります。

まとめ

ナノケアeh-na9gとeh-na0については、旧シリーズの価格安定版である廉価版がna9gになりスカルプモードという温風を調整したりするモードが搭載されていて頭皮を保護する機能などが組み込まれていても安価だという点が利点でしょう。

一方、0gシリーズは、高性能化が図られていて、ナノイーの髪の毛に水分を蓄えるという機能が強化されていてより髪の毛が痛まないという特徴の他急速に髪を乾燥させても髪の毛が痛まないなど高性能化を施されていて、お値段も、9gと比較すると一万円ほど高いという点で旧ナノケアシリーズを高性能化した商品となります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました