食洗機の黒カビを取るにはハイターで大丈夫?おすすめ掃除方法を紹介

生活

食洗機はキレイに見えても食べ物の油や菌で汚れています。

食洗機は掃除をしないと汚れていき、菌が増殖してヌメリ・臭い・黒カビなどが酷くなる一方です。

実は食洗機の臭いや黒カビを取るためには、「ハイター」がオススメなのです。

 

\\食洗機の掃除にもオススメ!//

↑↑ハイターはこちらから購入できます↑↑ 

 

今回は、清潔な食洗機にする掃除方法をチェックしていきたいと思います。

キッチンの掃除で活躍する「ハイター」は食洗機の掃除にも適しているのかを見ていきたいと思います。

そもそも食洗機にハイターを入れていいの!?


スポンサーリンク
ハイターと聞くと、カビを落としたり、漂白したり、除菌したりと、キッチン周りのあらゆる汚れに対応してくれるというイメージですよね。

そのハイターを食洗機の掃除のために入れていいのか疑問に思ってきました。

汚れは落ちるでしょうが、食洗機の構造上、なにか部品を傷めてしまったり、食器や洗浄時の洗剤の使用に影響が出ないかなど、心配な点がいくつか。

ハイターが食洗機の掃除に適しているのかを調べるために、先にハイターの特徴を見ていきましょう。

ハイター
性質 アルカリ性
掃除の効果 水垢以外の汚れ
(ヌメリ、臭い、黒カビ、漂白など)
特徴 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系の漂白剤ですが、台所で使う「キッチンハイター」には洗浄成分がプラスされているので、漂白と同時に軽い汚れまで落とせる

ハイターは塩素系の漂白剤で、「混ぜるな危険」などの表示があるために、食洗機の掃除のために入れていいのか気になりますが、実際は問題ないようです。

食洗機の掃除にはスプレータイプが便利です。

汚れが気になる部分に吹きかけて掃除をしましょう。

食洗機は食器洗いがラクになる便利な家電ですが、掃除をちゃんとしていますか?

食洗機の掃除頻度は人それぞれで定期的にお手入れをしていても、掃除が行き届いていない場合もあると思います。

食洗機は凹凸や細かい部分があるため、掃除がしにくい場所や見落としやすい場所もあります。

掃除ができていないところは汚れやすく、食べ物や油分が付いた食器を洗うことから汚れがたまりやすいです。

食洗機から嫌な臭いがしたり、ヌメリ汚れや黒カビがある場合はかなり汚れています。

早速、食洗機の汚れを落とす掃除方法をチェックしてピカピカにしておきましょう。

食洗機の掃除に向いている洗剤、注意点、おすすめの掃除頻度などをご紹介します。

食洗機はできるだけ清潔な状態をキープしたい方も多いのではないでしょうか?

食洗機は、お皿、カラトリー、調理器具などを洗うため衛生状態を良くしておきたいですよね。

清潔な食洗機を保つためのおすすめの掃除頻度も併せてご紹介します。

食洗機のフィルター掃除

フィルターの掃除頻度は食洗機を使用する度です。

食洗機の使用後はフィルターに残っている食品のカスを取り除き、水洗いしてから水気を拭き取って元に戻します。

また、1週間に1度は歯ブラシなどでフィルターを擦ると、ヌメリ、臭い、菌の増殖を防ぐことができます。

フィルターに食品のカスが詰まっている時は、掃除の頻度に関係なく歯ブラシなどで擦って取り除くことが大切になります。

食洗機の全体的な掃除

全体的な食洗機の掃除頻度は1ヵ月に2回~3回で、こまめに掃除をしていくことで汚れがつきにくくなります。

カゴと細かい部分の汚れは洗剤を使い分けて掃除をすると、より効果的に掃除ができます。

食洗機にハイターを入れると故障の原因になる!?


結論から言うと、食洗機の掃除にハイターを使っても故障の原因にはなりません!

ハイターは塩素系の洗剤で、強い薬剤が使われているため、「混ぜるな危険」などの表示があります。

他の洗剤と一緒に使ってしまうと、有毒のガスが発生し、危険なこともあります。

ですが、食洗機の掃除のために使うハイターは必ず薄めて使うと思います。

正しい使い方をしていれば、食洗機の庫内の汚れなどの掃除のためにハイターを入れていいということになります。

原液をそのまま大量に使ったり、取り扱いを間違えてしまえば、食洗機だけではなく、なんでも故障の原因になり得ます。

取り扱いの説明をよく読んで正しく使いましょう。

食洗機は5つのステップで掃除をして汚れを落とすことを意識していくと良いです。

食洗機をキレイに掃除するコツは、『汚れの性質と反対の性質を持つ洗剤で掃除をする』ことです。

汚れと反対の性質を持つ洗剤で掃除をすると、化学反応を起こし汚れを中和して落としてくれます。

食洗機の清掃で5つのステップを説明していきます。

食洗機を空にしてフィルターの食べ物のカスを取り除く

食洗機内に食器がある場合は全てどかして、フィルターに食べ物のカスが残っている場合は捨てましょう。

食べ物のカスは菌の栄養源となり、カビやヌメリが発生して臭いを放つ原因となります。

食洗機のフィルターが目詰まりしている場合は、使い古した歯ブラシなどで擦って汚れを落とします。

洗剤投入口にクエン酸か食洗機用の洗剤を入れる

食洗機内の洗剤投入口にクエン酸か食洗機用の洗浄剤を入れます。

クエン酸の場合は大さじ3杯ほどで、食洗機用の洗浄剤の場合は個別包装されている袋を1袋入れましょう。

食洗機内の主な汚れは『アルカリ性の性質を持つ水垢』で、『酸性であるクエン酸か食洗機用の洗浄剤』で掃除をすると汚れが落ちやすいです。

ここでひとつ注意点があります。

食洗機はクエン酸や、メーカーが推奨していない食洗機用の洗浄剤を使うことができないタイプもあります。

理由は、クエン酸の場合、汚れ落ちや動作への影響確認をしていないためだそうです。

また、メーカーが推奨していない食洗機用の洗浄剤は、でんぷん質やたんぱく質の汚れ落ちが悪くなる場合があります。

クエン酸や食洗機用の洗浄剤は取り扱い説明書を確認してから使用するようにしましょう。

標準コースかお手入れコースで掃除をする

食洗機のコースを選んで大まかな部分を掃除をします。

食洗機の標準コースかお手入れコースを選んで掃除をスタート!

食洗機にお手入れコースがない場合は標準コースで問題ありません。

スポンサーリンク

カゴを外してパーツ別に掃除をする

食洗機の運転が終了したらカゴを外して細かい部分を掃除します。

パーツ別の掃除方法

①食洗機のドアを開け閉めする部分のパーツ

クエン酸水を含ませた綿棒で汚れを擦り、汚れが落ちない時はお湯で溶かしたオキシクリーンを含ませた綿棒で擦ります。

汚れを落としたら水を含ませた綿棒で洗剤を拭き取りましょう。

②パッキン
パッキンは、お湯で溶かしたオキシクリーンやハイターを浸した布でパッキンを拭きます。

約5分~30分待ってから水拭きをしましょう。

③ドアのフチ
食洗機本体のパッキンを掃除する方法と同じです。

④カゴ
クエン酸スプレーを水200gの場合はクエン酸小さじ1杯の割合で作り、吹きかけて、スポンジや歯ブラシなどで擦ります。

擦っても落ちない時は容器にカゴとクエン酸水を入れて、カゴを約30分浸してからスポンジなどで擦りましょう。

汚れを落としたら水でよく洗い流して水気を拭き取ります。

食洗機の内側と外側を拭く

食洗機のパーツをクエン酸やハイターなどの洗剤で掃除した後、洗剤の成分が気になる方はスピードコースで洗ってください。

スピードコースで洗うと洗剤の成分が食洗機内に残ることがなく、確実に洗剤を洗い流すことができます。

食洗機の内側は布巾などで乾拭きをして水気を取り除き、食洗機の外側は重曹スプレー(水200mlの場合は重曹小さじ2杯)やセスキ炭酸ソーダスプレー(水500mlの場合はセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯~2杯)で拭き掃除をしましょう。

食洗機の外側を重曹スプレーやセスキ炭酸ソーダスプレーで拭き掃除をすると、手垢やホコリを落とすことができます。

ここで少し豆知識です。

食洗機は食器に付いた様々な汚れを落としますが構造をご存知ですか?

食洗機の構造はメーカーによって違う部分はあるものの主なパーツは、『ヒーター』『ポンプ』『ノズル』『フィルター』の4つです。

食洗機のパーツの特徴や役割を見ていきましょう。

ヒーター→水を温める
食洗機は汚れを落としやすくするために60度や80度のお湯で洗うのが特徴です。

ヒーターで食洗機用の洗剤を含んだ水や水のみを温めます。

ポンプ→食器があるところにお湯を送る
ポンプはヒーターで食洗機用の洗剤を溶かしたお湯や、お湯のみを食器があるところに送り込むのが役目です。

ノズル→噴射されるお湯で食器に当てる
ノズルは強力な水圧で食器に噴射して汚れを落としたりすすぎます。

フィルター→食べかすをキャッチする
食器に付着している食べ物のカスは、食洗機の部品内で詰まらないようにフィルターに留まる仕組みです。

食洗機の掃除はこまめに!黒カビのお手入れ方法を紹介!


食洗機の掃除をしないで使い続けていると黒カビが生えてきてしまいます。

また、食洗機の掃除を普段からしていても、掃除が行き届いていない場所は黒カビが生えてくることがあります。

ここで登場するのが「ハイター」です。

食洗機の黒カビ掃除にはハイターがおすすめ

食洗機に黒カビが生えた時、確実に落とすならハイターがおすすめです。

ハイターは洗浄力と漂白力が強くしつこい黒カビも落とすことができます。

お湯で溶かしたオキシクリーン、重曹、セスキ炭酸ソーダも黒カビ落としたり漂白することはできますが、ハイターにはかないません。

ハイターを使った掃除方法

黒カビが生えている部分にハイターをかけて、約5分~30分待ってから水拭きをしましょう。

あとは、布巾などで水拭きをしてハイターの成分を残さないようにします。

広範囲にハイターを使った場合やハイターの成分が気になる方は、水拭きの後にスピードコースで洗うと、そのあとも安心して使うことができます。

食洗機の掃除に使うことができる洗剤は6種類あり、汚れを落としたり除菌することができます。

洗剤の特徴などを見ていきましょう。

【ハイター】

  • 性質:アルカリ性
  • 掃除の効果:水垢以外の汚れ、主にヌメリ、臭い、黒カビ、漂白など
  • 特徴:ハイターは塩素系の漂白剤で、食洗機の掃除はスプレータイプが便利です。

汚れが気になる部分に吹きかけて掃除をしましょう。

【クエン酸】

  • 性質:酸性
  • 掃除の効果:水垢、ヌメリ、臭い
  • 特徴:クエン酸は自然派洗剤で、食用、掃除用、工業用があり食洗器の掃除で使うのは掃除用や工業用です。

掃除用と工業用のクエン酸は純度が低いため価格が安いですが、掃除効果が落ちるわけではありません。

【重曹】

  • 性質:アルカリ性
  • 掃除の効果:手垢、食用油、酸性臭、黒カビ、漂白
  • 特徴:重曹も自然派洗剤で、食用、掃除用、工業用の重曹がありますが掃除用や工業用を選びましょう。

重曹は水に溶けにくく、基本的には40度~60度のお湯で溶かして使います。

重曹は黒カビを落とす力や漂白効果は弱いため、しつこい黒カビ掃除には向いていません。

【セスキ炭酸ソーダ】

  • 性質:アルカリ性
  • 掃除の効果:手垢、食用油、酸性臭、黒カビ、漂白
  • 特徴:セスキ炭酸ソーダは重曹と似ています。

セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度は少し高めで水でも溶けます。

【オキシクリーン】

  • 性質:アルカリ性
  • 掃除の効果:水垢以外の汚れ、主にヌメリ、臭い、黒カビ、漂白など
  • 特徴:オキシクリーンは酸素系の漂白剤で、黒カビ落としのパワーや漂白力は重曹やセスキ炭酸ソーダよりはるかに強いです。

40度~60度のお湯に溶かすと洗浄力がアップします。

【食洗機用の洗浄剤】

  • 性質:酸性など
  • 掃除の効果:ヌメリ、水垢、臭い
  • 特徴:分量を量る手間がなく簡単に使うことができます。

以上の種類の洗剤を使い分けて、食洗機の掃除が習慣化するととても良いと思います。

一番手っ取り早いのは、やはり、食洗機の掃除用の洗剤を使う事だと思います。

ですが、それだけで満足せずに、目で汚れがないか確認するのも忘れないようにしましょう。

まとめ

食洗機の掃除って、あまり重要視していませんでしたが、洗濯機と同様に掃除をしないと臭いやカビの原因になってしまうんですね。

キッチン用のハイターやその他塩素系の洗剤は、各家庭に比較的常備されている気がします。

お持ちでなくても、今はネットでも簡単に購入することができるので、手軽に揃えやすいですね。

 

\\食洗機の掃除にもオススメ!//

↑↑ハイターはこちらから購入できます↑↑ 

 

毎日使う食器を洗う食洗機なので、なるべく常に清潔な状態を保ちたいものです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました