寅の刻とは何時のこと?意味や読み方を解説

豆知識

寅の刻って知っていますか?

なにか聞いたことがあっても実際に調べたり、知ってたりする人はすくないはず!

刻だから時刻のことかな?でも1時や2時ってあるのに、なぜそんな呼び方をするのか。

そんな寅の刻について少し調べてみました。

寅の刻の時間は何時?


スポンサーリンク
寅の刻とは今の時代で午前3時から5時とされ、一日のはじまり(夜明け)の時間となっていました。

寅の刻の意味

江戸時代には1日は12の「刻」に分けられ、時刻の表記には干支が使われていました。

深夜の0時が「子」で、2時間ごとに「子、丑、寅、卯、辰、巳…」となり、「丑の刻」などと呼ばれました。

今でも使われている「正午」という言葉は、「正 午の刻」という意味です。

子(ね)★午前0時(午後11時から午前1時)
丑(うし)午前2時(午前1時から午前3時)
寅(とら)午前4時(午前3時から午前5時)
卯(う)午前6時(午前5時から午前7時)
辰(たつ)午前8時(午前7時から午前9時)
巳(み)★午前10時(午前9時から午前11時)
午(うま)午後0時(午前11時から午後1時)
未(ひつじ)午後2時(午後1時から午後3時)
申(さる)午後4時(午後3時から午後5時)
酉(とり)午後6時(午後5時から午後7時)
戌(いぬ)午後8時(午後7時から午後9時)
亥(い・ゐ)午後10時(午後9時から午後11時)

古時刻はさらに4つに分割されて言われていたことも覚えておきましょう。

たとえば「丑四つ」と書かれていたら、丑(うし)の時間である午前1時から午前3時を4つに分け、30分を一つと数えたときの4番目、つまり午前2時30分から午前3時のことをさします。

「一つ」=30分なんです。

十二支の読み方

二支の順番や読み方は以下のとおりです。

  1. 子(ね=ねずみ)
  2. 丑(うし)
  3. 寅(とら)
  4. 卯(う=うさぎ)
  5. 辰(たつ)
  6. 巳(み=へび)
  7. 午(うま)
  8. 未(ひつじ)
  9. 申(さる)
  10. 酉(とり)
  11. 戌(いぬ)
  12. 亥(い=いのしし)

今回、この十二支の覚え方や、十二支に関する昔話などをご紹介していきます。

十二支の簡単な覚え方

十二支は普段の生活で役立つこともありませんが、一般常識みたいなところがあるので、これを覚えていないと恥をかく場面に直面することもあります。

しかし、簡単に覚えられますし、一度覚えてしまえばそうそう忘れることはないので、これを機に覚えていなかった人は覚えてしまいましょう。

ポイントは3つ。

  1. リズムで覚える
  2. 六・四・二を意識する
  3. 歌で覚える

1.リズムで覚える

十二支はリズムで順番に覚えるのが基本です。

「ねー、うし、とら、うー、たつ、みー、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いー」。

これを繰り返し唱えてリズムを頭に覚えさせます。

実際、リズムで以外で覚えている人は見たことがありませんし、9割以上の人がリズムで覚えているのではないかと思います。

12しかありませんし、これ以上簡単な語呂はないので、これをそのまま覚えてしまうのが一番手っ取り早いのです。

アルファベットのABCD・・・と同じ要領ですね。

『15番目のアルファベットは何か?』『Uの次のアルファベットは何か?』というような問いの答えはなかなかすぐに出てこないかと思いますが、これはほとんどの人がアルファベットをリズムで順番に覚えているからです。

十二支もこれと同じです。

『巳(へび)年の次は何年か?』『6番目の十二支は何か?』と言われた時、「えーっと・・・、ねー、うし、とら、うー…」と言ったように順番に数えていって思い出します。

2.六・四・二を意識する

十二支は12個を一塊で覚えるのではなく、6+4+2個でグループ分けして覚えるのがポイントです。

  • 「ねー、うし、とら、うー、たつ、みー」
  • 「うま、ひつじ、さる、とり」
  • 「いぬ、いー」

といった感じです。

先ほどリズムで覚えるといいましたが、「みー」まではリズムよく言えても次の「うま」がなかなか出てこないものです。

「いぬ」も同様に出てきにくいですね。

しかし、「うま」や「いぬ」が出てきたら後はリズムよく言えるので、これを頭に入れておくと覚えやすいかと思います。

さてさて、「どうして十二支はあの動物なの?」と誰しもが一度は疑問に思ったことがありませんか?

日本では、こんな民話が語り継がれています。

昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。

「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」

動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。

ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。

猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。

さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。

牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。

そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。

とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。

それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。

それでねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すのだという言い伝えになっています。

これは福島県のものですが、類話は日本全国に伝わっており、他に、遅れてきた猫が神様に「顔を洗って出直して来い」と怒られて、以来猫が顔を洗うようになった・・とか
猫がお釈迦様の薬を取りに行ったねずみを食べてしまったために十二支に入れてもらえなかった・・などというものもあるそうです。

この類話は中国、朝鮮半島、モンゴル、中央アジア、ロシア周辺にも伝わっており、殆どのものが「猫とねずみが敵対することになった十二支の話」か「ねずみが牛にくっついていって一番になる十二支の話」なんだそうですよ。

寅の刻と財布の関係

寅の日は金運を高める素晴らしい吉日として暦の中でも人気の日です。

暦にはいくつかの吉日が存在します。

最高の大吉日の天赦日や一粒万倍日、大安等々。

そんな吉日と寅の日が被ったらさらに金運を高める素晴らしい開運の日になることはご存知でしょうか。

今回は、そんな寅の日という暦の中の吉日にまつわる様々なことを解説します。

財布の購入や宝くじの購入にはもってこいの吉日ですが、結婚や入籍には実は向かないなど、気になるところも解説します。

寅の日とは「財布購入にぴったり」の金運を高める吉日寅の日の本来の意味などは後程詳しく解説をしますが、まず何と言っても、寅の日は「金運招来日」と言われることが現代では特に重視されています。

寅の日の寅は、ご存知の通り動物の虎です。

古来中国では虎の毛皮は金色をしていることから、金運を高める象徴として考えられたり、邪気などを追い払う神聖な動物でありました。

そんな虎の日ともいえる、十二支が「寅に当たる日」は私たちの金運を高めるため、お金を稼ぐこと、お金の運気に関わること、お金を支払うこと等々様々なことに良い日だとされています。

また、仏教の神様で金運・商売繫盛のご利益で知られる毘沙門天の眷属は虎であるとされることからも、寅の日は金運を高める吉日とされます。

寅の日の意味

そもそも、「寅の日」とはどう決まるのかと言うと、私たちの暦の上では十二支が一日一日を担当をするような形でそれぞれに十二支の動物が割り当てられてます。

その割り当てられた動物が虎の日が暦の上での「寅の日」と言います。

12日で一周するため、寅の日は月に2、3回巡ってくる日を指します。

この寅の日は金運を高める日だけではありません。

虎は中国の故事成語で「勢いが盛んな様」を表す「虎は千里を往って千里を帰る(戻る)」と言う言葉があるように、無事に帰ってくるという意味も持っています。

そのため、旅行の出発の日としても大吉日とされます。

しかし、この由来から、結婚や入籍、葬式の日には良くないものとされます。

ですので、寅の日は大変良い日ではありますが、気を付けなければならない点もあるということです。

それでは、寅の日にすると、吉とされるよいことについて見ていきます。

寅の日にすると、吉とされるよいこと

一つだけ注意ですが、暦はそれが宿命であると決めつけを行うものではありません。

大事に臨んだ時の吉凶や、行動に移すかどうかを悩んだ時に行動を移す指針とするものです。

また、九星や宿星と言った、皆さんが生まれ持つものと、日の吉凶を見るというのが吉凶を占う最善の方法ですので、あくまで参考程度に考えて見てください。

財布の購入・使い始め

寅の日は金運を高めることから、財布の購入や使い始めといった新調によい日です。

さらに、財布の金運の効果を高めるなら、一粒万倍日という一つの行動が万倍になって返ってくるという素晴らしい吉日と寅の日が重なる日は金運の面で最高の開運の日と言えます。

また、財布寅の日は月に2、3回ありますが、季節で財布の購入に縁起のよい日があります。

【春財布(張る財布)】
字面の通り、春に財布を購入すると、お金で財布がパンパンに張るという意味を持ちます。

この場合の春は旧暦での春を意味し、新年の1月(新春)~二十四節気の夏の始まりである立夏の5月4日ごろに財布を購入すると良いとされます。

【秋財布(実る財布)】
秋のころに財布を購入するのもとても財布の金運アップに良いとされます。

これは、収穫の秋と言われる、実りの多い秋に購入する財布は実りの多い財布になると言われています。

また田んぼが黄金色に輝くことから、秋は金の季節とも言われてきたことからも、財布の秋に購入するのはとても縁起が良いとされます。

秋と言っても、これもまた古来の暦の二十四節気の秋分の日(9月23日頃)~冬の始まりの立冬(11月24日)までを指します。

財布の購入する時間に関しては寅の日の中でいつが良いとはありませんが、六曜の吉凶を気にしてもいいかもしれませんね。

また、風水では満月の日はとても運気を高めると言われていますので、満月の日も考えてもよいでしょう。

使い始めの時間も気にする人は、陰陽五行からくる風水の考えで、夜17時~23時に使い始めると良いとされています。

財布のことばかり話しましたが、金運が上がる寅の日は、財布に限らず、お金に関わる物事にとてもよい日です。

寅の日は宝くじの購入等お金にまつわる買い物にも

一般には宝くじの購入にもとてもよいとされていますし、寅の日は中国の虎がどこまで遠いところに行っても帰ってくるという故事成語から、「お金を使っても帰ってきてくれる」日と言われます。

ですので買い物なんかにも寅の日はとてもよいでしょう。

引っ越し

寅の日は旅行に良い吉日とされていることから、新しい家への旅立ち(=引っ越し)にも吉日であるとされます。

大安に引っ越しをするという人はいまだに多いですが、寅の日に引っ越しをしたいという人は少ないので、引っ越し業者も空いていることが多いと言われますし、実生活の面でも引っ越しに向いていますね。

一応、さらに気にするのであれば、引っ越しに関わる吉日や凶日についても気を付けるとなおよいでしょう。

納車

納車の日にも寅の日は吉日とされています。

寅の日はも物事の始めに向く吉日ですので、新しい車を迎える日の納車は寅の日を選ぶのも大変よいですね。

開業・開店

新しい商売、ビジネスを始める門出の日にも寅の日はとても吉日とされます。

この日はお金を使うこと自体がとてもよい日ですので、この日に開業ではなくとも、新しい事業へ投資をするなどにも吉日です。

借金やローンの契約

寅の日はお金が返ってくる日であると考え、借金を行うにも良いと一般には考えられています。

神社のお参り

寅の日は特に神社のお参りに良い日であるとは考えられていないようですが、金運を高める神社として名高い神社や商売繁盛の神社にお参りをするのは良いとも言われます。

いずれにしても、金運や旅立ち(交通)ということに関連することであれば寅の日を選んでお参りをするのもよいでしょう。

特に、神社に限らず毘沙門天を祀る寺院などでは寅の日は毘沙門天のご縁日とするところもあり、毘沙門天のご利益によりあずかることができる日と言われています。

寅の日の時間(寅の刻)について

ちなみに、寅の日は上記のようなことで吉とされますが、さらに時間を寅の刻にすると、さらに大吉とも言われます。

加えて、月にも寅の月があり、寅の月、寅の日、寅の刻が重なるときを「三寅(みとら)」と言います。

この時は先ほども出てきましたが、毘沙門天を祀る寺院などで「三寅参り」を行うところがあり、「三寅の福」を授かるとも言われ、運気が高まるともされます。

ちなみに寅の刻は午前3時~5時、寅の月は旧暦で考えるため少しずれるのですが、新暦では大体2月に当たります。

寅の日はとても良い日だとイメージがあると思いますが、実は寅の日に行うのは良くないと考えられる物事が複数存在します。

寅の日の入籍や結婚式

これは、何度か出てきている、虎の故事成語から、「元に戻る」を、「元の家に帰ってしまう」という考えにつながり、離婚をしてしまうとし縁起が悪いとされます。

葬式

葬式も同じ考え方で、死者を弔う(死後の世界へのお見送りをする)という葬式の日が寅の日だと、死者が帰ってくると言われます。

寅の日が他の吉日と重なる効果

寅の日が他の吉日と重なるとその開運の効果がさらに大きくなります!とお伝えしました。

具体的に他の吉日には何があるかを見ていきます。

寅の日と一粒万倍日

寅の日と一粒万倍日はとても相性の良い最高の日になります。

一粒万倍日とは、一粒の籾が万倍に実り稲穂になるという吉日。

種蒔きのほか、仕事始めや新規開店、お金の支出によい日とされると言われ、何か良いきっかけとなる行動を起こせばその結果は万倍になると言われています。

そのため、寅の日と一粒万倍日が重なった日に金運に関わることや会社の創業等を行うと、大きく成功をするとされ大吉日になります。

ただし、一粒万倍日は仏滅等の凶日と被ると、悪いものも万倍にしてしまうとされていますので、注意が必要です。

寅の日と天赦日

寅の日と天赦日もまた、素晴らしい大吉日です。

天赦日とは、干支の組み合わせが最も良い最高の日であり、結婚や、商売の始め、など様々な物事を始めるのに相応しい日。

結婚に関しては、寅の日がふさわしくないと考えられていますが、他の物事に関しては寅の日と天赦日が重なるととてもよい開運の日になります。

寅の日と大安

吉日として、多くの人がご存知であろう大安と寅の日の組み合わせも、とてもよい日になります。

ただし、結婚に関しては気にする方であれば、いくら大安であろうと、寅の日に行うのは良くないとして外すのが無難です。

寅の日と巳の日

寅の日と同じ、干支で割り振られて巳の日というこちらも金運を高めるとされる縁起の良い日があります。

自明なことかと思いますが、寅の日と巳の日は絶対に重なることはありません。

寅の日と巳の日いずれかが良いというわけではありません。

ただ、巳の日は弁財天(弁才天)を祀る神社や寺院にて、巳の日参りが行われ、その日だけのお守りなどを授与していただけます。

まとめ

寅の刻についてご理解いただけましたでしょうか。

江戸時代には時間に十二支が使われ、日にも十二支が使われ、年にも十二支が使われていたとても普段の生活に密着したものでした。

その中でも、干支で今年は寅年だから〇〇、寅の日は〇〇、寅の刻は〇〇と、自身の生活に密着させ生活の指針にしたり、自重させたり、考えの糧にしたりと重用されていたのがわかります。

これからもこういったしきたりをきちんと理解しながら昔のいい監修や言い伝えを大事に生活していければ、これからの未来も少しは明るくなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました