シロカの食洗機の口コミ評価!最適な置き場所や洗剤を紹介

生活

シロカの食洗器を使用するうえで最適な場所について解説をしていきます。

シロカの食洗器は、軽い物ですと、大体0.5キログラムと超軽量で重い物であれば、最大21キログラムの重さになります。

そのため、食洗器を載せるためには、最大で21キロの重さに耐えることができる平坦な台の上である必要があります。

そして、重要なのは、シロカの食洗器に使用する洗剤はどのようなものが良いのかという点についても解説をしていきます。

特に洗剤については、シロカの場合、台所用の洗剤を使用するとつまりの原因になるので、食器洗い機専用洗剤でなければならないという決まりがあります。

この決まりを守らないと故障の原因になるので、シロカでは、食器洗い機専用の洗剤を使用することが重要となります。

シロカの食洗機の口コミから最適な置き場所はどこ?


スポンサーリンク
シロカの食洗機の口コミから最適な場所を判断しますと、壁が薄いエリアでは使用するのは望ましくないという声があります。

というのも、シロカの食洗器は、小型タイプ、大型タイプいずれも動作音がうるさく壁が薄いキッチンで使用した場合、音が反響したり、よその家に響くという欠点が挙げられていて近所迷惑になりそうで怖いという意見があります。

なので、まず、壁が薄いエリアでは使用しないというのが望ましいです。

そして次に重要なのは、台の上が水平であることが重要で、水平ではない場合、食洗器が振動をした際、きちんと食洗器自体が踏ん張っておらず、音が響くという問題があるので、置く台の上が水平であることが重要だという意見があります。

そして、絶対に重要であるというポイントは、口コミにおいては、台の対荷重量を超えた台の上にシロカの食洗器を置かないということです。

これを守らないと台がシロカの食洗器の重みに対して耐えられなくなり、台が先に陥没し、最悪食洗器が壊れるという意見もありました。

台が木の場合も注意が必要です。

木製の場合、水でぬれてしまうと防腐処理をしていない木材の調理台とか、棚であるとカビが発生したり、腐敗して台自体が脆くなり、最悪食洗器の重さに耐えることができなくなり、台がつぶれるという事態が起きるので、台が木製ある場合注意が必要です。

なお金属の場合、すぐに錆びることはありませんので安心なんですが、金属も金属でさびがひどくなると台が食洗器を支えることができなくなるので注意です。

シロカの食洗機に合う洗剤はどれ?

シロアの食洗器に合う潜在ですが、食器洗い機用の洗剤であれば、どれでも使用できます。

逆に、普通の家庭用の食器洗い用の洗剤はNGで、こちらを使用した場合、つまりの原因になったりするので使用してはいけません。

と言いますのも、家庭用の普通の洗剤は、中性洗剤なんですが泡立ちを重視した洗剤なので、食洗器では使用できません。

スポンサーリンク

これを無理に使用した場合、泡が洗剤を噴出する機構をふさぐので故障の原因になるのです。

よって、シロカでは、台所用の家庭用洗剤ではなく、食洗器用の洗剤で泡が出ない潜在であれば、どれでも使用できます。

シロカの場合は、ジェルタイプの洗剤が良いと言われていています。

その理由は、投入後にきれいに洗剤が分解されることと洗剤残りが発生しないというメリットから詰まって食洗器が壊れるという問題がないという点がシロカに合うと言われています。

逆に、シロカでは、粉末タイプの食洗器は、うまく溶けないという理由のほか、詰まってしまうという問題があるらしく、お勧めであると言われていません。

タブレットタイプについては、安価ではないので使うのはもったいないかなという意見がありまして、ジェルタイプのほうが安価なのでよいのではないかという声があります。

ただし、タブレットタイプは、扱いがものすごく簡単で手が汚れる心配もないことから人気がある洗剤でもあるので、ジェルか、タブレットのどちらかを利用すれば、問題なく、シロカの食洗器に合う洗剤として使用できるでしょう。

シロカの食洗機は故障しやすい?

シロカの食洗器は故障しやすいの?という問題ですが、この問題はスタートボタンに問題があると言われていています。

スタートボタンのスイッチがあまりにもお粗末であり、内部の基盤に張り付けているスイッチが簡単に消耗し壊れることで使用できなくなったという声が多いです。

この問題については、スイッチ部分の耐久度が低く、それ以外は元気に動くんですが、スイッチが動作しなくなり、最終的に動かなくなったという意見が多いです。

そのため、自分で分解できる人の中には、スイッチ部分を見直して作り替えたら壊れなくなったという声がありますが、故障しやすいというのはどうにも本当の様で、スイッチとかボタン系が弱いという声が大きいです。

そして、大型のシロカの食洗器の場合、液晶ディスプレイとボタンが反応しなくなるという問題があり、熱によって壊れたという修理の報告がありましたので熱によって故障しやすいという意見があります。

まとめますと、シロカの食洗器は故障しやすいといえます。

その理由はスタートボタンとか、様々なボタンの作りが安価で耐久性が低いこと、そして食洗器は熱を出して熱を利用して洗剤を溶かす使用上熱に強くないといけないのですが、熱に弱いがゆえ、簡単にディスプレイが故障し、熱でスタートボタンなども壊れるという問題があります。

この問題については、ありえる話で、ゲーム機なんかでもスタートボタンのボタンの部品を安価にしたことで耐久性が落ち、コマンド入力を受け付けなくなったコントローラーがありますのでそれと同じ問題をシロカの食洗器は抱えているというのが結論です。

まとめ

シロカの食洗器については、最大で21キロになるのでまずその重さに耐える代が必要で、騒音の対策も必要でしょう。

そのうえで、シロカは、動作音が大きいので振動対策も必要になります。

シロカの食洗器の洗剤については、食洗器用であれば、どれでも使用できるので好きな洗剤メーカーの者をチョイスでよいでしょう。

そして、故障につきましては、熱で故障してしまう点、ボタンの耐久性が低すぎてボタンが先に壊れ反応しなくなる点が挙げられているので耐久性については難ありで故障しやすいといえます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました