ガスバーナーは100均のどこで買える?ホームセンターとの比較や代用品を紹介

100均

ガスバーナーは、100円均一においては、ダイソーやセリアにキャンドゥのショップで入手が可能です。

ホームセンターで販売されているものと比較した場合、その性能差は火力になります。

なぜ、ホームセンター側のものは高火力になるかは使用例が異なる点が挙げられます。

ダイソーにセリア、キャンドゥはあくまで生活必需品の中にガスバーナーがあるということなので使用用途が異なるため、ダイソーのような100円均一ショップのガスバーナーは、溶接のような物には使用できないわけです。

では、代用品があればそれを利用すればよいのでは?という意見が出てきますのでダイソーなどの100円均一ショップでの代用品についても解説します。

ガスバーナーを100均に売っている?どこで買えるか検証


スポンサーリンク
ガスバーナーは100均に売っています。

ダイソーとキャンドゥであれば、多目的ライターという分類でガスバーナーとして販売されており、ガス注入方式という形で商品が販売されています。

ガス注入方式とはその名の通りライター用のガスを注入して補充することによって継続してガスバーナーとして使用するというものです。

多目的ライターとは、いわばミニガスバーナーのことです。

よって火力を重視するのではなく、料理などでおこげを作り出すなどに使用し、鉄などを溶接するくらいのパワーについては持ち合わせていない簡易型のバーナーになります。

じゃあ、もっと火力があるものはないのかな?という疑問ですが、一応ダイソーは、「ガストーチ」というものを2020年に発売されました。

ですが、実はこの商品大きな不具合があり、笑えない不具合のせいで危うく火災になりかけるという重大な不具合が続出したため、販売が休止されており、現在も販売されていません。

他者の100円均一ショップもガストーチの商品は一切販売しておらず、今現在、効果緑化した商品は残念ながら存在しません。

よって、ポケットバーナーと呼ばれるようなライターの延長線上にあるようなガスバーナーしかどこの100均ショップも販売をしていないのです。

こればかりは仕方なく、安全性と高性能化を図る場合、100均という縛りがある会社ではどうしても安全性を重視できなくなるので、ポケットバーナーのような物しかありません。

ガスバーナーを100均とホームセンターやカインズで比較してみた

ガスバーナーを100均とホームセンターやカインズで比較してみた場合、大きな違いは、ライター式とカセットコンロ式のほか、ガソリンという方式であるという違いです。

たとえば、キャンプ用のガスバーナーの中には、ガソリン式というものがあり、コールマンならコールマン専用のガスバーナー用のホワイトガソリンというガソリン燃料を使用したものがあり、燃焼時のパワーに大きな差があります。

簡単に解説しますと、火力は燃える物体が何であるかが重要でプロパンガスとガソリンだったらどっちが危険なのかは簡単に理解でき、ガソリンのほうが危険ですので高い燃焼性を秘めたバーナーになりやすいのです。

そしてバーナーは大量に空気を与えることで燃焼力を上げるという方法を採用していてこれを可能としているのがキャンプ用品系のバーナーたちになります。

スポンサーリンク

では、ライター方式とカセットコンロ方式はパワーが出ないのかという問題ですが、残念ながらパワーは出ません。

よって100均のものはパワー不足でその理由は使用用途が料理に使用するというものなので十分なパワーを必要としていません。

そのうえで、大手のダイソーが高火力のガストーチで爆発事故を起こす不具合を出してしまいましたので残念ながら、ホームセンター群で売られているものと比較した場合全くと言ってよいほど性能差があるのです。

逆にカセットコンロ方式のものは、安価で制作して作り出すことが難しく、ホームセンターにおいても値段が割と張りますので安さを売りにした場合、どうしても安全というものがおろそかになるため、ライター方式の液化注入式に頼らざるを得ません。

結論は、ホームセンターにで売られているものはそもそも作り方自体が異なり、料理用以外を含めると高火力のものがあり、ストーブの代わりになるくらいのパワーを秘めたものです。

安全対策をしっかりした有名なメーカーのものを取り揃えていますので軍配は、ホームセンター側にあり、ホームセンター独自ブランドにおいても軍配はホームセンター側のガスバーナーになります。

ガスバーナーは100均のもので代用できる?

使用例が料理におこげを作るというものやプラモデルを溶かして曲げる程度であれば、余裕で100均のポケットバーナーで代用可能です。

問題は、もっとすごいものを加熱する場合、残念ながら100均群で売られているポケットバーナーでは役不足で、金属を加熱して接着するという溶着も不可能です。

溶着のように金属同士を引っ付けたいという場合、もっと高温のものが必要で、これについてはホームセンターで入手するしかなく、100均のものでは代用不可能です。

では、以前に販売されていた「ガストーチ」という商品であれば代用できるのかです。

これは代用が可能ですが、さすがにぶ厚い金属を溶かして接着という使い方は不可能です。

これもどちらかというと料理におこげをつける程度で使用するか、ちょっとしたものを加熱して熱で溶かして引っ付けるという使い方しかできません。

要は、何を溶かすかや何をしたいかが重要で、小型のポケットバーナーはちょっとしたものを加熱することしかできません。

お鍋を加熱するという場合、キャンプ用のバーナーが必要であくまで100均のものはちょっとしたおこげを表面につける程度に使用すると考えましょう。

このガスバーナーについては、100円均一ショップ側も過去に火災事故を起こしたため、かなりシビアに考えているらしく、恐らくですが今後においてトーチバーナーのようなポケットバーナーの強化版は出てこないと思われます。

まとめ

100均のガスバーナーについては、これはポケットバーナーというタイプが主流でキャンドゥにダイソーなどが多く扱っていますが、トーチバーナーというポケットバーナーを強化したものは絶対に販売していません。

なぜなら、ポケットバーナーはとても火力がある分、コストカットをして製品を製造した場合、大きな事故になるが故、コーナンのような大手のホームセンターでは安売りをしていません。

最低でも1500円程度からトーチバーナーを販売していますが、ホームセンター群で安全と火力の安定性に信頼というものを重視した場合、500円という価格帯での提供が難しく、ホームセンターでは、絶対に安さを売りにして商品を提供していないのです。

ですので、ガスバーナー群で高火力なものは、ホームセンター群に行き購入するのが望ましいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました