久しぶりに着る服が臭い!大切な服の嫌な臭いを徹底リセット法ご紹介!

掃除

年2回の衣替え、面倒ですよね。

ただでさえ時間と手間がかかるのに取り出した服が臭い!ということ、ありませんか?

臭いの原因は雑菌、汗や皮脂の残り、最後に洗濯した時の洗剤の残りかすなどが考えられます。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

服にカビが発生していたら捨てましょう。

カビがない場合は、陰干しをしましょう。

あまり臭くない場合も、陰干しをして様子を見ましょう。

少しの臭いであればスチームアイロンをかけると取れるかもしれません。

それでも落ちなければ再度洗濯してください。

この時に酸素系の漂白剤につけ置きしてから洗うとより強力な臭い消し効果が期待できます。

今回は服の嫌な臭いを消す方法を調べました。

衣替えの時に参考にされてください。

しまいっぱなしの服が臭うのはなんで?原因を徹底解説!

スポンサーリンク

久しぶりに取り出した服が臭い主な原因は、

  • 完全に乾かないまましまった
  • 服に汗や皮脂の汚れが残ったまましまった
  • 洗剤のカスが服に残ってしまった

ありがちな原因ですね。

特に乾かないまましまった場合、服にカビが生えていることもあるので要注意です。

少量の水分でもカビや雑菌は繁殖してしまいます。

しまう前にきちんと乾かすことが重要です。

もしカビがあったら、落とせるだけ落としてみましょう。

それでもしつこく残っていたら、残念ですが捨ててください。

臭いがキツくなくても、カビは増えてしまうので衛生的に問題があります。

カビはないけれどちょっと臭う、という場合はまずは陰干しをしましょう。

嫌な臭いが強くなければ、この方法で落ちるかもしれせん。

除菌作用のある消臭スプレーをかけてから干すとより効果が期待できるかもしれません。

陰干しをしても消えなかった場合、すぐ着たい、という場合はスチームアイロンをかけてみましょう。

熱がカビなどの雑菌やタンパク質の汚れを消してくれます。

服によってはスチームアイロンを使えない場合もあるので、使う前に確認してくださいね。

スチームアイロンがなくても、入浴後の浴室に干しておくという方法もあります。

入浴後は多湿なので、この湿気が服の臭いを蒸発させてくれます。

その結果、臭いが消えるのです。

ただし、長時間干しっぱなしはNGです。

30分ぐらいで風通しの良い場所に移して陰干しをしましょう。

スチームアイロンよりは効果が弱いので、臭いがきついかな、と思った時は洗濯しましょう。

洗い直す場合は洗う前に酸素系漂白剤につけ置きしておくと、より効果が期待できます。

そのほかの原因としては、防虫剤の臭いが移った場合です。

特に安い防虫剤に注意しましょう。

出した時の臭いが強いことが多いので洗い直しが必要になるようです。

防虫剤を入れたケースに収納した服は全部洗い直すと思ったほうがいいかもしれません。

収納する時は無臭の防虫剤を使いましょう。

久しぶりに着る服って普通に洗うだけでいいの?おすすめの洗濯方法をご紹介!

衣替えなどで久しぶりに取り出した服。

必ず着る前に洗わないといけないのでしょうか?

カビも臭いもなく、しまう前に洗ってしっかり乾かしてからしまった場合、基本的に着る前の洗濯はしなくてもいいようです。

1日か2日、風通しのよい場所で陰干しをするだけで十分のようですよ。

直射日光は避けてくださいね。

カビもなく嫌な臭いもしない場合でも、洗濯しないで着たら痒くなったというケースがまあるようです。

これはダニやハウスダスト、カビが原因と言われています。

スポンサーリンク

着る前に洗うかどうかは個人の考え方次第とも言えます。

原因がダニの場合、洗うだけでは効果がないかもしれません。

乾燥機があれば、60度以上に設定して乾燥させましょう。

洗濯方法は素材・服別によって変わります。

ニットやマフラー、ストールなどのニット製品。

普通に洗濯機に入れてしまうと縮んだり型が崩れたりしてしまうことも。

洗剤はおしゃれ着用洗剤を使い、洗濯機の「おしゃれ着コース」を選びます。

高価なものであれば手洗いのほうがおすすめです。

久しぶりに出した服についたシワ、気になりますよね。

洗濯をすればシワは取れますが、ニットなどのデリケートな素材をシワとりのために洗濯することはおすすめできません。

何も気にせず洗える素材のものであればシワを取るための洗濯はした方がいいかもしれません。

アクリルや綿素材は手洗いコースかドライで洗えます。

ウールは手洗いです。

普通に洗濯する場合でも、お湯で洗うようにしましょう。

40度以上でないと汚れや臭いは落とせないようです。

あまり高温すぎても服の素材を傷めてしまうだけなので、やりすぎ注意です。

洗う前に確認しましょう。

残り湯を使って洗う人も多いと思われますがすすぎに使うことはやめましょう。

翌日の残り湯には雑菌が増えています。

残り湯を使いたいのであれば、入浴直後にしましょう。

何度洗っても臭い!という方必見!服の臭いの原因は干し方かも?

洗濯しても取れない嫌な臭い。

それは雑菌の臭いです。

服に雑菌が残っている証拠です。

洗濯したのになぜ?と思われる人もいるでしょう。

何度洗っても臭いが取れない場合、いくつかの原因が考えられます。

皮脂や汗などのタンパク質の汚れ

洗濯しても残ってしまうことがあります。

服についた雑菌がタンパク質を分解することであの嫌な臭いがするのです。

黄ばみの原因にもなるので、取り出した時は確認しましょう。

濡れたまま放置

洗濯した後洗濯槽に入れっぱなしはやめましょう。

雑菌が繁殖して臭いの元になったり染み付いてしまったりします。

洗ったらすぐに乾燥させることが重要です。

半乾き

洗濯物が乾き切っていないと、残ったわずかな水分からでも雑菌が繁殖します。

完全に乾くまで扇風機で風を当てる、エアコンの除湿機能をつけるなどの対策をしましょう。

濡れていた時間が長かったり、きちんと乾いていないことが臭いの原因となることがほとんどです。

部屋干しは時間がかかるため、乾いているものと思い込みがち。

収納するときは要確認です。

服の素材にもよりますが高温で乾かせる乾燥機を使ったほうが無難かもしれません。

まとめ

衣替え時の服の臭いの原因、匂い消しの方法についてまとめました。

しまう前に洗濯をしても、乾き切らないまま収納してしまうと洗濯をした意味がなくなってしまいます。

次に取り出した時にカビが生えていたり嫌な臭いがしてしまうことで最悪、捨てることになるかもしれません。

洗濯も大事ですが、干し方の方がもっと大事です。

雑菌の性質上、湿った状態が長ければ長いほどどんどん増えていきます。

太陽の下で干すことはとても自然でエコではありますが、どうしても乾くまでに時間がかかってしまいます。

その点、乾燥機であればすぐに高温殺菌することができるので、雑菌の繁殖や嫌な臭い防止にもなるのです。

素材によっては乾燥機は使えませんが使えるものであればなるべく乾燥機を使った方が時短にもなります。

正しく収納することもカビや臭い防止になります。

防虫剤は服の上に置きましょう。

下に入れてしまうと、効果が薄れてしまいます。

服をぎゅうぎゅう押し込んでしまうと、これもまた防虫剤の効果が薄れます。

取り出しづらくなる原因にもなります。

ケースの中は余裕を持たせましょう。

絶対NGは段ボール箱に詰めることです。

段ボールはいろいろな害虫が好む素材として知られています。

衣服に卵などを産みつけられてしまうことも。

必ず衣類用の収納ケースを使いましょう。

衣替えの手間を簡単にするためにも、しまい方には気をつけたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました