サロン用カラー剤でセルフカラーする方法!カラー剤のオススメ商品も紹介

美容

サロン用の業務用カラーリング剤でセルフカラーを行う方法について解説をいたします。

業務用カラーリング剤は、扱い方が重要でして扱いを誤ると髪の毛を傷めたり、地肌にダメージを与えたりと散々の結果になってしまいます。

よって、必要な道具というものがありまして、どのような道具が必要なのか、どのようなことを守れば安全であるかについて解説をしていきます。

特に、注意すべく点は、分量をしっかりと計測することにあり、セルフカラーの中には目分量で、量を抽出するということを許さないカラーリング剤もあり、グラム当たりの重量をきっちり計測してどちらの値も同じグラム数でならないといけないものもあります。

そうしたきちんと守らないと危険だよという部分についても解説をしていきます。

サロン用カラー剤で変身!セルフカラー時には量に注意!

サロン用カラーリング剤を使用してセルフカラーを行う場合、量が重要になります。

なので、原則においては、デジタルのスケールを購入してカラーリング剤の容量をきちんと計測することがとても重要です。

特にA剤とB剤を混ぜるというタイプにおいては、領主の溶剤の容量が均一でないといけないものもあれば、2:1という割合で混合しなければならないカラーリング剤もありますので、混ぜ合わせて使用するカラーリング剤については、分量を正確に測ることがとても重要です。

分量を守らないとどうなるかについて解説しますが、分量を守らずに、適当に溶剤を配合した場合、髪の毛を染め上げる顔料が髪に定着しません。

または、肌荒れの原因などにもなるので分量はかなり正確に測る必要性があるのです。

なお、髪の毛を化学変化によって色を変えるというものの場合、顔料の容量をきちんと計測していかないと色の化学変化が通常と異なる変化になるので、カラーリング剤のサンプルと全く異なる髪色になるので絶対に注意しましょう。

そのうえで、カラーリング剤をあえてケチった場合にはどうなるかですが、これは十分にカラーリング剤を髪の毛すべてに行き渡らせることができなくなりますので、染まる部分と染まらない部分が生まれてしまったり、化学変化で髪の毛の色を変化できる場所とそうではない場所が生まれるので、絶対にカラーリング剤は、正確に必要なだけを配合し、一般人の紙を染め上げる分量だけを正確に測るのが重要です。

サロン用カラー剤で変身!セルフで白髪染めする方法

セルフで白髪染めをする方法については、業務用白髪染め剤を使用するという方法があります。

これは、顔料で染めるタイプで、黒い顔料と接着剤を合わせて髪の毛に付着させて髪の毛を染め上げようという方法です。

化学変化を用いずに髪の毛をハケブラシのようなもので丁寧に染め上げていくという方法なので、髪の毛だけを染め上げることができますが、自分一人でする場合、髪の毛だけを掬い取り、ハケブラシで染め上げるということが難しい可能性が高いです。

スポンサーリンク

つまり髪の毛が長くなれば長くなるだけ、染め上げに関してハケブラシで丁寧に染め上げるわけですから、ショートヘアの人と比べた場合、白髪染めで使用する薬剤の調合の量を多くする必要がある点と後から調合剤を再調合という流れにできない点です。

なので、ぶっつけ本番という形で染め上げを行う可能性が高くなるので、薬剤が足りない場合、中途半端な染め上げになってしまうという問題があります。

基本的には、

  1. Aという薬剤とBという薬剤を混ぜてヘアーマニキュアを作る
    ※正確に薬剤の割合を説明書通りに計測する
  2. ハケブラシで塗って髪の毛を染め上げる
  3. シャワーで必要以上につきすぎたマニュキュアを取る

という流れで白髪染めを完了とします。

サロン用カラー剤のおすすめ商品一覧

有名なカラーリング剤であれば、カラフルな色合いを出す、例えば赤色とか青色のようにカラフルな色を出すのであれば、ベネトンのヘアーカラーが有名です。

ベネトンのヘアーカラー

ベネトンの売りは、カラーリング剤を調合しないでもよいという点です。

スプレー缶から薬剤が噴出し、髪の毛に塗布することで定着するというとても簡単なつくりをしていて、とてもカラフルなカラーリングがある有名なカラーリング剤です。

この商品の利点は、サロンでも使用している点と、通常の白髪染めや、カラーリング剤では考えられないほど色鮮やかなカラーバリエーションがある点です。

反面にカラーリングのバリエーションは多いのですが、問題においては、扱いが難しい点と、有名企業ゆえ、お値段というものが高く設定されている点で入手が難しくもあります。

ミルボン オルディーブボーテ オキシダン

次にお勧めするのは、ミルボン オルディーブボーテ オキシダンで2液を混ぜ合わせて使用するタイプで、化学変化によって髪の毛を染めるというタイプです。

この商品の利点は、業務用なので容量が多く、扱いに関しては、説明書があり、説明書を守り分量を調製することができれば、何回か個人の髪の毛を染め上げることができるという点です。

しかもお値段もそれほど高額ではなく、複数回髪を染めることができるので経済的です。

ただ、難点としては、ハケブラシとか、調合用の計量カップに計量機器をそろえる必要性がある点が難点でベネトンのように初めから向こうが調合してくれていないので調合に失敗するというリスクもあります。

まとめ

サロン用カラーは、カラーリング剤を配合するものもあれば、単独ですぐにでも使用できるものもあります。

なので、すぐにでも使用できるものであれば、ベネトン社のように即座に髪に付着させハケブラシで伸ばしてから、マニュキュアを落とすという流れでよいでしょう。

そうではないカラーリング剤の場合、薬剤を調合という流れになるので調合用のボトルのほか、軽量機器を取り揃えて自ら計量して調合しヘアマニュキュアを作り自己の髪を染め上げるとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました