セリアの「ズパゲッティ」って何!?今さら聞けないその真相を調査!

100均

セリアで発売されているズパゲッティというものを調べてみました。

パスタの仲間かなと思いきや、実は手芸で使う糸の一種で、手芸界ではかなりバズった商品でした!

今からでも遅くない!

セリアで販売されている、話題のズパゲッティについて一緒に勉強してみましょう。

セリアで売っているズパゲッティは手芸用糸のこと!素材は意外なアレ!


スポンサーリンク
ズパゲッティとは、DMCという海外の会社が出している『フックドゥ・ズパゲッティ「hoooked zpagetti」』という布製の編み糸で、Tシャツヤーンの1種です。

Tシャツやカットソーを作る際に余った部分を、編み糸としてリサイクルされた素敵な商品のことなんです。

Tシャツヤーンやニッティングヤーンとも呼ばれる天竺素材(Tシャツ生地)で出来た毛糸です。

実は2017年に大ブレイクしたズパゲティヤーン。

呼ばれ方は様々で、

  • Tシャツヤーン
  • アップサイクルヤーン
    (アップサイクルとは廃棄物を別の新しい物にして再利用すること)
  • 天竺ヤーン
  • ニッティングヤーン

とも呼ばれています。

名前は知らなかったという方もどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

名前はそれぞれのメーカーがつけていて登録商標なので色々な呼び方になってしまうんですね。

一般的な「毛糸」と同じ編み図で、同じような作品を編むことができますが、毛糸に比べてどっしりと重く、極太で毛羽立ちも少ないことから、ズパゲッティに適した作品が数多くあるようです。

ズパゲッティは色柄も豊富でカラフルな作品が多く、極太でざくざく編めて、毛羽立ちが少ないから編みやすいので、発売当初から人気が爆発しました。

編み図が読めなくても、動画などで簡単な編み方をマスターすれば、短時間で仕上げることもできますので、編み物初心者の方におすすめの編み糸です。

ズパゲッティは、Tシャツやアパレル素材から生まれる端材を使用して作られているため、均一の幅ではありません。

生地自体に伸縮性があり、よく伸びます。

色ムラや濃淡などがあり、品質・繊維の種類などから、つなぎ目や穴あきの物もあります。

さわり心地はTシャツヤーンではさらっとしているものや、ビロード調のものまでさまざまです。

ズパゲッティはとても太いというのが特徴です。

糸をそのままうどんとして見せることができるほどの太さを持っています。

毛糸の分類では、超極太になります。

さわり心地はさらっとしていて肌触りがよく、糸は切りっぱなしなので平たく、端はくるんと巻いています。

ズパゲッティにはどのくらいの種類があると思いますか?

今現在日本に入ってきている物で100種類以上。

オランダのHoooKedZpagetti社では500種類以上もあるそうです。

100均のセリアにも数種類のズパゲッティ(Tシャツヤーン)が販売されています。

柄物や無地単色など、さまざまなものがあります。

同じズパゲッティの柄を使って編んでいても、端材を使用しているためまったく同じものはありません。

それもズパゲッティの特徴と魅力になります。

ズパゲッティは毛糸とは違って、Tシャツなどのアパレルの端材を使用しています。

ですので、もちろん普通の毛糸とは違い重量があります。

ズパゲッティの糸は一玉120メートルで、重さは850gもあります。

セリアでは小型の玉で売っていて、一玉9mで25gです。

手芸をする人ならばご存じかと思いますが、超極太の毛糸120メートルでだいたい100g程度ですので、ズパゲッティはかなり重たいことがわかります。

改良版としてズパゲッティには軽量タイプの「リボン」というものもあります。

こちらの糸は同じ120メートルで250gです。

セリアのニッティングヤーンは、リボンと同等の重さの糸ということになりますね。

バックやクッションカバー小物など、ニーズによって使い分けできるところが嬉しいですよね。

ズパゲッティはTシャツをカットしてひも状にしたもので、軽量タイプは、リリヤン状に編まれた糸が靴紐のように平たくなっています。

ズパゲッティ(セリア)でマスクが手作りできる!?


ズパゲッティヤーンを使って、かぎ針編みや、棒針編みで、たくさんの作品を作ることが出来ます。

バッグやコースター、玄関マットなどが多く作られています。

どれもズパゲッティヤーンを使えば、ザクザク編めるので初心者にオススメとされています。

ですが、結局は編み物のスキルや道具が必要になってくるので、手を出せない方も多くいます。

そこで今回は編み物にしない、ズパゲッティを使った簡単な「マスク」の作り方をご紹介します。

作業時間は、たったの5分なので、お子さんでも、10分あれば作れちゃうかなと思います。

セリアのズパゲッティーをマスクのゴムがわりに使います。

用意するもの:マスク1つ分

  • 型紙
    大人サイズはハガキで代用できます。
    子供サイズはハガキの内側1cmくらいをカットしたものを使ってください。
  • ズパゲッティ:2本
    子供サイズで30〜40cmくらい。
    大人サイズで50cm~60cmくらい。
  • ガーゼ(30cm×1m)またはハンカチ
    ガーゼの場合は、30cm×25cmの大きさに折りたたんでおいてください。
  • 刺繍糸
    3本で縫うのが、縫いやすいですが、刺繍糸がない場合は、普通の糸でも大丈夫です。
  • 縫い針
    一般的な縫い針で大丈夫です。

マスクの作り方

1、スパゲッティーの色を選びましょう。
好きな色をお子さんと選ぶのも楽しいですよね。2、ズパゲッティを、大人サイズは30cm~35cmくらい。子供サイズは15cm~ 20cmくらいに切って、端っこを結んでおきます。自分の耳に実際に当てながら調整すると、失敗しないです。3、ガーゼの場合は、30cm×1mにカットして30cm×25cmの大きさに折りたたみます。ハンカチの場合は、30cm×25cmくらいになるまで折ります。

ハンカチが大きいバンダナサイズだったり、生地厚手の場合は、折りたたむとマスクの布部分が厚くなってしまい、マスク装着時に呼吸がしにくくなる原因になってしまいます。

折る回数を減らしたり、半分にカットして、実際に口に当てながら息を吸って確認しつつ、使ってみてください。

4、3で用意した布の右端に、型紙(ハガキ)をのせ、下から順に折りたたみます。

できるだけ、ぴったりと右に寄せましょう!

下側を、ハガキがずれないようにのせます。

スポンサーリンク

5、次に、ハガキに上のガーゼ(ハンカチ)を被せるようにのせます。

6、左に向けて、型紙が入っている方を、パタンと折りたたみます。

これで、型紙がガーゼに包まれた状態になりました!

7、型紙を形が崩れないように、そっと抜きます。

8、輪っかになった左端に、結んだズパゲッティを1本通します。

9、右側に残りのズパゲッティをつけます。

まずは、上側のガーゼ(ハンカチ)を手に取り、ボソボソしている縁を1cmくらい内側に折り込みます。

下側のガーゼ(ハンカチ)の上にズパゲッティをのせクルッとくるみます。

折りたたんだ上側のガーゼ(ハンカチ)を、ズパゲッティをくるんだガーゼ(ハンカチ)の上に乗せます。

10、ズパゲッティが布にくるまれた状態になるように、刺繍糸でチクチクと両側を縫っていきます。

この時、マスクの布がずれないように気をつけましょう。

まち針で止めるとやりやすいですよ。

縫い終わって、糸を始末すれば、完成です!

YouTubeで作っている様子が配信されています。

見ながら作ると、わかりやすいですよ。

可愛いハンカチで作ったら、さらにすてきなデザインになりそうですね。

ズパゲッティヤーンはゴムみたいに伸びるので、つけ心地がいいですし、耳が痛くなりづらいです。

ズパゲッティを100均で手に入れるならセリアへ行ってみて!


ズパゲッティヤーンを探してみると、たいていの手芸店で販売されていました。

大手の百貨店などでも販売されているようで、種類や数もとても豊富です。

ただ、人気が高いためすぐに売り切れてしまう傾向にあるようです。

なので、自分が気に入った商品があった場合は、なるべく早めに購入した方が良さそうです。

個人手芸店などで販売されている場合は、販売の数に限りがあったり、入荷してもすぐに売り切れる場合や、大手手芸店でも取り扱いのないところもあるので注意してください。

セリアなどの100均でも質のよい毛糸がたくさん売られています。

100均セリアでもズパゲッティを買うことはできるのでしょうか?

調べてみると、セリアなどの100均でもズパゲッティは売られていました。

Tシャツヤーンという名称ですが、ズパゲッティと同じ糸です。

毛糸のコーナーに同じ並びで置いてあります。

100均はお手頃な値段と量も多くないので、はじめて編む方、ちょっと使ってみたい方におすすめなんです。

冬のこの時期、セリアでもたくさんの毛糸が売られています。

その中でTシャツヤーンと書かれた糸を目にしたことはないでしょうか?

Tシャツヤーンもズパゲッティと同じ種類です。

こちらは一玉9mとかなり小さく小物を編むのに最適です。

セリア独自の糸で展開されています。

100均の中でセリアはオシャレなデザインが多いのが魅力的です。

ごしょう産業という毛糸専門のメーカーのズパゲッティヤーンが取り扱われています。

100均で売られていると手軽に買えるのがうれしいですね。

100均のキャンドゥもセリアと同様、ごしょう産業のズパゲッティが取り扱われています。

同じメーカーのズパゲッティでも、100均の店が違うというだけで違った種類のズパゲッティがあるようです。

いろいろなズパゲッティを探しに100均めぐりをするのも楽しいですね。

ダイソーは種類がとても豊富であり、セリアは雑貨屋さんのような暖かみがあるカラーが自慢です。

100均で有名なセリアは、とても魅力的なアイテムがたくさんあります。

100均と言えばダイソーがイメージできるかもしれませんが、ダイソーとは違いセリアは雑貨屋さんのような小物が多く揃っています。

雑貨屋さんのような小物になっているため、オシャレでとても可愛くとくに女性に人気があります。

こうしたさまざまな小物が用意されているセリアの中で、今注目を集めている雑貨はズパゲッティヤーン(Tシャツヤーン)です。

ズパゲッティヤーンは、Tシャツの生地を利用して作られた糸で、太くカラフルなだけではなく、Tシャツの素材そのままなので、使用感がとても良いと言う魅力があるのです。

セリアのズパゲッティは、ダイソーよりも種類は少ないです。

しかし、セリアならではのカラフルで落ち着いたカラーがありますので、暖かみを感じる小物を作るときには、セリアのtシャツヤーンの方が良いでしょう。

とくに可愛いバッグやふんわりとしたコースターを作るときには、ダイソーよりもセリアのズパゲッティの方がおすすめです。

セリアのズパゲッティは、「ニッティングヤーン」と言う名前で販売されています。

これはTシャツと全く同じ素材を使用して作られていますので、質にはなんら問題ありません。

種類は少ないですが、女性が好むカラーなのでぜひ使用してみてください。

100均のセリアのズパゲッティヤーンでできることは、まさに無限といえるでしょう。

雑貨アイテムのような物もできますし、小さなポーチなら編み方をマスターすれば、それほど難しい作業ではありません。

また、生活用品を作ることも可能です。

ズパゲッティは吸水力が比較的強いため、お風呂場のマットなどにもできます。

お風呂場のマットは少し多めのズパゲッティヤーンが必要になりますが、上手に数種類のズパゲッティを組み合わせて作ってみると、すごくかわいく仕上がります。

また、短時間で簡単にできるアイテムとして、ブレスレッドがあります。

ズパゲッティで作るブレスレッドなら、肌触りもとても良いため長時間付けていても違和感を感じにくいと言えます。

さらに慣れてくることで、大き目のバッグも作成できます。

Tシャツの素材を活用していますので、引っ張られる力に耐えることができます。

少し重た目の物を入れることを想定したバッグも作成することができるのです。

セリアで2017年末より販売されている、ごしょう産業のズパゲッティ(Tシャツヤーン)。

詳細は以下のようになっています。

セリアのズパゲッティ詳細

素材:ポリエステル100%、内容量:約25g(糸長約9m)。

<編み針の目安>

  • 棒針:8〜10mm
  • カギ針:7〜8mm

<標準ゲージ>
7.5目12段。
*ゲージ=10㎝×10㎝

<色展開>

  • No.1:ピンク 白
  • No.2:黄色 ムラサキ ピンク
  • No.3:黄色 ムラサキ 水色
  • No.4:ブルー グリーン
  • No.5:オレンジ ネイビー 黄色
  • No.6:ネイビー ベージュ 白
  • No.7:白 グレー 水色
  • No.8:茶色 ベージュ 白
  • No.9:グリーン グレー ネイビー
  • No.10:茶色 カーキ 水色

とくに色に名前は付いていませんが、10色展開でした。

店舗や季節によって取り扱ってない、売り切れのカラーがありました。

まとめ

編み物=毛糸のイメージでしたが、Tシャツで作られた糸を使って編み物が出来るんですね。

短時間で作品が出来ることから、初心者の方が挑戦しても最後まで作り切れるのが良いところですよね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました