キャンドゥに釣具は売っている?釣竿やメタルジグは?

100均

魚釣りと言えば釣竿や疑似餌などがありますがいざ道具をそろえるとなると、とてもお金がかかりますよね。

1つ1つの値段はそんなに高くないのですが塵も積もれば山となるともいいますし、年間での出費額を考えるとそこそこかかってきます。

また、魚釣りをする際には初期費用(始める際にかかってくる費用)を考えると他の趣味に対してこだわり部分が特に多く、多ければ多いほど必要な物も増えてきます。

しかし実際買うとなると続けられるか分からない。

そういった考え方になる方も多いのではないでしょうか?

そこで実はキャンドゥに釣竿が置いてあるという話を耳にしました!

キャンドゥは有名なワンコインショップで多くの人が利用しているお店です。

ワンコインで釣竿が買えるというのはとても大きいですよね。

そこで今回はキャンドゥの魚釣りの時に使用する道具について紹介していきたいと思います。

キャンドゥに釣竿は売っている?


スポンサーリンク
まず一番最初に魚釣りをするうえで必要になってくるのが、釣竿です!

釣竿には様々な種類があり初心者や岸辺に良く居る魚を釣るのに向いているコンパクトロッドや沖寄りの大きめの魚を狙うのに適している、のべ竿や疑似餌などを使う際に使用するエギングロッドなど様々な種類の釣竿があります。

最近では初心者用のコンパクトロッドであればホームセンターなどにも売っているのを見かけるようになりました。

ホームセンターで売っている物は大体2000~の物をよく見かけると思います。

コンパクトロッドでもちゃんとした釣具屋さんで買うとなると最低5000円からと少しお高いのですが、性能や耐久面を考えると少し高くついても釣具屋さんで買った方がいいのかな?と思います。

最近では100円均一などにも釣具は売られており充実してきています。

私が実際に確認したところ、ダイソーにはのべ竿や仕掛けや疑似餌やルアー、網や釣った魚を入れて置ける保冷バッグなど様々な物が売っており正直ダイソーだけですべて揃うレベルで品揃えが良かったです。

ではここで本題です。

ダイソーにあるなら、キャンドゥにもあるのではないのか?という点です。

今回はキャンドゥにも釣具は売っているのかについて調べてみました。

調べてみたり、店舗に赴いてみたりしたのですが・・・。

結論、キャンドゥには釣具関係は置いていませんでした!

ダイソーやセリアには釣具関係が充実しているのですがキャンドゥには釣具関係の物は置いていないようです。

キャンドゥは特にオシャレな物に重きを置いた品ぞろえをしているので仕方ないかもしれませんね。

しかし、釣竿ではないのですが釣具の代わりになりそうなものがキャンドゥに置かれているそうですのでそちらについて紹介していきたいと思います。

その商品とは「光るイヤリング」です!

釣具の中にはケミカルライトというイカ釣りなどに良く使われている釣具(仕掛け)があります。

イカ釣りは基本的に夜に行われるため周りが暗いです。

周りが暗い際海の中にいる魚にも当然周りが暗く映っています。

そんな時に使うのがケミカルライトです。

ケミカルライトはイカ用の仕掛けに更にイカが寄りやすくするために光らせて知らせるための釣具です。

こちらを付けるとイカを釣りやすくなり、釣果が大きく変わってくるので使用する人がとても多いです。

こちらのケミカルライト、買うとなると大体セットで売られていることが多く単品買いはできません。

お店によって売り方は違うかとは思いますが、私がよく行っていたお店ではまとめ売りのことがほとんどでした。

こちらの代用品としてキャンドゥに置いてある光るイヤリングがあります。

こちらの光るイヤリングは名前の通りイヤリング部分を折り曲げるとパキッという音がして光るものになっています。

こちらをケミカルライトの代わりに使えるという人が多く出ており、現在も使用している人が少数ではありますが居ます。

キャンドゥで釣具に使えそうなのと言えば、こちらの光るイヤリングのみとなっております。

釣竿やちゃんとした釣具が安くほしいという方はダイソーやセリアに行ってみると良いかもしれません。

キャンドゥにメダルジグは売っている?


皆さん、メダルジグという物をご存じでしょうか?

まずそもそもジグというものをご存じではない方も居ると思いますのでこちらの説明からしていきたいと思います。

ジグとはわかりやすく言うとルアーの1種です。

よく釣りをしている人で、遠くまで投げてしゃくっている(上下に釣竿を動かしている動作)人を見たことはありませんか?

あれをルアー釣りと言い、疑似餌を使って生きているかのように動かし魚を釣る釣り方です。

魚釣りがスポーツと言われだした所以ともいわれています。

こちらの釣り方は人によってやり方も様々で自作の疑似餌を作って使う人も多く居ます。

ジグ=疑似餌と考えて下されば分かりやすいと思います。

ここまででジグがどういったものか少し理解できたかと思います。

ここで本題のメダルジグについてお話していきたいと思います。

メダルジグとは、鉛やタングステンなどの素材で作られた沖方面に投げる距離や水の中に沈みやすいように作られたルアーです。

スポンサーリンク

こちらのメダルジグ使用する人がとても多く人気の種類となっており、こちらのメダルジグも塗装を剥がし自分の好きな色に塗りなおして使用する人も多いので塗装前のメダルジグを買う人や置いているお店も最近ではとても多いです。

ではこちらのメダルジグ。

キャンドゥには置いてあるのでしょうか?

先ほども言いましたがキャンドゥには釣具関係の物は一切置いていません。

ダイソーやセリアには置いてあるのですがキャンドゥはオシャレを重要視した物がとても多いので釣りのようなオシャレとはかけ離れた物の商品は置いていません。

代用品としてならあるかもしれませんがやはり代用品はあくまで代用品。

ダイソーやセリアに置いてある、ちゃんと釣り用に作られたものとは違い性能面ではあまりオススメできません。

買うのであればダイソーやセリアをオススメします。

100均の釣りグッズはアイデア満載!


基本的に釣りをしている人はちゃんとした釣具屋さんに買いに行くのですが始めたての人や、これから始めるという方はダイソーやセリアのようなワンコインで物が買える場所で買うことが圧倒的に多いです。

釣具屋さんでは数百円~数千円するものがダイソーやセリアですとワンコインで買えますしやはりそちらを利用する人が多いのではないでしょうか。

そこで、今回はダイソーやセリアで買える商品で釣りに活かせるようなアイデア商品を紹介していきたいと思います。

クリームケース丸型

こちらのクリームケース丸型は本来は化粧に使うクリームを入れておくための商品です。

こちらとても便利で釣りでも役に立ちます!

釣具の中にはスナップという糸と糸を繋ぐための金具のようなものがあるのですがこちらを入れておくのにとても便利です。

ミニアタッシュケース

こちらのミニアタッシュケースは本来アクセサリーなどの小物を入れておくための仕切りが付いたケースです。

こちらも細々とした釣具をまとめておくのにとても便利で私もよく使っていました。

先ほど紹介しましたルアーなども入るのでルアー入れにもとても便利です。

防湿サプリケース

こちらの防湿サプリケースは名前の通り防湿機能がついているのでガン玉や針といった、錆びやすいものを入れておくのにとても便利です。

針やガン玉は鉛で出来ているので湿気や水気に弱く、すぐに錆びてしまい使えなくなってしまうので保管容器はとても重要になってきます。

釣具屋さんなどで買うと高くついてしまうことが多いのでこういったワンコインショップで買うのがお得になってよいと思われます。

ウェットティッシュ

ウェットティッシュは清潔に保つためには必要不可欠のものとなっています。

釣具は特に清潔に保たなければすぐに劣化してしまったり錆びたりしてしまい次に使おうとしたときにはもう使えなくなってしまったという事も少なからずありますのでウェットティッシュは必要不可欠のものといえるでしょう。

まゆ毛用ハサミ

こちらのまゆ毛用ハサミは私が個人的に特におすすめの商品です。

こちらのまゆ毛用ハサミは糸と仕掛けを繋げた際に長く飛び出てしまった余分な糸や釣りあげた魚が針を飲み込んでしまった際に最終手段で糸を切る際にとても使えます。

ハサミ自体は釣りでは必需品と言えますので必ず1本は持っておきましょう。

携帯ゴミ袋

こちらの携帯ゴミ袋は言わずもがな、出てしまったゴミや使用後の仕掛けや糸などを入れるのにも良いですしサビキ釣りの際に使用する撒き餌などを混ぜる容器としてもとても便利です。

私もこちらの携帯ゴミ袋はよく使用していました。

エチケットとして持つことを強くオススメします。

以上が100円均一で買えるオススメの商品です。

本来の使い方とは異なりますが、釣り用具として使える物が多くあることがわかりましたよね。

是非皆さん他にもアイデア商品たくさんあると思いますのでご自身で探してみて下さい。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

以上がダイソー、セリア、キャンドゥといった100円均一で手に入る釣具用品の紹介でした。

私も以前釣りをしていた時は色んなお店で釣具用品を買い求めていたのですが100円均一で揃えることも多くありました。

特にハサミやゴミ袋、ピンセットなどといったものは100円均一で揃えていたと思います。

また、私はサビキ釣りという初心者でも比較的魚が釣れやすい仕掛けを使って釣りをしていました。

そういった仕掛けも多く100円均一には取り扱われておりさらに種類も豊富で見ているだけでも楽しかったのを思い出します。

昔の100円均一ではありえないことですよね。

最近は本当に100円均一の成長に驚かされます。

おおよその計算を私自身でしてみたのですが100円均一で釣具屋釣竿を揃えるとなると大体2000~4000円程度で揃います。

釣具屋さんで揃えるとなると1万~5万ほどかかってくるのを考えたらかなり破格のお値段ですよね。

私自身、ダイソーとセリアとキャンドゥに行ってみてきたのですが釣具の商品の充実さは、ダイソー>セリア>キャンドゥという感じでした。

キャンドゥはやはり調べた通り全くと言っていいほど釣具はありませんでした。

私の見た店舗では全くなかったのですがもしかしたら探せばどこかの店舗にはあるのかもしれません。

仕掛けなどの種類は圧倒的にダイソーがダントツでした。

もし釣りを始めるにあたり一気に揃えたいという場合は少し大きめのダイソーに行くことをオススメします。

よき釣りライフを過ごしてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました