バックのクリーニングはどこが安い?白洋舎とホワイト急便で料金と口コミを比較してみた

完了

バックのクリーニング店ですが、どこが一番安いのか?という情報は気になる情報の一つだと言えます。

特に、クリーニング代は、クリーニング店が売りにしている部分でもあり、解説をしていきますがバックについてはおおよその値段で汚れ度合いによりオプションになりますので、はっきりした価格については触れることは難しいです。

ここではバックのクリーニングについてどこが安いのかという比較を行いたいと思います。

そのうえで、白洋舎とホワイト急便の2社に着目して口コミを比較していきたいと思います。

なお、ホワイト急便および、白洋舎については高級なブランドバックの対応についてはどうであるかという側面についても解説をしていき、高級なバックであれば、ホワイト急便か白洋舎のどっちがいいかについても触れていきます。

バックのクリーニングを白洋舎へ出してみた!料金や口コミは?


スポンサーリンク
バックのクリーニングを白洋舎へ出してみた場合、料金は3000円からになります。

からとありますように3000円からクリーニングがスタートして汚れ度合いや損傷度合いからお値段が変動するというのが白洋舎のバックのクリーニングになります。

口コミについてですが、どうやら高級ブランドバックについての評価はかなり辛口です。

カバンに付着した臭いを取るクリーニングは満点であるが、汚れを取るクリーニングについては不備があり、汚れが採れていないなどの他、臭いを取る方法というのがどうにも、カバンの上から香料を吹き付けて香りをつける手法だったりとかなり荒業という形で評価はあまり良くないです。

では、あまり高級ではないブランドバックについてですが、こちらは汚れが落ちていますが、やはり香料を使用して何か香水のような香りをつけて臭いを付け足しているがゆえ、汚れがきれいに取れている分残念だったという意見があります。

全体を通して口コミにおいてどうやら高級なカバンについては商品が傷むということから恐らくですが、クリーニングしていないのでは?という声が聞かれており汚れたままでブランドバックの上から香料を吹き付けてごまかしているという意見があります。

逆に高級ではないバックについてはクリーニングは出来ているが仕上がりにおいてなぜ、香水のような香りがするのだろうかということで疑問を持つ方が多いとみられます。

そのうえで、料金という方向から見てみますと、高級なカバンの場合、6600円ほどの金額を請求されかつ見た目は変わらず、臭いがおかしいという方向で問題があると言われていています。

高級品ではない商品の場合、3300円ほどのクリーニング代金で収まっているが、なぜか香水のような香りがすることから不愉快だという声がありましたので口コミの評価をまとめますとあまり良い評価ではないです。

特にブランド物のバックについてはかなり辛辣で恐らくですが、カバン自体をクリーニングしているかについては疑問を持たざるを得ない口コミでした。

バックのクリーニングをホワイト急便へ出してみた!料金や口コミは?

バックのクリーニングについては、布製品はホワイト急便では1200円からクリーニングになり、革製品においては4200円という金額でクリーニングをしています。

そのうえで、口コミについてですが、ホワイト急便の場合、バック類のクリーニングに対する評価は高く、専用のクリーナーを持っていることから高い評価です。

ただ、大きさごと、素材ごとに値段が変動するという仕組みになっているため、持っているバックが大きくなると料金が高くなるという点が若干ながら口コミにおいて革製品の鞄は損だという意見があり、ビニール繊維のような鞄のほうがお得なんだという意見がありました。

スポンサーリンク

ただ、この問題は、革は専用クリーナーでしかクリーニングできず、一つ一つの部位を丁寧に洗浄することから料金が高いのは仕方ない部分がありますのでビニール繊維のバックより高いのは仕方ないと見えます。

料金体制についても明確な上、おおよその金額を提示しているため、金額内には収まっているという評価があります。

肝心のクリーニングに関するレベルですが、革系のクリーニングレベルと布系のバックのクリーニングのレベルは高いと言われていますが、ビニール繊維のバックについてはあまり高くないようです。

おそらくですが、革と布は専用のクリーナーが存在していますが、ビニールの場合、専用のクリーナーの開発が難しいことからあまり汚れが落ちていないように見えるとか、感触が変わっているように見えるなどの評価があります。

口コミについては、ホワイト急便はバックのクリーニングについては悪くはなく、バックの繊維によりますがクリーニング自体はよくクリーニングされていて、汚れが落ちている点と、メンテナンスも行き届いていて、クリーニング後にメンテナンスをしており、革が痛まないように加工をしているということで高い評価のようです。

問題は、革と布以外の繊維は微妙な評価でクリーニングをしてもきれいに汚れが落ちていない部分があるとのことで料金についても革と布は料金に満足している方が多いですが、それ以外の素材においては満足していない方もいました。

ブランドバックをクリーニング出すならどっちがいい?料金はどれくらい?

ブランドバックをクリーニング出すならどっちがいいかですが、ホワイト急便がおすすめでしょう。

そのうえで、高く見積もって恐らく6600円の四割増しまでに収まると思われます。

これは、ホワイト急便では、ブランド物の鞄のクリーニングは4割増しだという記載がありますので、その方向から、6600円の四割増しになるとの予想です。

そしてホワイト急便の場合、修復も依頼できるため、後から修復をしてもらうという方向で依頼することも可能なので、色が落ちてしまっている場合においては補修もできますし、補修作業についてもホワイト急便は高い評価なのでホワイト急便が良いです。

なお、白洋舎の場合、ブランドバックは6600円にてクリーニングが成立したとなっており、恐らくホワイト急便の場合、3300円から6600円の間でさらに四割増しに収まると思われますので恐らくですが、白洋舎よりかは絶対に高い金額になります。

仮に予想が外れたとしても、ホワイト急便がおすすめでその理由は、専用のクリーナーを持ち、専用のクリーナーを使用してクリーニングをしているため、汚れがきちんと落ちているという点がホワイト急便を選ぶ理由です。

逆に、白洋舎は、口コミの評価を見ていくときになる部分があり、ブランド物のバックについてはクリーニングをしていないのではないかという意見があり、恐らくですが、専用のクリーナーを持っていないのではないか?もしくは専用のクリーナーを使用せずにメンテナンスという形でつや出し作業だけを行ったと予想します。

この口コミにおいては、汚れが落ちておらず、テカリがあったという口コミが気になる部分で恐らくですが、汚れを取らずに上からつや出し作業を行い、クリーニングをしたという形で後から臭いを取り去るために香料を吹き付けたと思われます。

一方、ホワイト急便は臭いをつけるというようなクリーニングは行っていないため、消臭という形でクリーニングをしているため、臭いがしないのが特徴になりますので、ホワイト急便側のほうが万が一ブランドバックのクリーニング代である6600円という金額を超えてしまっても汚れと臭いが落ちているのであれば、ホワイト急便がおすすめです。

まとめ

バックのクリーニングですが、お勧めとしては、ホワイト急便でその理由は専用のクリーナーを持っていることが大きく、公式サイトでもそのように記載がありますので洗浄後の臭い消しに使用する乾燥機の有り無しにおいて専用の乾燥機を持っていることも大きいのでホワイト急便がおすすめでしょう。

バックのクリーニングは汚れが落ちることと嫌な臭いが消えることが重要なので、臭いを消すことと汚れを落とすことについてはホワイト急便がおすすめでホワイト急便は汚れと臭いを落とせるのでお勧めです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました