おむつ用ゴミ箱でおすすめは?【2021年】密閉で臭わない衝撃の防臭力

生活雑貨

最近では、使い捨ておむつ専用のゴミ箱を設置するのは、けっこう一般的になりましたよね。

今では、使い捨ておむつ専用のゴミ箱まで販売されています。

ところで、どうして専用のゴミ箱を設置するのでしょうか。

やはり、気になるのは「臭い」ですよね。

最近では、おむつ専用のゴミ箱を設置するご家庭もかなり多いと思います。

今回は、おむつ専用の臭わないゴミ箱についてみていきたいと思います。

 

おむつ用ゴミ箱おすすめランキング!これがあれば臭わない【2021年】


スポンサーリンク
さて、いざおむつ専用のゴミ箱を購入しようと思ったあなた。

優先項目は何でしょうか。

私は、間違いなく、徹底して「防臭」してくれるものを選びます。

中には、デザイン性を重視する方、収容量を重視する方、色々いらっしゃると思います。

個人的には、おむつ用ゴミ箱を購入する理由は、何よりも臭いを軽減さえたいからです。

コストパフォーマンスはその性能との兼ね合いで気にしますが、それ以外のデザイン性や、収納力といったものは、検討する際に重要要素には入っていないです。

総合的に、検討の要素には入ってくるかもしれませんが、決め手にはならないということです。

ただ、新生児や乳児が家にいる場合、デザイン性というか、角がないようなデザインを選ぶか、転倒して打ちつけても大きなけがにならないような素材を選ぶとは思います。

あくまで私の個人的なニーズはこのような感じです。

この私自身にあった、おむつ用ゴミ箱を独断でランク付けをしてみました。

題して、「2021年私が買うならコレ!」です。

一般的には、何を重要視するかによってランキングは色々あると思います。

ですので、今回は私自身のニーズにあったものを2021年今買うならという前提でランキングをご紹介します。

ちなみに、効果などは私自身が実際検証したわけではありませんが、検証結果の数値などを徹底的に調べ上げ、それをもとに検討しております。

第1位 T-WORLD(ティーワールド)消臭ペール

これは、私が今買うなら間違いなくこれを買うという商品です。

理由は、防臭効果です。

外フタの中に、まだ中フタがあります。

そして、その中フタは、内側へ押し込む形に開くようになっているため、臭いが外側に漏れにくいのです。

さらに、フタの開閉部分には3つのゴムパッキンが使用されており、徹底的に臭いを防ぐ仕組みになっています。

また、外フタの内側には、消臭剤を収納できるような作りになっています。

「臭い」に徹底的にこだわった造りになっています。

この商品はカートリッジ式ではありませんので、かなり経済的です。

おむつを受けるボックス内には、レジ袋の持ち手がかけられるように、フックも付いています。

容量ですが、だいたい赤ちゃん用のおむつで20枚程度大人用で5~6枚とのことです。

大人用のおむつにも、対応しているようですね。

赤ちゃんの場合、1日に20枚使わないこともあると思いますので、毎日袋は取り換えなくて済むという感じですね。

防臭効果に徹底的にこだわったこの商品ですが、なんと、お値段が2,000円前後です。

どこで購入するかによって、お値段は多少異なりますが、これほどの防臭有効果があるゴミ箱なら10,000円ほどするものがほとんどです。

防臭効果とお値段だけで、私は間違いなくこれを買います。

個人的には、文句なしの1位です。

第2位 ピジョン ステール

こちらは、何より使い勝手の良さです。

ゴミ箱の造りが独特の造りとなっています。

こちらは、ゴミ箱の外フタ自体が大きく窪んでいます。

そこに、おむつを入れて、ゴミ箱の外フタが回転する仕組みになっていますので、蓋の取手を回転させて使用後のおむつをゴミ箱へ落とす仕掛けになっています。

回転式のため、捨てる時の臭い漏れも問題ありません。

片手しか使えない時でも、サクッとゴミ箱へ捨てられて便利です。

そして、こちらもまた、密閉構造で防臭効果にこだわっています。

さらに、カートリッジ式ではない為、その後の維持費もかかりません。

ちなみに、販売価格ですが、こちらもだいたい4,000円前後と、販売元によっては多少異なりますが、そこまで値が張るものでもありません。

デザイン性も、全体的に丸く赤ちゃんに優しい造りとなっています。

だいたい赤ちゃん用のおむつで、12枚ほど収容が可能です。

第3位 リトルプリンセス Primanovaスタイリッシュ

こちらは、上位2つよりかなり値が張る商品です。

10,000円超えの商品です。

しかし、その金額を出してでも、こちらの防臭効果を求める価値はあると個人的に思っています。

また、インテリアとしても、おむつ用ゴミ箱!とは、一見わからないほどオシャレでスタイリッシュです。

デザイン性は気にしないと申した私ですが、とは言え防臭効果が徹底していて、更にオシャレにみえるなら、それに越したことはありませんよね。

密閉時や開閉時の防臭効果はもちろんですが、使用後のおむつからの臭い移りも最低限で済むそうです。

これは、また嬉しいですね。

「臭わない」に徹底的にこだわった一品ですね。

こちらもカートリッジ式ではありませんので、本体を購入すれば、その後の経費はかかりません。

おむつの収容量は、赤ちゃん用で約40枚とのことです。

数日は取り換えなくても大丈夫そうですね。

以上、自分なら購入するであろう、「2021年私が買うならコレ!」ランキングでした。

おむつ用ゴミ箱で臭わないカートリッジ式も人気!


先のランキングでも、カートリッジ式ではない等のお話しを致しましたが、おむつ用のゴミ箱をお探しのあなたはカートリッジが何かはもうご存じですよね。

スポンサーリンク

近年になって、カートリッジ式というものが出てきたように思います。

衛生面や防臭面から、使用後のおむつを捨てる際に、カートリッジ式で専用のポリ袋でくるんで捨ててくれる、というものが人気ですよね。

そして、実際ポリ袋でくるまれた使用後のおむつは、ほとんど臭わないのです。

こちらのメリットは、毎回おむつが専用のポリ袋でくるまれることで、気密性が高く防臭効果も増しますし、ゴミ箱への臭い移りも減らすことができます。

そして、何より衛生的ですね。それが人気の理由かと思います。

ただし、お使いになったことがある方はお分かりかもしれませんが、ネックになるのが、維持費ですよね。

1日に10回くらいはおむつ交換しますよね。

最低10回としても、それが数年は続くわけですから、維持費がかかります。

おむつ用ゴミ箱も、カートリッジ式のものとそうでないものがあります。

そうでないものは、ただ本体を購入して使用すればよいのですが、カートリッジ式は、専用のカートリッジを付けなければなりません。

もちろん、カートリッジを使い切ってしまったら、新しいカートリッジに取り換えないといけません。

こういったことを総合的に考えると、個人的には防臭効果の高い、カートリッジ式ではないゴミ箱が、一番使い勝手がよいのではないのかなと思います。

個人的にはそのように思いますが、それぞれの生活スタイルで、特に衛生面に配慮される場合は、このカートリッジ式はおススメです。

使い捨ての上、おむつ用ゴミ箱から万が一こぼれ落ちることがあっても、フローリングなどを汚しません。

カートリッジ式には、上記の通りメリットデメリットがあります。

特に費用面については、よくお調べになったうえで、おむつ用ゴミ箱を選ぶ要素の一つとして検討されてみてください。

おむつ用ゴミ箱でカートリッジ不要タイプもある!


さて、カートリッジ不要タイプですが、上記、私の「2021年私が買うならコレ!」ランキングにランクインしている商品は、すべてカートリッジ不要のゴミ箱です。

おむつ専用のゴミ箱は、大きくカートリッジ式かそうでないものに分かれます。

カートリッジ式の場合は、何より衛生的なのが売りだと思います。

カートリッジ式で使用後のおむつが、専用のポリ袋にくるまれることによって、防臭効果ももちろんあります。

ただ、防臭効果に関してはゴミ箱本体の造り次第で、防臭効果を最大限に発揮できると個人的に思っています。

よって、私はカートリッジ不要のゴミ箱を選ぶ派です。

近年のモノづくりの技術は素晴らしいです。

大量のデータをもとに、または素材にもこだわり、いかにすれば、防臭効果が期待できるか。

日々良い物に改良されていると思います。

カートリッジ式も、もしかしたら、防臭効果が今のおむつ用ゴミ箱ほどない時代には非常に有意義なものだったに違いありません。

しかし、今はカートリッジ式のゴミ箱と遜色ない防臭効果のある、カートリッジ不要のゴミ箱がたくさん販売されています。

カートリッジが不要で、ゴミ箱自体の防臭効果が非常に高いものは、その後、継続的にカートリッジという消耗品を購入しなくて済むわけですから、非常に経済的です。

万が一、カートリッジを切らしたらという心配も不要です。

あくまで個人的な意見ですが、そう考えると、やはり少し高くても、専用のカートリッジが不要の防臭効果の高いゴミ箱を選ぶのが一番経済的で主婦の見方なのかな、と思います。

そういう意味でもランキング1位の「消臭ペール」、これはやっぱりオススメです。

高い商品が良いのは期待通りですよね。

普通に考えれば、その金額を払うのであれば、それなりの商品であって当たり前、と思いますよね。

すごく機能性があって良い商品が、そこまで高価ではなく、手ごろなお値段で買えるのが、人気を集めるのだと思っています。

いわゆるコスパが良い、ということですよね。

そういう意味でも、非常にコスパが良いです。

そして、臭わない為の防臭効果としても、充分な仕事をしてくれそうです。

最近では、専用のカートリッジではなくとも、使用後のおむつ用のポリ袋が別途販売されています。

カートリッジ式ではないゴミ箱を設置していても、衛生面や、更に防臭対策をしたい場合。

こういった、カートリッジ式ではない、ただの使用後のおむつに、専用のポリ袋を使用するのも、臭い対策になると思います。

これは、カートリッジ式と異なり、特に決められたゴミ箱用でもありませんし、気になった時だけ使用するというのでも良いと思います。

外出先や他所のお宅にお邪魔した時にだけ使用するといった、使い方もあると思います。

カートリッジ式のゴミ箱でなくとも、こういったものを併用すれば、経済的に臭わないように対策ができると思います。

まとめ

おむつ専用のゴミ箱についてみてきました。

いかがでしたでしょうか。

個人的な独断と偏見でお話しした部分もありますが、参考にして頂けたら幸いです。

お部屋の臭い対策には、もちろん臭いの元となるものの臭いをシャットアウトするのが一番です。

特に、おむつのような排せつ物の臭いは、臭いがきついですので、防臭消臭対策は必須です。

上記本文ではあまり触れておりませんが、臭い移りも気になるところです。

布製品は、かなり臭い移りしやすいですので、そういったものには、除菌消臭対策が欠かせません。

ゴミ箱をどれにするかというのももちろん大切ですが、防臭効果の高いゴミ箱を購入したら、それで安心せずに、ゴミ箱をキレイに保つなどの掃除も必要ですよね。

その付近への付着や臭いうつりなど、フローリングが汚れたら、消臭効果のある洗剤などで掃除をすることも大切です。

プラスアルファでこういった対策もして頂くと、よりいっそう臭わない空間づくりになるのではないかと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました