友人の子供へ記憶に残る誕生日メッセージを書きたい!例文付きで紹介!

生活

大切な人の一生に一度のお誕生日

メッセージカードに何を書こう・・?
なんて書けば喜んでくれるかな・・?

気持ちの込めたメッセージを書きたいけども、なかなか思いつかないこと
ありますよね。

実際には深く考えすぎなくても、ありのままの気持ちを込めてメッセージに残してあげるだけでも十分に伝わるものです。

丁寧すぎる言葉を考えたり、長文を考えたりするよりも、いつも会話しているような流れの文章にしたほうが、読みやすくて頭の中にもスムーズに入ってくることができます。

それまでの、その子のできるようになったことや成長したことをほめてあげる。

また、未来の希望に向けてメッセージを書いてあげると良いのではないでしょうか?

そこで今回は、友人の子供への誕生日メッセージを例文つきで解説するとともに子供でもメッセージをかける方法、大人でも使える名言集をご紹介します!

お誕生日メッセージに込められた友情!例文解説(子供用)


スポンサーリンク

さて、毎年あるけども一生に一度しか来ないその年のお誕生日。

友達へのお誕生日メッセージを書くときに、自分の気持ちがうまくつたわるようにするためにはどのような言葉を入れたらよいのでしょうか?

考えれば考えるほど悩んで手が止まってしまいますよね。

もしも文章でつたえるのが苦手な方は、イラストに吹き出しをつけて一言「誕生日おめでとう」とメッセージを残すだけでも良いかもしれませんね。

特に最近では、飛び出すメッセージカードや音楽付きのバースデーカードなど様々な種類があります。

場合によってはそちらも活用していくことで、負担が少なく書け、相手にとってもより心に残りやすくなるかもしれません。

そして、照れくさくて普段はあまり使えない言葉かもしれませんが、いつも一緒にいてくれる友人に、「ありがとう」と思い切って伝えてみても良いのではないでしょうか?

また、誉め言葉はどんどん使っていきましょう。

良いところをほめてもらえるときっとうれしいはずです!

部活や勉強など熱中しているものがある子に向けては「いつも頑張っているところを見てるよ」と伝えてあげるのも良いですよね。

頑張っているところを見てくれて、人に認めてもらえたというのは、とても嬉しいことですし、更にやる気も出てきます。

次のポイントとしては、友達と一緒の未来を想像するということです。

「来年は・・」や「これからも・・」など、この先の未来を一緒に過ごしているような感じでイメージを膨らませると伝えたいことがたくさんでてくるのではないでしょうか?

シンプルで、単純な文章だったとしても、あなたが一生懸命に考えて書いたという気持ちが大切です。

きっと、友達にも伝わるはずです。

それでは、一番に伝えたい気持ち別に例文を挙げてみますね。

「ありがとう」と伝えたいときのメッセージ

〇〇ちゃん、お誕生日おめでとう。
いつも仲良くしてくれてありがとう。
これからもずっと友達でいようね。
〇〇くん、お誕生日おめでとう。
出会ってから毎日がすごく楽しい。
お腹が痛くなるぐらい笑ってばかり。
たくさん笑わしてくれてありがとう。
ハッピーバースデー!!
〇〇ちゃんと出会ってもうすぐ3年になるね。
一緒にいると時間がすごく早く感じる。
楽しい思い出をたくさんくれて本当にありがとう。
これからも思い出いっぱい作っていこうね。
お誕生日おめでとう。
出会ってから、そんなに時間はたってないけど出会ったばかりの時からいつも優しくしてくれてありがとう。
お誕生日おめでとう。
〇〇くんがいてくれるおかげで楽しい毎日をすごせてるよ。
ありがとう。
また一緒にボーリング行こうね。
〇〇ちゃん11才のお誕生日おめでとう。
さきにお姉ちゃんになったね。
動物園に行ったり、お買い物をしたりすごく楽しい1年だったね。
また1年、たくさんお出かけしようね。
いつもありがとう

「大好き」と伝えたいときのメッセージ

お誕生日おめでとう。
いつも笑顔で明るくて優しい〇〇ちゃんが大好きです。
お誕生日おめでとう。
強くてかっこいい〇〇くん、いつも頑張っている姿が大好きです。
大好きな〇〇ちゃん、お誕生日おめでとう。
これからもずっと仲良しでいようね
ハッピーバースデー!
〇〇ちゃんのかわいい笑顔、すごく大好きだよ!
これからもたくさん笑っていてね。
お誕生日おめでとう。
生まれてきてくれてありがとう。
大好きな〇〇ちゃんに出会えてすごく幸せです。

未来をイメージさせるメッセージ

お誕生日おめでとう。
いつも部活を頑張っていて偉いね。
きっと〇〇くんなら、強くてかっこいい野球選手になれるよ!
〇〇ちゃん、お誕生日おめでとう。
もうすぐ卒業の日だね。
中学生になっても、仲良くしてね。
ハッピーバースデー!
いつも妹の面倒をよく見てあげてるね。
将来の〇〇ちゃんはいいママになってそう!

お誕生日メッセージを子供(小学生)でもかける内容とは?


小学生がお誕生日メッセージを書きたいとき、どのようなことを気にして書けばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

まずはシンプルだけども大切な言葉「おたんじょうび、おめでとう」からいつもの会話の流れに持っていくほうが書きやすいのかもしれません。

「ひらがな」と、習った「漢字」を使ってあまり難しいことは考えずに、普段通りのあなたで素直な気持ちを書いてあげてください。

子供のころにもらったメッセージカードや手紙は、案外大人になっても大切にしまっておくものだったりします。

私も、小学生のころのお誕生日にメッセージカードをもらったことがありました。

実は、それから何年も経過し忘れてしまっていたことがあったのですがある日、押し入れから出てきて、当時のことを思い出し懐かしい感情がよみがえってきて読み返してみました。

そこにはたったの2行でしたが、こう書かれていました。

ともちゃん、おたん生日おめでとう。
ずっとなかよくしていようね。

このたったの2行。

ですが、私の心は温かいものでいっぱいになりました。

今ですら、このような感情になるわけですから当時はとてもうれしかったのだろうと思います。

小学生が、お誕生日メッセージを書くとき、友達や、先生、両親など相手によっても変わってきますが、今回は「友達に向けて」のことについて書いていきたいと思います。

メッセージを書くためのポイント

まずはメッセージを書くためのポイントについておつたえします。

  • 見る側も書く側もわかりやすいひらがなで書く
    難しい漢字を使ったりする必要はないので、わかりやすくひらがなで書いていきましょう。
  • シンプルな言葉に気持ちを込めて書く
    「おめでとう」「ありがとう」「仲良しでいようね」などシンプルに自分の思っているありのままをメッセージに込めます。
  • 普段通りの自分を見せる
    無理に格好つける必要はなく、普段と同じように会話をしているような形であれば、書きやすいですしもらった側にもつたわりやすいです。

では、ここで小学生低学年(1~3年生)と高学年(4~6年生)にわけて例文を見てみましょう。

小学生低学年からのお誕生日メッセージ

おたんじょうびおめでとう。
お友だちになれて、であえて良かったよ
おたんじょうびおめでとう。
いつもたのしい話をきかせてくれてありがとう。
また学校であそぼうね
〇〇くんおたん生日おめでとう。
ずっと友だちでいようね。
たくさんあそんでね。
〇〇さん、おたん生日おめでとう。
いつもおべんきょうできてすごいね。
こんどぼくにも教えてね

小学生高学年からのお誕生日メッセージ

〇〇さん、お誕生日おめでとう。
この間は一緒にお買い物行けて楽しかった。
いつも笑ってばかりの毎日だね。
これからもずっと仲良くしていたいな。
お誕生日おめでとう!
〇〇ちゃんのお誕生日一緒にお祝いできるのこれで4回目だね!
次のお誕生日のときもまたお祝いさせてね。
いつまでも友達だよ!
小学生最後のお誕生日おめでと!
あっという間に中学生になるね!
中学入っても仲良くしようね!
〇〇ちゃん、お誕生日おめでとう。
〇〇ちゃんと一緒にいるときはいつも楽しい。
本当に最高の友達だよ。

いかがでしょうか?

低学年の頃よりも、高学年になった後のほうが少し難しい漢字も覚え、文章も長く書けるようになってきますよね。

低学年の頃は、素直に自分の思ったこと、そのままの気持ちを伝えられることが多いような気がします。

しかし、やはり高学年(特に6年生)になってくると、もうすぐ中学生に上がり少しづつ大人に近づくこともあって、自分のそのままの気持ちを伝えるのは照れくさいものがあるかもしれませんね。

しかし、一生に一度しか来ない特別な日。

少し勇気を出して、日ごろの楽しい思い出や感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

誕生日に送る言葉で大人でも使える名言集を紹介!

誕生日は、自分自身が生まれた日。

子供に限らず、それは大人でも特別な意味を表しますよね。

大人になったからこそ、毎年誕生日に私が思うのは「生んでくれてありがとう」そして「お母さん、お誕生日おめでとう」私の母が、私のお母さんとしてこの世で誕生した日でもあると感じるのです。

子供のころは、そんな風に考えることはなくても大人になって何年、何十年と生きているうちにそのような考えが巡る人も多いのではないでしょうか?

それでは、最後になりますが大人でも使える名言集をご紹介します。

お誕生日おめでとう。
生まれてきてくれてありがとう。
お誕生日おめでとう。
今より若い時はないから1日1日を大切にね。
お誕生日は、あなたが生まれた日でありお母さんが、あなたのママになった日。
次の1年はもっと素晴らしい年になる。
あなたが生まれてきてくれて、いつまでも元気でいることが私の希望。

まとめ

ここまで、友人のこどもへ誕生日メッセージを書く方法についてお伝えしてきました。

参考になる例文は見つかりましたでしょうか?

言葉では、うまく伝えることができるけども手紙などの文字にすると、相手に伝わる伝え方がわからないことありますよね。

そんな時にも、「普段通り」ということを心がけるようにしてみてください。

「メッセージ」を意識するよりも、普段通りのあなたで、いつも話しているときのように言葉を書いていくことで相手にも十分に伝わるようになります。

ぜひ、大切な友人の子供の新たに始まる1年の幸せを願って誕生日メッセージを送ってみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました