鉄フライパンがくっつく原因は何?温度管理は必要?くっつかないようにする方法を伝授

グルメ

アウトドアがブームとなっている中で、スキレットにも注目が集まっていますね。

それより前にもニトリのスキレット「ニトスキ」が大ブレークしてます。

素材は鉄。

鉄のフライパンって熱の伝導率がいいので、ただ焼いただけの野菜とか目玉焼きがおいしくなるのです。

武骨な見た目がかっこよくって、何でもない料理が映えるのもいいですよね。

ぜひ試してはみませんか。

ただしお手入れ方法とか、ちゃんと調べてからにしてくださいね。

どうやらうまく使いこなせておらず、食材がくっつくと困っている方もいます。

せっかく手に入れた鉄のフライパン、正しいメンテナンスを行っていれば、ずっと使い続けられるってのもメリットの一つです。

鉄分を補えるのもいいですね。

鉄フライパンがくっつく原因は何?


スポンサーリンク
鉄フライパンがくっつく原因は正しく「油ならし」がされていないからです。

取扱説明書にもきちんと書かれているはずですが、これまでに鉄のフライパンを買ったことがなかったら調理に使う前に準備が必要なことなんてこれっぽっちも考えておらず、スルーしてしまうかもしれません。

「油ならし」、油をなじませることです。

これができてないと油膜が表面にできていないので、食材がくっついて当然です。

油ならししたからといって油断禁物です!

調理をする際にも、ちゃんと油をなじませてから食材を入れるようにしましょう。

初めから食材を入れるのではなくまずは空焚きを、表面に酸化被膜を作り出してください。

油ならしをしたのに表面の油が取れてしまう。

実は鉄のフライパン、台所用洗剤を使って洗ってはいけません。

とはいえあまりに汚れがひどいと、ただスポンジでこすっただけでは取れないこともありますよね。

こびりついた汚れに食材がくっついて、調理を困難にしてしまうこともあります。

ダメなのは洗剤です。

洗剤を使わず、つまり油膜を極力取り除かない方向で頑固汚れを落とす方法をお教えします。

鉄のフライパンの中に水を入れ、火にかけてガンガンに沸騰させてください。

ポコポコと泡が浮かぶあがっていくのに合わせて、汚れも浮き上がってくるでしょう。

そしてそのまま流しに持っていき、汚れをこすり落とすのです。

ステンレスやアルミニウム製のフライパンと全然違うでしょう。

なんとなく今、みんなが買っているからと調べもしないで使っているとあっという間に沸騰させても取れないくらいに汚れが蓄積されていって、ダメになってしまいます。

油で表面が覆われている状態こそが鉄製フライパンの正しい状態です。

毎度、油を敷くのはカロリーが心配と思われるかもしれませんが、フライパンを育てていく中で少量の油でくっつかずおいしく仕上がるようになります。

何より鉄分も取れるので健康的です。

鉄フライパンがくっつく温度は何度?

どうやら、鉄は50度から80度くらいの温度でこそ食材とくっつきやすくなるみたいです。

鉄のフライパンと言われてまず思い浮かぶのは中華でしょうか。

スポンサーリンク

煙が立つ中に食材を一気に入れて「ジャー」っと音がする様子、常に強火で炒めている姿こそ鉄のフライパン、というか中華鍋ですが正しい姿じゃあないですか。

フライパンに食材がくっついてしまうと不満に感じている方、ぜひもっと高い温度に保つようにしてください。

一気に熱するから表面が固められてうま味が逃れることがないです。

鉄のフライパンで作ると何もかもおいしくなるのは、こういった調理の際の特徴というのもあるみたいです。

鉄のフライパンを使いこなすのに「温度」というのは重要なポイントです。

まだ冷たいフライパンに食材を入れて、徐々に温めていこうとするのはやめましょう。

途中に50度から80度というデッドゾーンを通ることとなるからです。

食材を入れる前に予熱して、適温に達してから食材を入れて、焼いたり炒めたりといった調理を行ってください。

わざわざ温度計を準備する必要はありませんよ。

目で見て確かめるのです。

ちょうど適温に達したあたりで、フライパンの表面の油が波立ってきていませんか。

煙もポイント、とはいえ出るか出ないかくらいの時をタイミングとしてください。

鉄のフライパンを使う際、他の調理の合間にってのは難しそう。

鉄のフライパンと向き合って、真剣勝負をしましょう。

わざわざ測る必要はないものの、一応表面の油の波立ちや煙で確認できる余熱完了のタイミングには、180度くらいとなっているようです。

「80度を優に超えている」つまり食材がくっつく心配はまったく考えなくともよいっていうわけです。

鉄フライパンがくっつかないようにする方法

ずっと気になっていた鉄のフライパンを買ってきたという方、嬉しさのあまりすぐにもキッチンデビューさせないように・さっさと食材を入れてしまうのもNGです。

まずは準備から「油ならし」を行ってください。

油の膜でカバーしないままに使うなんて、せっかくの鉄のフライパンが可哀そうですよ。

油でコーティングされたから大丈夫というわけでもなし。

しっかり熱して食材がくっつかない温度まで上げてやりましょう。

更に油を入れて、初めの頃はまだ油がなじんでないのでそれでもくっつきやすいですが、徐々に大丈夫になっていきます。

鉄のフライパンは何年何十年と育てていくものです。

次第に大切なあなたの相棒となり、食事作りに欠かせないものとなっていくでしょう。

大切だからこそ、洗剤でしっかりこすってやってというのはダメです。

どうしても汚れが落ちないというならやはり火の力を借りながら、清潔に保ってやりましょう。

取扱説明書もろくに読まないし、買って来るやすぐにも使おうとする。

せっかちすぎる性格は鉄のフライパンを使うのに向いているとは言えません。

例えば調理中だって、焼けていないのに途中で触ってしまう方、くっつきやすくなります。

じっと待って水分が蒸発してからにして、自然とはがれるようになってませんか。

鉄のフライパンを使いこなせるようになったら、料理とか人としてのスキルが上がっていると言えるのかもしれませんね。

ぜひとも挑戦してみてください。

まとめ

鉄のフライパン、くっつくからって不良品ではありません。

むしろあなたの使い方が問題あり。

説明書をご覧になりましたか。

油ならしをはじめ、正しい使い方について書かれてあるはずです。

鉄のフライパン、他の素材とは大きく違います。

やり方によってはむしろマイナスの効果を与えることに、更にどんどんくっつきやすくなってしまいます。

買ったと思ったらすぐにも廃棄処分せざるを得なくならないよう、まずは取説を読んでから臨んでください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました