マニパニの落とし方公開!手や壁など簡単スッキリさせる秘訣教えます

美容

ヘアカラーを楽しむ方に注目されている「マニパニ」ですが、カラーリングの際に染色液がうっかり髪以外に付いちゃった……なんてことありませんか?

気をつけながら染めていても、染めている途中に染色液がどうしても飛び散ってしまいますよね。

しかもマニパニはかなりビビッドな色合いのものもあるのでちゃんと落ちるか不安な方も多いと思います。

マニパニに興味はあるけど後処理が大変そう……とカラーリングを諦めていませんか?

今回はマニパニが付いた時の落とし方について箇所別にまとめてみました。

また、カラーリングをする前の事前準備についてもレクチャーさせていただきます!

もちろん落とし方の解説もさせていただきますが、簡単スッキリさせる秘訣はズバリ「事前準備」にあるんです。

マニパニが付いた時の落とし方【手】

まずは手に付いた時の落とし方ですが、カラーリング前の事前準備として必ずゴム手袋をつけるようにしましょう。

とくにネイルをされている方はネイルケアのためにも必ずゴム手袋をして手への付着を防いでください!

また、顔周りや耳などヘアカラーの際にどうしても付きやすい箇所には、事前にクレンジング効果のあるクリームやオイルを塗っておくと良いです。

こうした事前準備をすることで、万が一色が付いてしまった時でも比較的落ちやすくなるというわけですね。

さて、色が付いてしまった後の対応ですが、基本的にはメイク落としと同じ要領でクレンジングオイルを塗って落としていきましょう!

爪に付いてしまった場合は、リムーバーで対応する方もいるようです。

また、アルコールを使って落とす方法もあるようですが、肌が荒れてしまう可能性があるのでこちらはあくまで最終手段。

もしアルコールを使う場合は、必ず使用後にハンドクリームを塗って肌を保湿して肌荒れを防ぎましょう!

手は何かを渡す時やジェスチャーをしたりする時など必ず他人の目に触れるものです。

基本的なエチケットの一環として、清潔でキレイな手を保つためにもしっかりケアしてあげてくださいね♪

マニパニが付いた時の落とし方【壁】

次に壁にマニパニが付いた時の落とし方です。

賃貸のアパートやマンションに住んでいる方にとっては壁の汚れは致命的ですよね……

事前準備として、汚れてもいいように新聞紙を敷くなどして壁に直接染色液が付かないような工夫をしておくことが大切です。

壁だけではなく床にも敷いておくとどの方向に飛び散っても防ぐことができますよ!

実際に壁にマニパニが付いてしまった場合はスピードが命です。

気づいたらすぐに対応しましょう!

ティッシュやコットン、キッチンペーパーなどの使い捨てのペーパー類を使って付着した染色液を拭き取ってください。

タオルなどの布製のもので拭くと拭いたタオルも汚れを落とさなければいけなくなります。

また、一度拭いたペーパーは染色液が付着していますから、そのまま放っておくとまた別の場所が汚れてしまう危険があります。

必ず使い捨てのものを準備しておき使用後はすぐ捨てるようにしましょう!

※お風呂場でカラーリングをした場合は、カビキラーで汚れを落とす方法もあります。

しかし、壁の汚れに気づいてもカラーリング中ですとなかなか手が空かないかもしれません。

もし汚れが付いて時間が経ってしまったら、使い捨てのペーパー類にオキシクリーンをつけて拭き取るのがオススメです!

▼参考:オキシクリーンとは

オキシクリーンとは|オキシ漬けで人気!酸素系漂白剤【オキシクリーン(OxiClean)】公式サイト(株式会社グラフィコ)
漬けおきして汚れを落とすオキシ漬けや、いつものお洗濯にオキシクリーンを足すだけで漂白・消臭するオキシ足しなど、さまざまな場面で大活躍する酸素系漂白剤オキシクリーンの特長をご紹介いたします。|オキシクリーン(OxiClean)の【日本公式サイト】

オキシクリーンは、薬局や大手スーパー、ホームセンターなどで購入することができます。

ガンコな汚れに定評のあるオキシクリーン。

ぜひマニパニを使う際は、事前に用意しておきましょう!

スポンサーリンク

マニパニが付いた時の落とし方【布】

3つ目は洋服に付いた時の対処法です。

カラーリングをする際は、洋服は必ず汚れてもいいものを着るようにしましょう。

というのも、洋服が汚れた場合は数回洗濯をすることで汚れが落ちるのがほとんどですが、マニパニにはかなり濃い色もあるので色によっては落ちにくいときもあるようです。

お気に入りの洋服が台無しになってしまっては気分が下がってしまいますよね……

ヘアカラーに合う洋服選びはカラーリングが終わってからでもできます!

カラーリング中の服装には充分気をつけてくださいね。

また、汚れてもいい洋服の上からケープをかけるとなお良いです。

今ではおうちカラーリングは皆さんやっていることもあり、使い捨てケープなど安く手に入れることができます!

アナタの髪の毛の長さやご予算に応じて、しっかり汚れ対策のできるケープを用意しておきましょう。

万が一洋服に付いてしまった場合は、普通に洗濯をしても一定の効果はありますが、必ず色が落ちるとは断言できません。

それではどうしたら良いのでしょうか?

気になる答えですが……

ここでも登場するのが、壁の対処法でもご紹介したオキシクリーンなんです!

まずは色が付いた部分を水かぬるま湯で色が流れ出なくなるまでしっかりすすいでください。

充分すすいだらお湯にオキシクリーンを入れて泡立つのを確認した後、汚れてしまった洋服を1時間ほど漬け置きしましょう!

※お湯は40~60℃程度で500mlを用意してください。

オキシクリーンは1/8杯が目安です。

1時間経ったら、オキシクリーンを水で洗い流してあとはいつも通り洗濯するだけ!

これでほぼ完全に色が落とせているはずです♪

どうしても落ちない!という場合はクリーニング店へ持っていきましょう。

持っていく手間がありますしクリーニング代もかかってしまうので……あくまで最終手段です。

一番ラクなのは汚さないことなので、しっかり事前準備と対策をしてカラーリングに臨むことが大切です!

まとめ

今回はマニパニの落とし方について【手】【壁】【布】の3箇所に分けてご紹介しました。

【手に付いた時の落とし方】

■事前準備

  • ゴム手袋をつけ
  • クレンジング効果のある
  • オイルやクリームを塗る

■落とし方

  • メイク落としと同じ
  • アルコールを使う場合は落とした後にハンドクリームで保湿する

【壁に付いた時の落とし方】

■事前準備

  • 新聞紙を敷いておく
  • ティッシュ、キッチンペーパー、コットンなどの使い捨てペーパーを用意しておく

■落とし方

  • 使い捨てペーパーで拭き取る
  • 色が付いて時間が経っている場合は使い捨てペーパーにオキシクリーンをつけて拭き取る
  • お風呂場の壁に付いた時はカビキラーを使って落とす

【布に付いた時の落とし方】

■事前準備

  • 服装は汚れてもいい格好で
  • ケープをかける

■落とし方

  • オキシクリーンを使う
  • どうしても色が落ちない場合はクリーニング店へ持っていく

どの落とし方であっても事前準備が大切なのがわかっていただけたかと思います。

入念な準備をすることで、本当の意味でのカラーリングを楽しむことができるのではないでしょうか。

この記事を参考にしていただき、賢くマニパニを使ってさまざまなカラーを楽しんじゃいましょう!

アナタのマニパニライフがより良いものになりますように♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました