アクリル絵の具の落とし方3選!パレット、服、床の場合は?

生活

アクリル絵の具をご存じでしょうか?

絵の具という名前がついている通り、こちらはイラストなどをする際に使用する画材の一種です。

絵の具は小さなお子さんからご年配の方まで幅広く使われている画材ですがやはり、うっかり汚してしまう事ってありますよね?

それは服だったり床だったり机だったりいろいろあると思います。

絵を仕事にしている人で、アクリル絵の具を使う人は絵の具を使う時用の服を持っていたりしますがまだ、未成年の人でそういったものを持っている人は多くありません。

ですが、パレットや服、床などに付いた汚れを取れるのであればとりたいですよね。

そこで今回はアクリル絵の具の落とし方を紹介していきたいと思います。

アクリル絵の具の落とし方【パレット編】


スポンサーリンク
では早速ですが、パレットに出して放置してしまい、落ちなくなってしまったアクリル絵の具の落とし方を紹介していきたいと思います。

こちらの落とし方はいくつか方法がありますので順番に説明していきたいと思います。

お湯で落とす方法

こちらの方法はアクリル絵の具が乾きかけという条件下でのみ可能な落とし方です。

40度前後のお湯を用意します。

キッチンなどで出るお湯の温度で大丈夫です。

40度前後のお湯に少し浸しておきます。

おおよそ10分程度で大丈夫です。

心配な方は長めに20分程度置いておくとよいと思います。

置いておいたらあとはこすれば綺麗に落ちます。

汚れをお湯でふやけさせて浮かせて取る方法です。

こちらの方法は誰でも思いつきそうな方法ですよね。

メラニンスポンジで落とす方法

こちらの方法はメラニンスポンジを使って落とす方法です。

メラニンスポンジはどこででも手に入るものですので100円均一などで揃えて置いてください。

こちらは先ほどお教えしましたお湯で落とす方法の上位版です!

お湯で落としつつメラニンスポンジでこする方法です。

メラニンスポンジでこすって落とすと劇的に汚れが落ちるのでおすすめです。

落とし方はお湯に浸しながら、メラニンスポンジでこするだけです。

お湯で落とす方法で落ちなかった人はこちらのメラニンスポンジで落とす方法を試してみて下さい。

重曹+メラニンスポンジで落とす方法

こちらはメラニンスポンジ+重曹で落とす方法です。

水を含ませたメラニンスポンジに重曹をかけて含ませてからこすって、水かお湯ですすいで汚れを落とします。

汚れ落としで重宝されている重曹ですがパレットの汚れ落としにも例外なく使えます。

是非試してみて下さい。

マジックリンスプレーで落とす方法

こちらはマジックリンのスプレータイプを使用した落とし方です。

マジックリンスプレーをパレットの汚れを落としたい場所にかけて数分間置いておきます。

水を含んだスポンジでこすって落としてお湯か水で流します。

こちらの方が落ちる力が強いのでなかなか汚れが落ちない人はこちらを試してみて下さい。

マニキュア除光液で落とす方法

こちらは100円均一などにも売っている除光液での落とし方です。

除光液をティッシュかコットンに染み込ませて落としたい汚れの部分をこすって落とします。

落としたらお湯か水で洗い流して完了です。

こちらも落とし方は比較的に簡単で、必要な物もすべて安価で手に入るものなので簡単です。

上記までの落とし方を説明させていただきました。

比較的に簡単に揃いますし落とせるので落とし方が分からない方やなかなか落ちない方は是非試してみて下さい。

アクリル絵の具の落とし方【服編】


それでは次に、服にアクリル絵の具が付いてしまったときの落とし方を紹介していきたいと思います。

こちらも簡単な落とし方なので是非試してみて下さい。

台所用中性洗剤・除光液での落とし方

服についたばかりのアクリル絵の具であれば台所用の中性洗剤や除光液で簡単に落ちます。

取れると言っても応急処置程度にしかならないのである程度台所用の中性洗剤と除光液で取れたら洗濯機や手もみ洗いでしっかり落としてください。

台所用洗剤と除光液の使用方法は落としたい部分に少量落として揉みこんで水かお湯で洗い流すだけです。

付いたばかりなのであればこちらの方法を試してみて下さい。

クレンジングオイルでの落とし方

時間が経ってしまったときの落とし方はクレンジングオイルが有効です。

クレンジングオイルも100円均一などで買うことが可能で安価で揃えることができるのでオススメです。

クレンジングオイルの落とし方は落としたい箇所に垂らして染み込ませて数分待ちます。

数分待った後、揉みこんでお湯か水で流します。

これだけです。

簡単なので時間が経ってしまった場合はこちらを試してみて下さい。

布・歯ブラシでの落とし方

布や歯ブラシが無い場合は上記の落とし方になるのですが、布や歯ブラシがある場合は以下の落とし方を試してみて下さい。

汚れの場所に裏から当て布をし、台所用中性洗剤や除光液・クレンジングオイルなどを染み込ませて当て布の上から歯ブラシで擦ったり、トントンと染み込ませるように叩くとある程度取れます。

スポンサーリンク

以上が服にアクリル絵の具が付いた時の落とし方です。

付いたばっかりの服と付いてしまって時間が経過してしまった服それぞれ別々の落とし方を紹介させていただきました。

いずれも、落とす際に使う道具や商品はダイソーやセリア、キャンドゥなどといった大型の100円均一ショップで簡単にしかも安価で手に入るものなので気軽に揃えることができますしオススメなので是非試してみて下さい。

服についてしまったアクリル絵の具を落とすのを諦めてしまっている方などたくさんいらっしゃると思います。

是非そういった方は諦めずに試してみて下さい。

アクリル絵の具の落とし方【床編】


アクリル絵の具を床に落としてしまったことなどありませんか?

こちらでは床に落としてしまったアクリル絵の具の落とし方について紹介させていただこうと思います。

床にアクリル絵の具を落としてから乾くまでの間の落とし方

床にアクリル絵の具がついてしまってから乾くまでの間の対処法はひたすら水拭きをすることです。

乾くまでの間に出来るのは、ひたすら乾く前に拭き上げることです。

他にも汚れの取り方がないものか調べてはみたのですがこちらの方法しか出てきませんでした。

もしかしたら他にも方法はあるのかもしれないので近辺の人に聞いてみるのも良いかと思います。

とりあえず私が調べた際にはとにかくふき取るという事しか出てこなかったので、とりあえず拭いてみて下さい。

雑巾でふき取るのも良いのですがメラニンスポンジや、普通のソフトスポンジや歯ブラシなど使って拭き上げてみても良いかもしれません。

また、水を使うのではなくお湯を使ってみるのも良いかと思います。

床にアクリル絵の具がついて乾燥して固まってしまった場合の落とし方

アクリル絵の具が乾いてしまった際の落とし方は何種類かあって、それぞれ詳しく説明させていただこうと思います。

アクリル絵の具用のリムーバー

アクリル絵の具にはリムーバーという物が存在します。

リムーバーというのは名前を見ただけで気付いた方も居ると思いますがアクリル絵の具を落とすための物となっています。

液体状のものからクリーム状のものまでさまざまあるのですが床の材質に合わせて使い分けてみて下さい。

ただし、ここで注意点があります。

リムーバーは落とす力が強いため、床の色も一緒に落ちてしまう可能性が高いところです。

アクリル絵の具、落ちはするのですがそのアクリル絵の具がついてしまった床にまで干渉してしまうので注意が必要です。

ですので、あまりオススメできる方法ではなく最終手段として使う方法となっています。

リムーバーの使い方は物によって違うのでこちらではそちらの説明は省かせていただきます。

クレンジングオイル

先ほど、服についてしまった場合の落とし方でも出てきましたクレンジングオイル。

こちらのクレンジングオイルは床についてしまったアクリル絵の具にも使えます。

しかしこちらも上記のリムーバー同様床の色が落ちてしまう可能性が高いので最終手段として使うことになります。

では、床の色落ちをさせずに落とすにはどうすればいいのか?

結論的には削り落とすです。

色々調べてはみたのですが、床の色を落とさずにアクリル絵の具だけを落とすには、やすりなどを使って、削り落とす以外方法はないようです。

簡単な方法ではありますが、神経や手先の器用さが大事になってくる作業ですのでかなり大変にはなってきます。

下手をしたら床を傷つけてしまいます。

不安な方は業者を呼ぶなどして対処しなければいけませんがもちろん多少なりとも高めのお金がかかってきます。

自分自身で落とすのか、業者を呼んで落とすのかはご自身で判断せざるを得ません。

あくまでも、自分で落とすという方は上記のいずれかの方法を試してみて下さい。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

以上がアクリル絵の具の落とし方でした。

調べるまでは、私自身専用の何か別の道具がいるかと思っていたのですがダイソーやセリア、キャンドゥなどで気軽に揃えられるもので落とせるのを知り、とても驚きました。

私はアクリル絵の具はたまにしか使いませんし使ったときも机にちょっとはみ出た部分が付いてそれをすぐに拭き取っていたのであまりアクリル絵の具の落とし方については気にしたことはありませんでしたが完全に乾ききってしまうと落とすのが凄く大変なようですので勉強になりました。

落とし方も様々な落とし方がありましたが、パレットや服についたアクリル絵の具の落とし方はとても簡単そうでしたが、床についてしまったアクリル絵の具の落とし方は凄く大変そうだな、と思いました。

基本的な床にアクリル絵の具が付いて、固まってしまった際の落とし方は削り取ることというのも、持ち家ではなく賃貸などの場合取り返しがつかなくなりそうですし、少し怖いですよね。

後から何か言われることを考えたら最初から業者さんに頼むのが一番安全かもしれませんね。

お金は少しかかってしまいますが…

女性の方なんかは特に、クレンジングオイルなど持っている方がほとんどですし、すぐに持ち出せますのでクレンジングオイルで落とせるというのはとても大きな利点ではありますよね。

また、台所用の中性洗剤でも落とせるようですのでこちらの台所用の中性洗剤はどの家庭にも必ずあるものですし、試してみる価値ありですよね。

今までアクリル絵の具が付いてしまい落ちなくなってしまって諦めている方は是非上記の方法を試してみて下さい。

私も、またアクリル絵の具を使う機会がありましたら汚れた際には上記の方法を試してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました