ゆで卵をレンジでアルミホイルなしで作る方法!裏技やおすすめレシピも

グルメ

冬になり温かい料理が欲しくなる季節になってきました。

そんな温かい料理に必ずと言っていいほどの確率で、具材として入っているゆで卵について書いていきます。

ゆで卵は時短作業で作ることができたり、たくさんの料理に使われています。

あなたは今「茹で卵って茹でるだけじゃなの?」とか「おでん以外ではどんな料理で使われているのかな?」などさまざまな疑問を持っていることでしょう。

茹で卵にはたくさんの魅力があり夢を持たせてくれる材料だと私は思っています。

今回はそんなゆで卵について、

  • ゆで卵をレンジで作る方法!「ラップ」編
  • レンジでゆで卵を作る方法!「ダイソーの商品」編
  • ゆで卵をレンジで作る方法!おすすめのアレンジレシピ編

この3つのことを徹底解説していきます。

ゆで卵をレンジで作る方法!「ラップ」編


スポンサーリンク
ゆで卵はレンジとラップを使って作る方法があります。

ここではそのやり方と注意点をを紹介していきます。

【材料】

  • 卵:1個
  • 水:卵がかぶるくらい

作り方(手順)

1.マグカップに卵を割り入れる。

<注意>

  • レンジ対応の器を選ぶこと。
  • ゆで卵を丸く作りたいとき時は狭いものを使うこと。
  • 小さいボウルよりもマグカップの方が綺麗に作れる。
2.お箸やフォークなどで3箇所穴を開ける。

<理由>

  • 3箇所開けることで爆発防止になるから。
3.卵全体がかぶるくらいの水を入れて、ふんわりとラップをかける。

<理由>

  • こちらも爆発防止になるので卵全体がしっかり浸かるくらいまで水を入れてください。
4.電子レンジで(500W)で40秒。

<注意>

  • 冷蔵庫からすぐ出したもので30秒だとやや早い感じだと思うので、40秒でしてみてください。
  • 一気に加熱すると破裂する可能性があるのでじわじわ加熱するように心がけること。
  • 温かい物の上に乗せるな余熱で固まるので料理に合わせたらいいです。
  • 半熟加減は40秒で一度様子をみて、ご自身の好みの固さになるまで追加で加熱してください。
  • 半熟が好みの方は白身が透明から白色になったところで取り出してください。余熱で火が通りいい感じ固まります。
5.水を捨てて完成
  • 水を捨てるとコロンとしているのが分かりいいと思います。

ゆで卵はレンジとラップを使って作る方法はこのような手順でできます。

注意や、なぜそうするのか理由をみてもらい作るときに参考にしてください。

レンジでゆで卵を作る方法!「ダイソーの商品」編

ダイソーの商品でゆで卵を作るメーカは存在はしません。

ですが、ゆで卵を剥いたりする時などにたくさんの用途で使える便利グッズはたくさんあります。

今回はそちらの商品を紹介し、使用方法、注意点なども含みながら解説していきます。

たまごのプッチン穴あけ器

<使用方法・注意点>

  • 生卵の丸いお尻側の部分を「たまごぷっちん穴あけ器」にのせ上から押します。
  • プチっと音がしたらOK!
  • 何ものせてない状況でのせ台を押すと針が飛び出てきます。
  • 針の飛び出しにもロックがついていて回転するので使わない時は回転させてOFFにしてください。

エッグタイマー

<使用方法・注意点>

  • 鍋に卵と一緒にエッグタイマーを入れます。
  • 火にかけると徐々にエッグタイマーの白い部分が広くなっていきます。
  • SOFTなら半生。MEDIUMなら半熟。HARDなら固ゆで卵。となります。
  • 半熟感をより一層出したいのであればSOFTとMEDIUMのライン上にきたタイミングがちょうどいいです。
  • 超ハードな典型的なゆで卵を食べたいのであれば、エッグタイマーの全部が真っ白になる状態まで茹で切るのがおすすめです。

たまごの殻むき

<使用方法・注意点>

スポンサーリンク
  • 卵の殻むきは茹でた後に使用します。
  • 10センチぐらいのコンパクトなサイズのもので卵を1つ入る容器となっています。
  • 上下についているグレーの蓋はどちらも外れるのでどちらから卵を入れても大丈夫です。
  • 殻のついたままの茹でたまごを容器の中に入れて、ふりふりします。そうするとたまごにヒビが入りむきやすくなります。
  • ふりふりする時は優しくふりふりしてください。強くしすぎたらたまごにへこみなどの傷がついたり、たまご自体が割れてしまいます。

以上3つの便利グッズの解説をしました。

次回茹でたまごを作るときには紹介したグッズを使用してみてください。

ゆで卵をレンジで作る方法!おすすめのアレンジレシピ編

茹で卵はいろいろな料理に使うことができます。

代表的なのはラーメンの麺の上に味付け卵として使われることが多いのではないでしょうか。

私自身もラーメンを召し上がるときにトッピングとして味付けたまごをつけることが多いです。

しかしどんな料理に茹で卵が使われたりするのかわからない人がたくさんいます。

あなたもそうではないでしょうか。

今回はレンジで茹で卵を使った料理についてレシピを含みながら解説していきます。

錦たまご3色栗きんとん

<材料(2人前)>

  • 茹で卵・・・2個
  • 砂糖・・・・小さじ1
  • 栗きんとん・・・40g

<作り方>

  1. 茹で卵を卵黄と卵白に分け、卵白わザルでこす。
  2. 卵黄はおろし器でおろし砂糖小さじ1/2ずつ加えてよく混ぜ、栗きんとんの栗は小さくする。
  3. シリコンカップに卵白を詰める。栗きんとんも詰める。
  4. 卵黄8割詰め残りの卵黄はふんわりと乗せる。
  5. ラップを詰めた物の上にかける。レンジで500w40秒加熱し大きなスプーンですくう。すくったら皿に移す。

<コツ・ポイント>

  • 蒸し器も裏ごし器も不要。
  • 栗きんとんで砂糖は少なめ。
  • 砂糖は糖質オフにできる。

鶏胸肉で茹で卵と野菜のピザ風

<材料>

  • 鶏胸肉・・・1枚
  • 塩麹・・・・大さじ1
  • 茹で卵・・・2個
  • 青梗菜・・・1/2束
  • チーズ・・・1枚
  • 塩胡椒・・・適量

<作り方>

  1. 胸肉は余分な脂、血筋を取り除く。観音開きにして削ぎ切りにする。
  2. 1をポリ袋に入れて塩麹に漬け込む。密封にして一晩寝かせる。
  3. 常温に戻した2をオーブンシートを敷いた皿に並べカットした青梗菜、茹で卵の順に並べてチーズを散らす。塩胡椒を軽く振りかける。
  4. 3にラップをかけて600wのレンジで3分加熱。皿に追加で2分加熱。
  5. 仕上げに50秒加熱。
  6. 出来上がり。

<コツ・ポイント>

  • 胸肉はしっかりと熱を通すこと。
  • 茹で卵の固さはお好みで良い。
  • 青梗菜の代わりにほうれん草や小松菜などを使用してもいい。

まとめ

今回はゆで卵をレンジでアルミホイルなしで作る方法!裏技やおすすめレシピを解説しました。

  • ゆで卵をレンジで作る方法!「ラップ」編で紹介したようにラップを使うことで簡単に茹で卵は作れること。
    作るときには3箇所箸で穴を開けることで爆発防止をすること。
  • レンジでゆで卵を作る方法!「ダイソーの商品」編では茹で卵メーカはないがたくさんの便利グッズがあり多用途でグッズが使えること。
  • ゆで卵をレンジで作る方法!おすすめのアレンジレシピ編では美味しい料理が時短で作ることができることや茹で卵はいろいろな料理で使えること。

以上3つのことがわかりました。

ゆで卵にはたくさんの魅力があったり、ゆで卵をベースでいろいろなグッズがあることが知れたと思います。

次回作るときなどには今回のこの記事を参考にしてもらい、あなただけの茹で卵を作ってもらいおいしい茹で卵を作れるように頑張ってください!

あなたなら大丈夫です!!!頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました