ポリエステルとレーヨンの素材を着こなす季節を紹介!洗濯するときの注意点とは?

ファッション

いつも気に入って着ているTシャツがサラッとしていてとても心地良ので、ふと生地が気になり、タグを見てみました。

そこには「ポリエステル」と「レーヨン」の文字がありました。

このふたつの繊維は、サラッとした着心地から、夏が合っているのかな?と疑問に思い、徹底的に調べてみました。

ポリエステルとレーヨンを着こなすベストな季節や、合成繊維だと思うので、洗濯の際に注意点があるのかなど、詳しくご紹介していきます。

ポリエステルとレーヨンが使われた洋服の洗濯方法!縮まないためにやること!


スポンサーリンク
それでは、お洗濯の方法です。

基本的には、レーヨンは手洗いがよいとされています。

なぜならレーヨンは水に弱い性質があるからです。

生地を傷めないためにも、洗う時間は短い方がいいということなのです。

ポリエステル製の製品は洗濯可能なことがほとんどです。

「しわになりにくい」、「繊維が丈夫」などの特徴があるので、基本的には洗濯可能ですが、タグについている洗濯表示は要チェックです。

ポリエステル製の製品はご自宅の洗濯機で洗うのがおすすめ!

もちろん商品によっては洗濯不可の場合もありますので、洗濯表示を必ず確認してください。

ご自宅で洗濯する場合のポイントはこちらです。

ポリエステルのお洗濯の際のポイント

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れるのは、ポリエステル製品の型崩れを防ぐためです。

ポリエステルは耐久性が高く型崩れしにくい素材ですが、それでも洗濯機の強い衝撃というのは、お洋服にダメージを与えます。

コートやシャツなどはピシッと綺麗なフォルムが保たれていないと周りに悪いイメージを与えてしまいますので、なるべく洗濯ネットに入れるようにしましょう。

裏返しておく

ポリエステルのデメリットの一つに毛玉ができやすいという特徴があります。

毛玉は、繊維同士の摩擦で繊維が丸く絡んでしまうことでできます。

普通に着て生活しているときはもちろん、洗濯機の中で他の衣服と摩擦が起きることでも毛玉はできてしまうので、裏返してネットに入れてポリエステル製品の表側の繊維を守ってあげましょう。

色の濃いお洋服とは一緒に洗濯しない

洗濯中にお洋服の染料が溶け出してしまったり、脱水中に強い遠心力が加わることによって色移りしてしまうことがあります。

特にベージュなど薄い色のものは、一緒に洗濯したお洋服の色が移ってしまうと、かなり目立ってしまいます。

そうならないよう、色の濃いものとは分けて洗濯するようにしましょう。

脱水は短めに

脱水中の遠心力も、毛玉の大敵です!

なるべく生地同士が擦れあう時間を短くするために、脱水は短めにしましょう。

具体的には、3分くらいまでがベストと言われています。

脱水3分ではあまりお洋服の水分を落とすことはできませんが、ポリエステルには「乾きやすい」という特徴があるので安心してください。

また干すときは、型崩れを防ぐために太くて安定感のあるハンガーにかけ、直射日光を避けて干すようにしてください。

続いてレーヨンのお洗濯の際のポイントです。

レーヨンのお洗濯の際のポイント

レーヨンはとても水に弱くデリケートな素材です。

洗濯表示も「水洗い不可」もしくは「手洗い可」の表示になっていることが多いですね。

レーヨンは縮みやすいため、扱いを間違うと子供サイズまで縮むこともありますので、注意が必要です。

なので、基本的にレーヨンはクリーニングに出すことをおすすめします。

ですが、100%自宅で洗うことができないというわけではありません。

水洗い可の表示があるものなら、いくつかのコツをマスターすれば自宅で洗濯することも可能です!

必ず手洗いで洗う

レーヨンのようなデリケートな素材に洗濯機の強い衝撃は絶対NGです!

縮んだり、型崩れする原因になります。

必ず手で、なるべく強い力を加えないようにして洗いましょう。

揉み洗いは避け、やさしく押し洗いしてあげるのが、お洋服を傷つけないポイントです。

ドライクリーニング専用の洗剤を使う

そもそもドライクリーニングとは、水洗いができない素材を洗うための特別な洗濯方法です。

ドライクリーニングでは、特殊な溶剤(油)を使って汚れを落としています。

ですが、ドライマークが付いている素材でもドライクリーニング専用の洗剤を使うと自宅で洗濯することができます。

ドライクリーニング専用の洗剤は、短時間で汚れを落とせる洗浄力が強めのものを選びましょう。

また風合いを損ねないように、蛍光増白剤が入っていないものを選ぶと安心です。

水につけている時間はできる限り短く

レーヨンにとって最大の敵はとにかく水分

できる限り水につけている時間は短くしましょう。

具体的には、洗剤を入れて汚れを落とす「洗い」の時間は1~2分ほど、洗浄液から取り出して「すすぎ」の時間は1分ほど、そして「脱水」はバスタオルなどで優しく抑えて水気を取る程度にしてください。

脱水の終わったレーヨンは少しゴワゴワとした触り心地になりますが、きちんと干してアイロンをかければさらっとした手触りを取り戻しますので安心してくださいね。

また、水に弱いことからスチームアイロンも不向きなので、アイロンにかける時は、当て布をして、スチームを出さずにアイロンを当てましょう。

今お持ちの洋服の素材が必ずしも一種類の素材でできているとは限りませんよね。

合成繊維同士が混ざっている場合、天然素材と合成繊維が混ざっている場合なども考えられます。

その時にチェックしてほしいポイントはこの2つ。

➀一番多く含まれている素材は何か?

混合素材の場合、その配合のパーセンテージが洗濯表示と共にタグに明記してあることがほとんど。

まずはその表示を見て、一番多く含まれている素材に適した洗濯方法を選ぶようにしましょう。

例えば「綿90%、ポリエステル10%」と書いてある場合には、綿に適した洗濯方法を選べば失敗は少なくなります。

また、たくさんの素材が混ざっていて判断しにくい場合や、「自宅で洗濯して失敗したらどうしよう」と不安に思う場合は、迷わずクリーニングに出してしまうのが安心です!

クリーニング屋さんは、洗濯のプロです。

衣服のためにも、心の安心のためにも、迷わずプロの力を頼るといいでしょう。

②極端に洗濯に適さない素材が入っていないか?

生地に配合されているほとんどの素材が洗濯可能でも、その中に洗濯に適さない素材が混ざっているという場合。

そのような場合には、その素材が生地全体に悪さをしてしまう可能性があります。

今回のレーヨンも、水に弱いという点で洗濯に適さない素材の一つですね。

配合の割合にもよりますが、水に弱い素材などが多めに配合されている場合は、自宅でも洗濯は避けるのがベター。

スポンサーリンク

10%ほどと少ししか入っていない場合でも、心配ならクリーニングに出すようにしましょう。

お気に入りのお洋服が自分の誤った洗濯方法で着れなくなってしまったら、悲しいですからね。

最近は、クリーニング屋さんに持っていくだけでなく、お家まで取りにきてくれる宅配クリーニングサービスもたくさんあります。

クリーニングに出したい服があるけれど外出の時間が取れないという時などは、使ってみると便利ですよ。

ポリエステルとレーヨンとポリウレタンの違いとは?肌触りが一番良いのは?

服の素材のレーヨン、ポリエステル、ポリウレタンは、どれも人工の繊維ですが、それぞれに特徴は異なります。

レーヨンの特徴

  • 吸湿性に優れている
  • さらっとした手触り
  • シルクに似た光沢感
  • 涼感があり夏でも涼しい
  • 水に弱く縮んでしまう
  • 摩擦に弱くしわが出来やすい

レーヨンは絹を人工的に作ろうとして生まれたものですので、おしゃれ着によく使われます。

レーヨンの主成分は綿や麻と同じセルロースなので、基本的にはそれらと性質が似ていると言われています。

そんな中でレーヨンの最大の特徴と言えるのが、「なめらかな肌触り」と「美しい光沢感」です。

さらには繊維が柔らかく、コシがない為、ドレープ性も抜群です。

そんな上品な見た目から、レディースの肌着やブラウス、ワンピースなどに使われることが多くあります。

ポリエステルの特徴

  • しわになりにくい
  • 速乾性がある
  • カビや虫に強いので保管が簡単
  • 耐久性が高く洗濯に強い
  • 吸湿・吸水性が低い
  • 静電気が発生しやすい
  • 毛玉ができやすい
  • 色移りする可能性がある

ポリエステルはプラスチックの一種です。

ポリエステルの衣服はシワになりにくく、シルキータッチな感触です。

ポリエステル繊維を織ったり編んだりして、新しい布地を作ることができ様々な用途に応じて柔軟に対応できます。

ポリウレタンの特徴

  • ゴムのような伸縮性がある
  • 天然ゴムと異なり、染色性がある
  • 温度や湿度の急激な変化に強い
  • 塩素や光、カビなどにより脆化することがある

ポリウレタンは、1940年頃ドイツで開発された、5~10倍の伸縮性を持つゴムのような繊維です。

合成皮革で出来たコートや、伸縮性の優れたストレッチ製品やスポーツウェアなどに使われているのがポリウレタンです。

フェイクレザーなどとも言われることがあり、皮のような質感なのに安く手に入れられるということで人気です。

ポリエステルとレーヨンとポリウレタンを季節で使い分ける着こなし方を紹介!

例えばレーヨン単体なら春から夏の季節がベストです。

というのも、レーヨンは肌に触れた時に少しひんやりとした感触があるからなんです。

それに速乾性が高いので、汗をかいてもサラッとした肌触りなので、おすすめです。

一方でポリエステルは、レーヨンよりも季節を選ばずオールシーズン使える万能素材です。

ですので、ジャージやスポーツ用シャツに使われたり、フリースに使われるなど、用途も幅広いです。

ポリエステルは様々な素材に何%か配合されている場合が多く、特徴としてはポリエステルと似ているので、オールシーズン使えると思って良いでしょう。

レーヨンやポリエステル、ポリウレタンを季節に関係なくオシャレを楽しむコツにはこういったものがあります。

色を考える

どんな素材でも、パステルカラーの服を秋に着たり、茶系の服を春に着るのは「ちょっと違うな」感じてしまいます。

ですので、仮に春夏向きのレーヨンでも、色を秋冬に合う色にすることで違和感なく着ることが出来るのです。

素材感を考える

色をきちんと考えても、冬に肌が透けるような薄い服を着ていたら、自分だけではなく、周りからも「寒そう」と思われてしまいますよね。

また、色が明るくても、夏にファーの付いた服を着ていたら、ちょっとチグハグですよね。

そうならないような見た目の素材感も大切にしましょう。

合わせる服を考える

季節によって気温は変わりますので、それに合わせた着方をすることが大切です。

例えば夏に合うキャミソールを他の季節の時もそのまま着るのは、ちょっと不自然ですよね。

しかし、その上に白いカーディガンを羽織ったり、中に黒いハイネックを重ね着するとどうでしょう。

自分の体感温度も、他から見られた時の印象も大きく変わります。

ですので、組み合わせる服によっては、季節に関係なく着ることも出来るのです。

夏に着たいレーヨンは、汗の臭いが蓄積されるため注意が必要です。

レーヨンは乾きやすく、肌を涼しくさせてくれる効果がありますので、春と夏に向いている素材といえます。

そんな夏に着たいレーヨンは、汗の臭いが蓄積されるため注意が必要なのです。

素材自体が乾きやすいと言っても、水分とニオイの成分は別物です。

臭いを吸着してくれるレーヨンは時間が経つと臭いが出てしまうことがあります。

そうなってくると、クリーニング店に出しても臭いが取れないこともありますので注意が必要です。

ポリエステル、ポリウレタンにも注意点があります。

静電気が起こりやすい冬の季節は、ポリエステル、ポリウレタン素材の組み合わせに注意が必要です。

暖かいポリエステルやポリウレタンの素材を着ていて困ることは静電気を起こすことです。

人によって「帯電しやすいひと、しない人」がいるとされていますが、実はポリエステルと一緒に着る服の組み合わせによって起きている可能性もあるのです。

静電気はプラスの電気を帯びやすい素材と、マイナスの電気を帯びやすい素材とが擦れ合うことによって起きます。

ですので、身の回りの布製品がプラス素材なのか、マイナス素材なのかを考えて着るようにすると、静電気を起こす可能性が低くなるのです。

素材の中で、プラスの素材とマイナスの素材をご紹介しますので、参考にしてみてください。

【プラスの電気を帯びやすい素材(帯電しやすい順)】

  1. ナイロン
  2. ウール
  3. レーヨン

【マイナスの電気を帯びやすい素材(帯電しやすい順)】

  1. アクリル
  2. ポリエステル
  3. アセテート

こちらを参考にして同じグループ同士の服を組み合わせれば、静電気を起こす可能性が低くなります。

逆に別のグループ同士の素材の服を着ると静電気が起きやすくなりますので、ご注意ください。

このように、レーヨンやポリエステル、ポリウレタンにはそれぞれの特徴がありますので、それを理解してどちらも上手に着こなしていきましょう。

まとめ

ポリエステル、レーヨン、ポリウレタンについて調べてみましたが、それぞれの特徴があって面白いですね。

生地の素材を考えて服選びをすることはありませんでしたが、静電気には毎年困っていたので、参考にできます!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました