ラッカースプレーの落とし方!床・車・手についた場合で徹底解説

豆知識

DIYや車の修理によく使われるのが、ラッカースプレーですね。

速乾性があり作業効率が良いことから、スプレー缶やスプレーガンタイプが主に使用されています。

そんなラッカースプレーですが、目的とは別の場所につけてしまうと大変です。

車や家の中、自分の手や肌についてしまうと落とせないのではと心配になりますよね。

でも大丈夫です。付着したラッカースプレーは落とすことができます。

付着した場所によって方法は異なりますが、この記事ではラッカースプレーの落とし方をご紹介しますよ。

落とし方が分からない・使いたいけど落とせるか不安な人は、参考にしてください。

落とし方がわかれば、安心してラッカースプレーでの作業ができますね。

ラッカースプレーの落とし方【床についた場合】


スポンサーリンク
家の中でDIYの作業をする人は、多いと思います。

家具を塗装しようとして、うっかりラッカースプレーを床につけると大変ですね。

そんな時は、ラッカーシンナーを使うと、床に付着したラッカースプレーを落とすことができます。

ラッカーシンナーは、ラッカー系の塗料を希釈・洗浄するための有機溶剤です。

溶解力が高いので、床に付着したラッカースプレーも落とすことができるのですよ。

では、床に付着したラッカースプレーの落とし方と用意するものを見ていきましょう。

用意するもの

  • 手袋
  • マスク
  • ウエスなど

作業をする際は、素手で触らず手袋を着用してください。

また、マスクも必ず着用するようお願いします。

ウエスなどは、できれば繊維が溶けないタイプの布がいいです。

なければ、家にある使わない布でもいいですよ。

落とし方

  1. ウエスにラッカーシンナーをつける
  2. 落としたい部分を布で叩くように拭き取る

注意点は、シンナー臭がするので必ず部屋の換気をしてください。

また、長時間の使用は控え、体調に異変を感じたらすぐ中止してください。

ラッカーシンナーは床の素材や塗料を溶かす可能性もあるので、部屋の隅などで試し拭きをしてから使用しましょう。

他には、除光液やエタノール、みかんや柑橘系の皮も有効といわれています。

除光液やエタノールは布につけて、拭き取ります。

みかんや柑橘系の皮には、リモネンという成分が含まれています。

これは油成分なので、油性のラッカースプレーに効果があるようです。

うっかり床につけてしまったラッカースプレーは、落とせます。

でも、床の素材や塗料に影響を及ぼすこともあるので、注意が必要です。

難しい場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

また、時間が経つと落としにくくなるため、すぐに落とすことが大切ですよ。

ラッカースプレーの落とし方【車についた場合】


ラッカースプレーは外で使用する機会も多いです。

しかし、風向きなどで車のボディ部分にラッカースプレーが付着することもあります。

車にラッカースプレーが付着した場合は、カー用品で落とすことができます。

カー用品は車専用の油汚れやキズを目立たなくする研磨剤などが使用されています。

また、車の塗装はラッカーシンナーなどの有機溶剤を使用しても影響がでにくいことから使用が可能です。

ここでは、4通りの落とし方をご紹介しますね。

粘土クリーナー

これは、カー用品店などで購入ができます。

車に付着した鉄粉や油汚れを落とせるので、ラッカースプレーにも効果があります。

水を流しながら、粘土クリーナーで汚れを落としてください。

シリコンオフ

これは、車についた油汚れを落とすものです。

成分が有機溶剤なので、ラッカースプレーも落とせます。

繊維が溶けださないウエスなどで、汚れを拭き取ってください。

スポンサーリンク

コンパウンド

これは、車専用の研磨剤です。

ボディについたキズを目立たなくさせるのに使います。

そのため、車に付いたラッカースプレーも削り取ることができます。

しかし、車の塗装も一緒に研磨するので、ゴミや汚れが付いていると別のキズがつくこともあります。

事前にゴミや汚れがないようにしてから、使いましょう。

ラッカーシンナー

ラッカーシンナーの成分は、有機溶剤です。

溶解力が高いことから、ラッカースプレーを落とすのに効果的です。

注意点は、研磨剤や有機溶剤が含まれているので、車の塗装が剥げることもあります。

車のボディ以外の部分に付着すると、ゴムが溶けたりパーツが故障する可能性もあります。

取り扱いには注意してください。

また、引火性が高いので火器の使用は絶対にしないでください。

車のボディ部分についたラッカスプレーは、落とせます。

しかし、車の状態によっては塗装が剥げることもあるので、目立たない箇所で試し拭きをした方が安全ですね。

また、無理に落とそうとせず、修理工場や専門業者に連絡しましょう。

ラッカースプレーの落とし方【手についた場合】

DIYなどでラッカースプレーを使用していると、手に付着することもありますね。

ラッカースプレーは手や肌に付着した場合でも、落とすことができます。

この場合、水性と油性で落とし方が違います。

水性は水に溶ける性質があり、油性は油に溶ける性質があるので、性質を利用した方法で落とせます。

では、水性と油性の落とし方について、それぞれ見ていきましょう。

水性

水性は水に溶ける性質があります。

スプレーが乾く前

ラッカースプレーが乾く前なら、手や肌に付着したスプレーは水で洗い流せます。

スプレーが乾いた後

スプレーが乾いた後の場合、ぬるま湯につけてからブラシや爪でこすると落とせます。

油性

油性は油に溶ける性質があるので、油分が含まれている製品で落とすことができます。

メイク落としを使う

メイク落としの成分はスプレーの成分を落とす効果があります。

そのため、メイク落としがあれば、落とせます。

まず、スプレーが付着した部分にメイク落としを付けます。

ゆっくり馴染ませながらマッサージをし、水かぬるま湯で洗い流します。

マヨネーズを使う

マヨネーズは油分が含まれているので、スプレーを落とす効果があります。

使い方は、スプレー部分にマヨネーズを乗せます。

数分おいてからマヨネーズを拭き取るとスプレーも一緒に拭き取れます。

専用のハンドクリーナーを使う

工場やガソリンスタンドで働いている人用に、専用のハンドクリーナーが販売されています。

ホームセンターや通販で購入可能です。

専用のハンドクリーナーなので、肌への負担も考慮されていて安心して使えます。

注意点は、肌を傷めないようにすることが大切です。

万が一、肌に異常を感じたら医師に相談してください。

ラッカーシンナーもスプレーを落とすには効果的ですが、肌への負担が大きいため最終手段としてください。

手や肌についたラッカースプレーは、落とせます。

ただし、スプレーが水性か油性かで落とし方が違うので注意してください。

肌を守るためにも、スプレーを落とした後は、保湿をしっかりと行うようにしてくださいね。

まとめ

  • ラッカースプレーが床に付着した場合、ラッカーシンナーを使うと落とせる
  • 車に付着した場合、カー用品やラッカーシンナーを使うと落とせる
  • 手に付着した場合、水性と油性それぞれの方法で落とせる

DIYやおもちゃ製作に、ラッカースプレーを使用する人が増えています。

しかし、思わぬ形で別の部分に付着することもあります。

ラッカースプレーは、乾く前に落とす方がきれいに落とせます。

事前に対処法と落とす際に使用するものを用意しておけば、安心ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました