法被のクリーニングの料金相場は?安いところはどこ?自分でクリーニングする方法も紹介

掃除

法被は藍染めなどのデリケートな素材などがあり、自宅で洗濯をするのが難しいケースがあります。

自宅で洗うことができる染め方の場合は、洗濯表示を確認すると自宅で洗濯機、手洗いなどで洗うことが可能です。

法被を自宅で洗う時はいくつかの注意点があるので、色あせや色落ちを防ぐためのポイントを紹介します。

大手クリーニング店のホワイト急便、白洋舎などでは料金が安く、法被クリーニングに対応をしています。

平均的な相場は450円から670円前後ですが、染み抜きをしたり、手作業でプレス作業をする場合は料金が高くなるので覚えておきましょう。

ホワイト急便、白洋舎などではリーズナブルな料金で、法被クリーニングを行っています。

デリケートな素材でもきれいに汚れを落としてくれます。

法被のクリーニングの料金相場はいくら?


スポンサーリンク
法被はイベントやお祭りなどに、欠かすことができないですが、染物衣料なので大変デリケートなので自宅で洗うのは難しいと感じている人が多いので、色あせや色落ちなどを防ぐために、宅配クリーニング、店舗型クリーニング店に依頼している人が増えています。

イベント用の法被はカラー印刷をしていることが多いので、仕上がりの美しさを重視してお店を選ぶようにしましょう。

法被の染め方によっても多少は違いますが、宅配クリーニング店、店舗型クリーニング店の場合でも450円から600円前後が相場です。

平均的な相場は450円から500円ぐらいですが、お店で依頼をしてから7日から10日ぐらい掛かることが多いので事前にスタッフに確認をしておきましょう。

お店のスタッフは法被の検品を行い、染みなどの汚れがある場合は染み抜きをしてから、専用の洗剤を使って優しく洗ってくれます。

法被を仕上げる時はプレス機を使う場合と、ハンドアイロンで手仕上げする場合があります。

価格が高めだったり、デリケートな素材の法被の場合は、ハンドアイロンで丁寧に仕上げる方法を選ぶと良いでしょう。

クリーニング店ではプレス機を使う時、ハンドアイロンで手仕上げをする場合では料金が違ってきます。

多少はお値段が高めでもきれいに仕上げたい場合は、ハンドアイロンで手仕上げをしてもらうのがお勧めです。

汚れや染みなどをきれいに取り除いてくれます。

法被のクリーニングで安いところはどこ?ホワイト急便と白洋舎で比較

ホワイト急便、白洋舎は、どちらのお店も法被クリーニングに対応をして口コミやレビューでも、評価の高いクリーニング店で。

どちらのお店も丁寧に検品を行い、目立つ染みなどがあれば染み抜きをしてから、水洗いをしてクリーニングをしてからプレス機を使用したり、ハンドプレスなどの手作業でアイロン掛けをしてくれます。

ホワイト急便、白洋舎どちらも大人用Mサイズ、Lサイズの法被は550円から670円前後になっており、子供用の商品は450円から500円前後です。

プレス機を使用する方法、ハンドプレスで手作業でアイロン掛けをする場合、染み抜きが必要な場合では料金が違ってきます。

スポンサーリンク

法被は祭りやイベント、花火大会などに欠かすことが出来ないですが、大変デリケートな素材なので素材や染め方によっては自宅で洗うのが難しいです。

染み抜きなどを行う場合は1000円を超えることが多いので、事前にクリーニング店に確認をしておくと良いでしょう。

ホワイト急便、白洋舎は信頼できるクリーニング店なので、仕上がりの美しさ、色落ちがしにくいなどのメリットがあります。

自宅で洗うのが難しい、以前自宅で洗って失敗した経験がある場合は、ホワイト急便、白洋舎などに依頼すると良いでしょう。

電話で問い合わせができるので、まずは気軽に相談することが大事です。

商品を持ち込んでから1週間から10日ぐらい掛かることが多いので、早めにクリーニング店に依頼するようにしましょう。

デリケートな染物衣料でも、高い技術を持ったスタッフが担当するので安心です。

法被を自分で洗濯できる?クリーニング方法を紹介

イベント時やお祭りなどでは、粋な雰囲気の法被は定着した人気がありますが、法被は染物衣料なのでとても繊細なイメージがあります。

引染または捺染で染められた法被は、自宅の洗濯機で洗うことが出来ますし、一般的に使用されている弱アルカリ洗剤を使用できるので安心です。

弱アルカリ洗剤を選ぶ時は、酵素や漂白剤が入っていない商品を選びましょう。

酵素や漂白剤が入っている商品で洗濯をすると、色落ちをして白っぽくなってしまう可能性があります。

水の温度は20度から30度ぐらいが適しているので、色落ちを防ぐために他の衣類とは別に洗濯をするのがポイントです。

法被は汚れが気になったら、すぐに洗うことで落としやすくなります。

洗濯物を干す時は法被を裏返して、陰干しにすることで色あせを防ぐことが可能です。

型崩れを防ぐために形を整えてから、洗濯が終わったらすぐに干すのがポイントです。

藍染の法被は基本的には、自宅で洗濯機に洗うのは適していないので使用しないことが大事です。

どうしても汚れが気になる時は手洗いをして、法被を絞らないように水気を切ってから、すぐに干すようにしましょう。

法被は自宅で洗うことができる商品もありますが、藍染めの法被は長い年月を掛けて染めているので、色落ちがしやすいなどの欠点があります。

ドライクリーニングに適していない可能性があるため、クリーニング店に依頼する時はスタッフに相談しましょう。

まとめ

法被は日本の伝統的な染物衣料なので、イベントやお祭り、花火大会などに欠かせなくなっています。

自宅で洗濯ができる染め方の法被は、洗濯機や手洗いなどで洗うことができます。

弱アルカリ洗剤で洗うことができますが、漂白剤、酵素などが入っている商品は、色落ちの原因になるので避けたほうが良いでしょう。

ホワイト急便、白洋舎などの大手クリーニング店では、法被のクリーニングに対応をしています。

子供用、大人用によっても料金が違いますが、450円から670円前後です。

染み抜きが必要になったり、手作業でアイロン掛けを依頼する場合は1000円を超えることがあります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました